スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の県南沖磯釣果

20081126212004
トッキーデンキウナギさんがまたもや行って来たようで写メが来ました。600~800クラス七枚だそうです。場所は恐らく鳥島付近でしょう。流石に良く釣っちょります。さておきこの男、最近は職場よりも磯にいることの方が多いのではないでしょうか(^_^;)

オレも平日釣りに行きたいッス。
スポンサーサイト

11/24 内海赤灯台

この日はエンジェル大王さまと内海の赤灯台に流聖丸で行ってきました。
11時過ぎに釣場についたのですが、はじめは土砂降りの雨…。

この日は先端の南向きでスタートし、エンジェル大王は波止中央東向きの、先週私が釣った釣座で釣り開始。バリや小グレといったエサトリが多く、時折イズスミか大型グレらしきバラシが数回

途中よりウネリが出てきて恐くなったので、先端の地向き(先週ヒラッチが釣ったところ)に移動です。

ここでは1投目よりバラシですそれから数回バラした挙句、何とかキロちょいの地グロを釣りましたが、その後もバラシ数回…。グレの型が良型化しているのかそれともイズスミか…。

道具を片付けながらエンジェル大王の所に行くと、テトラにタモアミを突っ込んで何かしています大波が来てテトラにバッカンを流されたそうです。バッカンは何とか救出しましたが、シャクは海の藻屑と消えました

「エンジェル大王さん、いくらバッカンを洗うのがめんどくさいからって、テトラの中に投げ込むことはないですよ

エンジェル大王さんはバッカンを洗う手間が省けたとか言って笑ってましたが、やっぱり波は恐いっす

IMGP0123.jpg
当日の釣果です。キロ100一枚。バラシがなければもっと釣れたかも知れませんが…。

11/23 オーナーカップグレ金勝杯

IMGP0117.jpg

この日は米水津で行われる「オーナーカップグレ金勝杯」に参加です。150人ほどの規模の大会ですが、トーナメントじゃないので気楽なものです。最近、米水津は爆釣ラッシュだったのですが、早めに現地入りし、前釣りしていた釣友「ウワもっちゃん」の話によると1日粘って中型3枚がやっとで、グレは見えているものの中々くわないとの事殆どの釣り客がボウズだったようです…。
先日の寒波で、水温が急激に下がったのでしょう…楽な釣りを期待していたのですが、厳しい釣りになりそうです…。
夜中より、トッキーデンキウナギの車に後輩、ナオPと乗り込み米水津へ向かいます。到着してクジをひくと137番です。仲間たちのところに戻ると、何とナオPは138番明らかに同礁者はナオPです。全く緊張感のない釣りになりそうです。考え方によってはいつも通り「ナオP」を冷やかしながらのんびりやれるし、まぁいいかと思っていると、大会役員で友人の「ハーリーさん」より電話が入り「釣○人の取材も一緒に上がってもらうから、釣ってくださいよ!」との事です。ある意味、トーナメントよりもプレッシャーです実はこの日、執筆誌の「釣フ○ン」も取材に来ようと思っていたらしいのですが、まさかそんなことは思いもよらなかったです
 釣フ○ン編集部の「大さま」申し訳ございませんでしたm(__)m
 
 我々が「若戎丸」にて上礁したのは「横島6番」と言う磯です。北西の風はまともに当たってきますが、さほど強くなく、釣りにはなります。ここは釣○人の人の話だと、余り潮は行かないとのことでしたが、場所を決めて釣りを開始すると、上げ潮の激流です但し、足下には動きこそ悪いものの、グレがチラチラ見えているので何とかなります。先に魚を釣ったのはナオPで、600gほどの地グロです。私が潮下なのでそろそろ当たると思いきや案の定、私にも同サイズが来ました。この頃より「キタマクラ」が当たり始めたので分離するためのマキエを足下に打ちまくり、様子を伺っているとナオPのサオが曲がっています。上がってきたのは600gの地グロです。私のキタマクラ対策用のマキエの下に潮上から流し込んでの魚で、技ありの1枚です。直後、私にもHITしましたが、ハリ外れです
現時点でフカセ釣り歴2年のナオPに釣り負けておりますこのままだと港に帰ったときにエンジェル大王やトッキーさん達に何を言われるかわかりません
 
