12/23 猿の惑星にて寺建立寸前…。

  この日は事情があってのんびりと出発しました。同行者は絶好調トッキーデンキウナギさん彼に7時半に迎えに来て頂き、出発そしていつもお世話になる美帆丸さんに乗り、上礁したのは芋を洗う猿で有名な「幸島」の南の離れ「シイバエ」!!
 しばし沈黙が続きます。12時ごろ私に600g程のグレがヒットします。その後はトッキーデンキウナギにアタリが来るもヒット&リリース。私にも同様なアタリがきますがその後も同じようにリリースですそれが2人出合わせて7回ほど…。引きの感じからして、エラブタの縁取りが黒いアイツだろうと思いますが、取り込んでないのでなんとも言えません。その後は当たってもコッパやクサフグ程度です。やがてツケエすらとらなくなったので、とにかく何でも良いからアタリを拾うつもりでG2とか、2Bのウキを使用して半遊動仕掛を沈ませて釣ります。トッキーデンキウナギは対照的に、キワを浅棚で攻めます。んでもって私はイサキの35センチほどを2匹追加しかし、グレは食いません。
気がつくと…
この時点で私はバーコード釣果ですが、
トッキーデンキウナギさんは寺建立の可能性が高まって参りました
トッキーデンキウナギは何とかバーコードと必死に釣ります。そして何とか手のひらと足裏サイズの小さい尾長をゲットそれで何とかトッキーデンキウナギも出家は逃れますが、その後は沈黙…。

2人してバーコード釣果となってしまったのでしたこの日は0~1枚の磯が多く、船長さん達に言わせれば「潮が悪すぎる…」とのことでした。

しかしトッキーデンキウナギ曰く、「お前が行くと釣れん」との事…。俺の日頃の行いが悪いのかなそりゃあどうもすみませんねぇ。
しかし、悪い中でも結構楽しめたのでよしとするか…。

この日の他の情報は、日南大島では平均して1人2~3枚良型が上がっているとの事。
そしてシライシ近辺の磯にエンジェル大王、純ペイさんコンビが行っており、良型をゲットしておりました。特にエンジェル大王1.2キロを頭にキロクラス11枚と一帯では特に釣っておりました。やっちょりますなエンジェル大王

次は私も釣りまくりたいもんですな~んてえらそーな事言っても今シーズンは中々思うように釣れないので、良型5枚目標に頑張って見ます
スポンサーサイト

12/22 仲間たちの釣果♪

 12/21(日)は釣友のウワモっちゃん、タマシモリさん、EASTさんらが志布志 ビロ周辺で尾長狙いをしていたのですが、春一番のような季節外れの南西爆風、それに伴うウネリに苦戦し足裏サイズ数枚というバーコード釣果に終わった模様です

 同じ日、北浦に釣行したエンジェル大王、ケン坊は北浦中のハエに上がっておりましたが爆風に耐え切れず湾内に避難し、型的には大きくてアシウラサイズと不満だった模様です。しかし、耐えかねたエンジェル大王はエギングに興じ、タコを30以上釣り上げ、キープは23匹。「タコに蛸壺はいらん!」と言ってましたそれにしてもこの男、転んでもタダでは起きません。

 これまた同じ日、唯一型の良いグレをゲットしていたのは日南大島の磯に釣行した都城の純ぺいさん及び久さん。純ぺいさんの1.3キロクラスを頭に800gクラスを混ぜて各自2~4枚ほどやっちょりますな

 本日はケン坊ととんちゃんさんが都井岬「小黒」へ、それと確かカトチャンデンキウナギも別クルーで都井岬のどっかに行っております。良い釣果を期待しちょります

12/20 都井岬・中の瀬へ…

IMGP0151.jpg

 この日はトッキーデンキウナギさんとそのお連れの方(デンキウナギ軍団)と共に「中の瀬」に瀬上がりの予定でしたが、港に着くと小学校ティーチャーのヒラッチがおりました。それで、私はヒラッチと組んで上がることにします。船長にその旨を伝えると、「他船が来ないから腰かけ東行っていいよ~」と言われます。しかし、今日はデンキウナギトッキーに譲ることにしました。譲ると言っても「中の瀬」とてA級ポイント「小崎沖トライアングル」の一角です。他のお客さんが上がった1の瀬を含め、大いに期待大のポイントです