 その後は、釣れども釣れどもキタマクラにツケエやハリを奪われ続けます。グレも見えなくなりました今日のグレは消えてしまったのかと思っていると、潮が緩んできた10時ごろよりチラホラ出てきてくれました潮が緩んだら00のウキに1.25号ハリス+小バリと決めていたので、仕掛けチェンジです。アタリは直ぐに来ました。600gほどの地グロです。やっとナオPに並びます(笑)    続けて当たりますが、今度のはしぶとい抵抗を見せます。慎重に取り込むと、45cmありそうな地グロです何とか先輩としての面目も保てました。そしてバッチリ釣○人のカメラにおさまり、取材のプレッシャーからも開放され、一安心です
更にもう1枚、40cmオーバーも追加出来たので、今度は入賞の期待も高まります。

IMGP0115.jpg
45cm近いサイズまでを4枚の釣果でした。

検量所にいくと他瀬は釣れていない場所もあった様で何と船では1位です。

んでもって全体では5位入賞でした
IMGP0122.jpg
賞品は、バッカンと帽子です。バッカンは買おうと思っていた物だったのでラッキーでした!
帽子もかっちょえーやつでした

他の仲間での入賞者はトッキーデンキウナギです。
IMGP0120.jpg
船で2位、全体で9位です。場所は「カイドクの鼻西側のワンド」で、魚はいるらしいのですが、余り釣れそうには見えない場所です。この男、流石に良く釣ります。同礁者が可愛そうです
賞品はオーナーばり新製品の「スクラムピン、スクラムラバー、スクラムストッパー全色全種」です。1000釣法でもずれ難い様に工夫が施されている製品です。私も購入しようと思います

IMGP0119.jpg
トッキーさんの釣果です。地グロの一番でかいのは45cmオーバーです。ハリス1.25号の1000釣法で仕留めたとの事です。イサキは同礁者の方に頂いたそうです。ちなみにグレは私が全部頂きました

他に、最近絶好調のエンジェル大王さんも流石に規定数は揃えておりましたが、残念ながら今回は入賞には至りませんでした

あと、アジゴの猛襲の中、価値ある一尾を仕留めたものの、入賞は逃したウワもっちゃんが抽選で食器乾燥機を頂いて帰りました。




翌日は雨の中、「エンジェル大王」とともに内海に行って参りましたのでまた後程、報告いたします

仕掛け

サオ:FBテンタクルグレSP
リール:BB-XテクニウムMg2500D
ウキ:釣研 TプロG2 → トーナメントα-E(00)
ライン:ザイトフラッシュRX1.5号
ハリス:ザイトチヌフロロ1.5号→1.25号(10m) 
ハリ: OH元輝グレ2~4号 OHヘッド伊勢尼3~4号

オーナーカップグレ金勝杯結果

11/16内海赤灯台 詳細

 この日もまた時化ていた為、朝10時ごろより「流聖丸」で内海赤灯台へ渡りました。
この「内海赤灯台」は、産経大に通っていた15年ほど前、学校をサボって週2~3回通ったりしていた懐かしい場所です。丁度その頃サークルとして立ち上げた「釣り部」の活動の一環として、月間「南のつり」に「ぶらっと大学生釣り日記」というのを連載しておりましたが、この場所を最も多く執筆したような気が致します。

IMGP0106.jpg
こんな感じの場所です。

 上がってみると私と同じ「釣研FG宮崎」に所属している小学校ティーチャー「ヒラッチ」とそのお連れさんがおりました。ウネリを避けて先端の地向きのテトラでサオ出ししているそうですが、ツケエも殆どとられない様です。今のところそこ以外の釣座は波を被って濡れており、危険なので潮が下げてから最も実績のある先端南向きをやろうと考え、ヒラッチやツレの方と話したり、波止の上に寝転んだりしていると、カゴ釣師の方が現れ、「おはようございまーす♪」と挨拶した後、その場所に入ってしまいました。これは明らかにボーっとしていた私が悪いので、波止中央付近の大きなテトラと小さなテトラの境目付近の場所付近に移動し、潮が下げるのを待ち、遅くなりましたが正午ごろより釣り開始です。
 はじめはエサトリもいませんでしたが、サラシと潮の合流点、いわゆる「潮壁」にウキを潜らせていると、ハイドロの穂先が魚信を伝えてくれ、手のひら程の地グロが連発し、リリースします。その後はエサが盗られるのでジンタンを全部とってカベでの沈降スピードを遅らせたり、沖の浅だなを攻めますが、手のひら程のグレやヒツオです。その後ヒラッチが、「1枚釣れました」と伝えに来ました。暫くして、ヒラッチがその後どうなのか気になったので見に行くと、クーラーの中には既に良型グレが3枚も入ってました!!

何と、グレや大きなイズスミが撒餌を食うのが見えるそうです。ヒラッチに釣座から海を見ると、ホントにグレが何度か見えました。

私も自分の釣座に戻り、今までより気合を入れて釣り開始です。マキエも少し多めに入れて釣ると、数等目で700グラムほどがヒット!それからウキをG2に替え、気合を入れると時合には3レンチャンですテトラでは魚を釣るたびに運搬が大変です。出来るだけ急いで運搬して次を狙いますが、その後は1枚ヒットしたのみでしばし沈黙…。

夕方4時前、久々にウキがスーッと入っていきます。
これはかなりの良型らしき重量感でしたが、テトラの中に入っていきやがりました

テトラで大型を1.5号ハリスで獲るのは厳しいです^^;

その後は1.75ハリスに上げて狙いましたが、食ってきたのは700~800gのみでした。

IMGP0109.jpg
ヒラッチの釣果です。今シーズン初のグレ釣りだそうです!良いウォーミングアップになったと思います。

IMGP0111.jpg
続いて私です。

IMGP0113.jpg
1枚は500グラムほどでしたが、他は700~800gをを6枚です。まだ痩せているものの、シーズンにはキロ程になる37~38センチ位の渡りグロでした!一度のバラシと、回収前に「チタンマック右グリップ(シャク)」を流したのが悔やまれますが、テトラなので仕方ないッス(^_^;)
渡船料1000円での釣りとしては、良い釣果ではないでしょうか??

今度はもう少し波の無い日に丸1日攻めてみたいです。

今週末は「オーナーカップグレ 金勝杯」に参加します。釣れているみたいなので楽しみです♪

仕掛
サオ:FBハイドロスコープグレSP
リール:BB-X テクニウムMg2500D
ライン:ザイトフラッシュRX1.75
ウキ:釣研 競R(0) ⇒ フカセどんぐりEX (G2)
ハリス:ザイトチヌフロロ1.5⇒夕マヅメ1.75
ハリ:OHヘッド伊勢尼4号  グレ競技用3~5号

お待たせ??致しました11/15(土)の荒崎7番詳細です

 この日は東岸が時化のため荒崎へ釣行です!船長が「荒崎7番しか空いてないよ~」というので上がりました。ここは釣友「ジュンペーさん」の話だと30cm~700グラムが数日前に6枚ほどは出て、アシウラサイズはかなり釣ったらしいので期待は持てますが、恐ろしいほど狭く、足場が悪いので好きではありません

 ジュンペーさんの話だと表はオヤビッチャで釣りにならず、裏で釣ったとの事ですが、確かに表側はオヤビッチャが凄いです。良い感じで上り潮が走ってはいるのですが、このオヤビッチャのしつこさは半端ではありません。
 そこでジュンペーさんからの情報どおり裏を釣ると、クロの数は結構当たるももの、アベレージが25センチとサイズ的には辛いものがあります30センチに少し足りないサイズが二枚だけ食って来たのでとりあえずキープしときましたが、潮が下げて底が見えはじめると裏側までオヤビパラダイスですこれはサイズアップさせるのは厳しいと考え、今日は魚が必要なので25センチ前後もキープに入ります。
 途中、潮が下げて出来た下の狭い釣座に降りようとすると、ズルズルと危うく海に落ちかけましたおそらく、これまでにはここで海に滑り落ちた人はいるんじゃないかと思います
 その後はエサトリとの分離を試みたり、ハリスを1号にしたりエサトリの中を激浅で狙ったりと悪あがき的な対策を講じましたが、なす術がありませんでした