 中の瀬に上がり、本日も1時間半釣座交替のトーナメントプラクティスです。ただ今「下り潮」の激流です。この時点でトッキーデンキウナギは窮地にたたされますが、トッキーデンキウナギの日頃の行いが良いのか、すぐに下り潮は緩くなります。これなら腰東でも釣りになるはずです。

 私は遠投メーンで攻めてみますが、27センチまでの小長しか食いません。
 ヒラッチに大きなアタリがありましたが…
ニセカンランハギ
 イチノジ(ニセカンランハギ)でした撮影のあとリリースします。その後はヒラッチにウシグレ、私にようやく700gほどの地グロです。

 この後は、私が一の瀬向きの釣座で沖は諦め、キワに専念します。すると交替前600~800gがイズスミ混じりで連発です。ヒラッチが「流石ですね~」とか言いますが、これは明らかに場所が良いだけです。時合はかなり短い気がしたので早めにヒラッチと場所交替です。するとすぐにヒラッチに1枚釣れて、そのまま時合終了です!無理矢理変わらなければ、ヒラッチはバーコードに終わった可能性が高いです(笑)どちらかが「出家」とかはできるだけ避ける様にしないとですね
その後は潮が悪くなったのか、食ってもイエローサブマリン
イエローサブマリン(ヒブダイ)やリリースサイズの小長等ばっかりです。


 その後はウネリが大きくなり、コシカケ西は回収。中の瀬の足下全体を時折洗います。この時、友太丸は腰かけ東沖に待機しており、クーラーを流されますが、友太丸に回収してもらって釣りを続行しております。大丈夫でしょうか…午後1時半、コシカケを大きな波が襲い、流石のトッキーデンキウナギもギブアップ!この時点で彼らは6百ℊほどを一枚づつ、後は足裏数枚間引きのバーコード状態で宮浦沖テトラへ移動。コシカケはウネリで釣りづらかったこともありますが、トッキーデンキウナギですら厳しい状況でした彼は飲み会に魚が必要との事で心配しちょりましたが、…
IMGP0156.jpg
流石はトッキーデンキウナギ転んでもただでは起きません。瀬替わりした宮浦沖テトラで2時~4時の間に600~800g5枚を追加しております!クーラーの外に出してあるのがテトラの釣果です。
んでもって我々です!
IMGP0157.jpg
ヒラッチは800g程の地グロとウシグレ(オキナメジナ)。
IMGP0159.jpg
私は600~800g程の地グロ4つでした。右端は間引きした30cm弱の小長です。ブダイも頂いて帰りました。
釣果的には悪くはないのですが、中の瀬でこれだけというのは少しさみしいです。しかし、ヒラッチですら余り釣れなかったので、状況が厳しかったのは間違いありません。

他は、一の瀬(高場)に上がった都城の定連、Kさんが流石の二桁(600~900g)釣果。
1の瀬(前)に3人上がったうちの1人のクーラーを見せてもらいましたが、45cmクラスを頭に3枚入っておりました。他瀬(大黒周辺)は、船長の話だと、この日は厳しかった模様です。

仕掛
サオ:シマノ FBグレSP クォーターマスター
リール:BB-XテクニウムMg2500D
ウキ:釣研 フカセどんぐりEX(G2または3B)
ライン:OH ザイトフラッシュ磯1.75号
ハリス:OH ザイト磯フロロ1.5~1.75号
ハリ:OH 元気グレ 4~5号  ヘッド伊勢尼 4号  グレ競技用 4~6号