IMGP0105.jpg
 当日のキープです。25センチクラスは30cm弱の足裏サイズの下にひいて、隠してあります

 足場が悪くて非常に疲労が蓄積されましたが、同時にストレスも蓄積されたので翌日も遅い時間から釣行いたしました

また後程、その詳細をお伝えしますm(__)m

仕掛

サオ FBテンタクルグレSP
     リール BB-XテクニウムMg2500D
     ウキ  釣研 トーナメントαーD 0号など
     ライン ザイトフラッシュRX1.5号
     ハリス ザイト磯フロロ1.25号⇒1号
     ハリ  OH元輝グレ2~3号 OHヘッド伊勢尼 3~4号


研修旅行…。

研修旅行で本日福岡から長崎に移動し、現在ハウステンボスのホテルにおります…。明日の最高気温は9℃やそうです(-_-;) 宮崎もさぞかし、寒い事でしょう。
学生の話やと、高千穂は雪が降りよるとか…。
今年は渡りグレが早くから食ってくると思ったら、冬になるのも早い気がします。グレは季節に敏感なんですかねぇ…。

本日は内海赤灯台へ…

朝10時より「流聖丸」で行ってきました。出港地までは家から五分です!防波堤に上がると同じクラブの小学校ティーチャーのヒラっちがおりました!ウネリが危ないので潮が下げた12時より開始し、ヒラっちは700~800gを四枚、私は同サイズを七枚です。まだ痩せ細っており、シーズンにはキロ程になる37~38センチの渡りグロでした!一度のバラシとシャクを流したのが悔やまれますが、テトラなので仕方ないッス(^_^;)1000円で楽しめました!
明日より職場の研修が入ってるんで、詳細や写真はまた、3日後くらいで…m(__)m

都井岬

昨日のデンキウナギ軍団の荒崎二番の釣果ですが、足裏~44センチが30枚程やったみたいです♪エサトリは少なく、ノーシンカーで深く入れるイメージで釣るのが一番良かったとトッキーさんは言ってました。

今日、私は荒崎七番に上がりましたが、オヤビッチャの猛攻に苦戦し、クロは数は結構当たるもものアベレージが25センチ(>_<)30センチに少し足りないサイズが二枚だけ食って来たのでとりあえずキープしときましたが、全くサイズアップしないので頭にきて25センチ前後を10数枚キープして帰りました(^_^;)
あ~デンキウナギ軍団が羨ましい…。
詳細はまた 後ほど…。

今日も時化ております。

 おはよーございます。ウネリはなかなかおちないですねぇ明日は少しはおちているかなぁ…。多少落ちても、明日はまだ、荒崎以外は無理でしょうねぇ…。

 今日はツレのトッキーさん、カトちゃんなどの「電気ウナギ軍団」が荒崎2番に釣行しちょります。既にキロオーバーをはじめ良型3枚ゲットしておりうらやましすぎますこうしている間にもバンバン釣っているかもしれません。恐るべしデンキウナギ軍団です。
 夕方の釣果報告を期待したいです。

11/9(日)は雨、時化の為釣り中止?!…

 雨と風が強いから日曜は釣りに行くのやめよっかなぁ…。と少しは考えたのですが、こんな時でもやはり行きたくなります^^;
 とりあえず連れのトッキーさんに電話して見ると、「ウッチー(内之浦の地磯)に行こうか!!」とヤル気マンマンです取りあえず都城のトッキーさんの家に向かいます!

 8時半ごろトッキーさんの自宅に到着し、先ずはトッキーさん一押しの釣場へ向かいますが、先客有りで断念他の地磯に行くことになりましたが、そこは急勾配でトラロープが張ってあり、雨でぬかるんでおります山道を恐る恐る降りて行きます

 すると、良い感じの地磯が広がっております。しかし、先端の潮通しの良さそうな場所はかけ上がりの釣場で、少し怖いです。今から潮が差して来ると危ないと感じ、私は少し奥まった釣場に入り、トッキーさんは先端までは行きませんが、少し波が這いあがって来そうな釣座に入ります。暫くすると、そこは時折波を被るようになったのでこちら側にトッキーさんを呼ぶのですが、中々来ません^^;

 トッキーさんがチヌを掛けます。40センチは余裕で超えていましたが、タイドプールで活かしていたら行方不明になったそうですその後に私にアタりましたが、へダイです。トッキーさんにタモを持ってきて貰いへダイを掬った後に海を見ると、トッキーさんのシャクとバッカンが海を漂っていますバカ波が来てさらっていったようです 取りあえず仕掛を投げてみましたが、チタンマックとバッカンXTは潮に乗って遥か彼方へ…トッキーさんはヤエンを結んで超遠投しますが、悪あがきに終わりました。

IMGP0101.jpg

 仕方なく、私の活かしバッカンでマキエを作り直して釣りをするトッキーさんです
ハードタイプの活かしバッカンなのでシャクはきりやすいのですが、45cmありますので、中のマキエが少なく見えます(笑)この時より、先端は危ないので奥まった釣座で二人並んで釣ります。
 「こういう時は俺は釣るんよ~」とかほざくトッキーさんは、今日は何だか可愛そうです。

 しかし、有言実行です!その後すぐに33センチほどですが、地グロをゲットしてしまいました!流石です。私もトッキーさんが飯を食っている間に釣研のT-ACEL(G2)がアタリを捕らえます!1枚、似たようなサイズの地グロをゲットしました。トッキーさんのより細身の地グロです。その後は、25センチに満たない地グロやオナガの子ばかりです。トッキーさんは時折、やや大きめの地グロを追加し、一応キープしておきます。トーナメントなら私が少し負けている感じです^^;。さすがこの男、侮れません。
 それにしても、中々後が続きません。釣れてもたまにエサトリが食う程度です。

 私は釣れる気がしなくなったのでしばし休憩してトッキーさんの釣りを後ろから見学です。それでもし、何か釣れたら釣りを再開します(笑)

 そして夕マヅメ、トッキーさんに大きなアタリが急襲しますが、相手にして貰えなかったようで魚に完敗ですそれを見て釣りを開始すると私にも大きなアタリが2回来ましたが、どちらとも、寄せることすら出来ずにサヨウナラです

 何の魚かは判りませんが、凄まじいのがいるようです

後は、アタリすらなく、5時に釣りを終えました。

 IMGP0103.jpg

今回の釣果の一部です。へダイは気付いたらお亡くなりになられてましたちゃんと持ち帰りましたが、締めておけば良かったです…。

tokiyosi.jpg
バッカンとシャクを流失したトッキーさんは、新たなバッカンを購入して写メを送ってきましたかなり高級なバッカンとシャクです彼は高価なモノでもすぐに買ってしまいます。流石に「電気ウナギさん」はこの不景気でも景気が良いです

今週末もまた、熱低の影響が出る気が致します^^;  志布志湾側でもやれると良いな…。

♪使用タックル♪

☆トッキー電気ウナギ☆
サオ:翔汐  1.25-53
リール:BB-X テクニウムMg2500D
ライン:ザイトフラッシュ磯 1.5
ウキ:釣研 サウザーLS(0)  12月発売製品  
ハリス:ザイト磯フロロ  1.75
ハリ:OH元輝グレ3~5号 

☆隠岐阿見☆
サオ:FBハイドロスコープグレSP
リール:BB-X テクニウムMg2500D
ライン:ザイトフラッシュRX1.75
ウキ:釣研   T-ACE (L  G2)⇒T-PRO(0)イエロー
ハリス:ザイトチヌフロロ  1.75
ハリ:OH元輝グレ4~6号 


日曜は時化るかな…???

 今週末は所属クラブの「釣研FG宮崎」釣り大会が日南大島である予定なのですが、現時点で波2.5メートルの予報が出ちょります
 中止になった場合は何処に行こうかと考えております…。 

連休最終日、「文化の日」は都井岬へ…

 先日、友太丸・田中船長より「明日は雨やど!ウネリも出るかもしれないから、やめとこうか…。」と言われ、都井への釣行は諦めておりました。一緒に都井を予定していたエンジェル大王様も、D社グレマスターズ予選の最終プラクティス釣行としていたためがっかりしておりました。
 
 んでもって11月3日、諦めきれないエン大王さまより朝7時、メールが入ります。「何処か行くよ!!」返信しようとしていたら友太丸より着信が入りました。「今日は凪やわ!お客さん全部断ったから磯はがら空きだけど、来る??」

 行かない筈がありません(笑)エンジェル大王さまの車で都井・宮之浦に向かいます。
 で、エンジェル大王様が「中の瀬」に、私は「腰かけ東」に上礁。船長の話だと、中の瀬はキワに見えているが1枚か2枚しか食わないとの事。こちらはエンジェル大王様がどうにか攻略することでしょう。腰かけ東は単発ながら45超の地グロが出ているとの事なので、大型がいるらしいので、勿論いつもどおり数は狙いますが、型も狙いに行きます。一昨日「一の瀬」でバラしたサイズを回収しないといけませんですからねぇ(笑)
 釣りを開始すると、「腰かけ東」ではベストの上り潮で、足下にはエサトリがわんさかいるのでいきなり沖を釣るとダツの猛攻撃です。何とか、一枚キロ弱の地グロを釣ったところで潮が角度を変え、下りへと変わります良くは無いけれど、緩い流れなのでまだ何とかなる筈ですが、潮目が近付くと同時にダツもキワ近くまで入って来ました着水と同時に連発しますここでエンジェル大王より電話が入り、「潮が下りに変わったやろおいで~!沖はダツが多いけどキワで沸いてるよ!1ヒロで食うわ!今のところ5枚釣ったよと電話が入ります!エンジェル大王はキワの見えグロを攻略した模様です。
 勿論瀬替わりはしませんが、キワで1ヒロというのが気になるので、浅ダナでシモリ周りを攻めますがエサトリがいついておりダメ!更に沖はダツでダメ!!!仕方なくウキを2Bに変え、ガン玉を活用してダツをかわし、沖の浅ダナを攻めますが、ツケエが残るか、ダツが食うかなのでハリスをサオ1本とってウキ下4ヒロ~5ヒロとし、遠投して突っかける潮にのせて潮目まで流し込むと、ダツを交わせた時は必ずグレです。サイズもキロ級が混じり、今時期としては充分ですが、深棚で食っているようで、黒っぽい色をしています。

 それにしても、牛深では経験があったけど、宮崎県南でこんなにダツが多いのは初めてです一度は噛み付かれて流血しましたせめて仕掛け着水と同時に食うのはやめて頂きたいものです・・・。

 夕方3時を回ると足下、シモリ周りのエサトリが減ったのでシモリ周辺メーンの釣りに切り替えます。ツケエは残りますが、タナは浅めなようで2~3ヒロで600~800グラムがたまーにあたります。グレの色は茶色っぽく最初よりパワーアップしているので、夕マヅメはハリスを1.75号に上げました。

 そして5時頃、東側のシモリのチョイ先で重量感のある奴が食ってきました!一昨日、1の瀬でバラしたのと似たような重量感です!!けど、ここは一の瀬の裏側よりはとりこみやすい上、ハリスは1.75号です良く引く奴でしたが今回は無事、タモ入れ成功です46.7センチ1.7キロの地グロでした勿論今シーズン初の45超です。早くても12月まではお会いできないと思っていたサイズだけにヒジョーに嬉しかったです

 さて、釣りを終えてのエンジェル大王の釣果です
コピー ~ IMGP0098
最大1.3キロ、43センチと言ったところでしょうか他にキロ級も数枚おりました!!
ダツを避け、中間距離、キワを上手く攻め、見えグロを攻略してこの釣果です。
最近他魚での活躍が多かったけど、さすがに釣る時は釣る、恐るべしエンジェル大王です!!  この調子でグレマス予選は是非とも頑張って頂きたいです!!!!!
コピー ~ IMGP0100

んでもって私の釣果です。久々の45超にニヤけちょります。この時期としては充分なのですが、次はダツの下をもう少し上手く釣る工夫をして臨みたいもんです。

あと、連れのナオピーが「1の瀬(前)」に上がったのですが、シマアジは結構釣れたけど、グレは一昨日の私と同様、釣りきらなかった模様です

現時点では、1の瀬は良くない様です




サオ:FBハイドロスコープグレSP
リール:BB-X テクニウムMg2500D
ライン:ザイトフラッシュRX1.75
ウキ:釣研 競R(G2) ⇒ ダツ対策 T-PRO (2B) ⇒ 夕マヅメ T-PROイエロー (0)
ハリス:ザイトチヌフロロ1.5⇒夕マヅメ1.75
ハリ:OH元輝グレ4~7号  グレ競技用4.5号


 
 

11/2は内海の新しい渡船、「流聖丸Ⅱ」にて堀切峠下へ・・・。

 文化の日にエンジェル大王との釣行予定があるので、11/2は節約の為、釣りには行かないつもりだったのですが、釣友「トッキーさん」に朝、電話してみると、「内海に渡船が出来たんでしょ?行ってみない?」との事。昨日良型グレを釣りきらずに少々、ストレスが溜まっているので一緒に行く事にしました。朝10時半頃、トッキーさんの軽ワゴンにて内海港に行くと、丁度瀬渡し船「流聖丸Ⅱ」が帰って来たので船長に「今から良いですかぁ??」とお願いすると、堀切峠下の「中バエ」に上げてくれました

 この「流聖丸Ⅱ」、内海港~堀切下までの渡船料は何と、千円!!!です。明日も釣りに行く事になっているので、ビンボー釣師の私は大助かりです

 ちなみに、鶯巣港付近の沖磯は2000円、旧サボテンハーブ園付近は3000円と、他のエリアもかなり「お買い得」です。

 さて、トッキーさんと共に道具スタンバイです。
コピー ~ IMGP0085
写真を撮ると、「モデル料とるよ~」とほざくトッキーさんです。

11時半ごろより釣り開始です。

今回、釣研様よりサンプルが届いたので用いてみました。

IMGP0082.jpg

 トップ交換式の自立棒ウキ T-ACE です。今回はsサイズの0号を用いました。最初にT-ACEを海中へ引きずり込んでくれたのは20cmくらいのオナガの子です。その後もオナガの子が良く掛かります。このウキ、良く飛ぶし、遠投しても良く見え、感度も抜群です。30cm程の地グロのアタリもちゃんとキャッチしてくれました

 やがてトッキーさんに大きなアタリ
コピー ~ IMGP0086
 しかし、40cmほどのサンノジでリリースです。


 その後はやりにくい潮になり、ツケエがかなり残るので使い慣れた円錐ウキ仕掛けに変更して、ウキに状況を教えてもらいながら釣ります。底は見えており浅いのでフカセ幅は矢引~1ヒロ半までとし、遊動幅を替えながら「シモリ周り」をメインに攻めると28~35cm位の地グロが連発しますここでトッキーさんと場所チェンジしますが、当たるのは何故か私です30~35cmの地グロが連発します!ここでトッキーさんより、「釣りきらん!教えろ!!」と言われたのでトッキーさんの仕掛を見ると、単にハリスが長すぎただけです。ハリスを短くするとトッキーさんにもポツリポツリアタリが出始めました。トッキーさんは昨日厳しい深棚での釣りで釣果を上げており、今日は全く逆の状況なので対応に遅れたのでしょう。いつもはこんなことは無い人なのですが…。何れにせよトッキーさんには7月にチヌ釣りでコテンパンに釣り負けていたのもあって、今日はちょっぴり気分が良いです

 この日は夕マヅメまでポツリポツリアタリがありました。気がつくと型は30cm前後がメーンでしたが、
コピー ~ IMGP0088
コピー ~ IMGP0091

700g前後も結構混じって1000円で楽しめました
写真は、私が釣ったものと、トッキーさんが釣ったうちの3枚とハゲを私にくれたのでその写真です。
当日は他の磯は全く駄目で場所の面で我々にツキがありました。

しかし、他の日はマダイをはじめいろんな魚が食っている日もあるようなので、通って見ると良いことはあると思います。何より1000円は魅力です今回のような半日釣りでも損をした気分には全くならないですし

photo.jpg

この日、エンジェル大王さんは甑に行き、こんなヒラマサを釣っており、写メが届きました
最近はグレより他魚の方で大活躍をされております。

11月3日はこの「エンジェル大王様」と「都井岬」に行きましたので、後程お伝えいたします


使用タックル
     サオ FBテンタクルグレSP
     リール BB-Xテクニウム2000
     ウキ  釣研T-ACE(S) 0号⇒トーナメントαーD 0号
     ライン ザイトフラッシュRX1.5号
     ハリス ザイト磯フロロ1.25号
     ハリ  OH元輝グレ2~3号 OHヘッド伊勢尼 3~4号

連休初日11/1は、都井岬へ…

 この日は朝早く起きて志布志付近の地磯をうろついておりました。しかし、釣り日和の良いお天気なもので「地磯で釣りをするのは勿体無いなぁ・・・。」なんて考えつつ、ついつい都井の「友太丸」に?して見ると、「他船が来てないから場所は空いちょるよー!」とおっしゃるではないですか

んでもって当然ながら

コピー ~ IMGP0081
乗船です!!

ウネリがあったので先ずは「カサマツ」で待機してその後11時頃、「一の瀬(前)」に転戦します。
ここの本命潮は「上り潮」ですが、残念ながら本日は「下り潮」です。しかし、下り潮の時は全く食わない訳ではなく、問題はシモリや張根が多すぎるとりこみ難いエリアでしか食わせられないという事です。

前情報によろと、足下でグレは見えているが中々食わないとの噂でしたが、見えません
何とか、足裏程の地グロが食ってくれたので粘ると、遂に良型クロらしきギュイーンです。しかも久々の重量感しかし、ハリスが根に当たる感触がイヤです

何とか浮かせると45cmはありそうな地グロですしかし、タモを差し出したその瞬間、 「ブチッ」…。ハリスはざらざらになって切れておりました
残念ですが、ハリスを1.75号に上げてチャレンジしましたが、すぐにアタリがきたものの、大切なウキまで流してしまいました

その後は、イズスミの嵐です。でかいのは45cmくらいあり、非常にウザいです…。沖には何と、無数のウキグレが見えております!今シーズンも期待できそうですが、ウキグレが見えている日は余り良い思いをした事がありませんので、それが気になります

それからは、たまにシマアジが釣れるようになり、当然、キープしておきました。型は30センチから大きくて35センチくらいと言ったところでしょうか。シマアジは五匹釣れましたが、グレの追加はなく、ほぼ、ボウズに近い内容でした。全体釣果は、腰かけ東が600~700クラスが2枚、中の瀬はハマチやへダイ、地グロの足裏~キロが2枚、一の瀬裏は600g前後の地クロ2枚と30cm前後のシマアジが2名で10匹は釣れていたと思います。



今回、足裏サイズのグレとシマアジ一枚は人に差し上げたので、残りの釣果です
コピー ~ IMGP0084
 
シマアジの刺身はもんのすごく旨かったのですが、良型グレを釣りきらなかったのがストレスです。
月曜日はエンジェル大王様と釣行するので、一の瀬で逃がした奴を回収したいと思います!

ちなみに、この日はトッキーさんは幸島にジローに釣行し、600~700gの地グロを3枚ゲットしておりました。厳しい状況だったようですが、流石の釣果です



使用タックル

サオ:FBハイドロスコープグレSP
リール:BB-X テクニウム2000
ライン:ザイトフラッシュRX1.75
ウキ:釣研 競R(0) フカセどんぐりEX(G2)流失⇒(0)  潮受けゴム(S)
ハリス:ザイト磯フロロ1.5⇒1.75
ハリ:OH元輝グレ4~6号  グレ競技用4.5号




カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

隠岐阿見

Author:隠岐阿見
釣りが大好きな43歳♂
宮崎県南の磯や波止をメインフィールドとして、大分や鹿児島方面にもちょくちょく出かける週末アングラーです。年間を通してグレやチヌ狙いのフカセ釣りメインです。灼熱下でも行きます!!チョイ投げのキス釣りや近場の夜釣りも大好きです。

釣ファンに連載執筆中。南のつりにも登場したりします。

主な愛用タックルはシマノ、釣研、オーナーばりetc.

♪所属クラブ♪
☆S.W.F.C大分(シマノワンダフルフィッシングクラブ大分支部)
☆夢限釣行FC
☆チームシーガー


宜しくお願い致します!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。