明日12/20は…

明日は盟友トッキーデンキウナギさん+もう1人のデンキウナギ軍団と友太丸を用いて沖磯に行く予定です!荒崎の方では2日間にわたって釣りをした人が50センチオーバーを頭に30枚ほど釣ったという情報も入っておりますが、明日は荒崎になるか宮之浦になるかまだはっきりしておりません。個人的にはどちらかと言えば、適度に水深があって潮の走る「宮之浦側」の方が好きなのですが、室丸さんの常連の方は「荒崎側」が大好きな人が多いようです。

そう言えば、昨日はジュンペーさんが日南大島近辺に行った様ですが、釣果は限りなくボウズに近い内容だったとか…まぁ、バーコード程度と言う事にしておきましょう12/21日曜日も久ぴょんさんと大島に行くらしいので、今度はバーコードではなくフサフサ生えまくりで帰ってきて欲しいもんです私も日曜日は誘っていただいたのですが、職場の行事が入っている為に行けませんでした…。残念です

宮崎県南はウネリに弱い磯が多く、運が悪いとウネリはお寺の建立に直結します
明日は出家しない様に気をつけたいもんです

あと、ブログをやって思ったのですが、貧果の時の方が、より多くの皆様方に絡んで頂ける気も致します(笑) そういった意味では「ボウズ」「バーコード」と言った貧果は美味しいのですが、私の場合は生活がかかっておりますので、出来るだけ頑張って釣りたいと思います

12/6 12/7 12/8 仲間たちの釣果♪

12/6 12/7 この日は私の所属クラブ、釣研FG宮崎の一部メンバーが荒崎に行っておりました。12/6(土)は前にも書きましたが、トッキーデンキウナギがビンダレで爆釣した他は、場所ムラがかなりある様で1人0~2枚程度と余り芳しくない状態。私がウワモっちゃんと志布志に行った12/7(日)は、SWFC盟友の1人、エンジェル大王が甑に行ったのですが突風の中、50㎝の地グロを筆頭に5枚釣ってました。
inoueee.jpg
下の3枚は、どれが50cmかわからん位型が揃ってますエンジェル大王、体が大きいだけでなく、大きいのを良く釣ります

12/8(月)はSWFCと釣研FGの盟友、カトチャンデンキウナギが都井荒崎・ナッケに釣行したのですが、突風おまけに突風につっこむ潮とかなりの悪条件で、ウキを沈めると大型地グロらしきあたりがかなりあったものの、魚に主導権を握られているためかなりの数をバラしたと悔しがってました本人曰く、地グロ臭い重量感ある魚を結構ばらしたとの事。結局取れたのは800gまでを3枚だったようです。この場所はかなり気になります。風と波のない条件の良い日にカトチャンデンキウナギの「敵討ち」にでも出来れば行って見たいっす

12/14 北東のウネリを避け、志布志湾・枇榔島へ…。

IMGP0148.jpg
 
今回は都井へ行く予定でしたが、船止だったので、何処か出港する場所がないか手当たり次第に探しましたがありません。諦めた頃に「うわもっちゃん」より「枇榔行きますよ~」とお誘いを受けましたが、既にやる気を喪失しております。とりあえず「朝電話します」と連絡し、寝ようとしたら最近知り合った都城の釣友より50センチオーバーの地グロの写メが届きます。
 寝ようとしましたが寝れなくなりました
 よって、3時半にウワモっちゃんを起こします都城からウワモっちゃんの愛車に乗り換え、志布志港よりこの船に乗ります
0131.jpg
「正丸」です。
この船に荷物を積んでいると、クーラーに同クラブの釣友の名前が書いてあります!
探して見ると、いました都城の釣友「竹ちゃんまん」
竹ちゃんまんもびっくりしつつ、久々の再会にかなり喜んでくれ、こっちまで嬉しくなります今日は防波堤に渡る予定だったみたいですが、「久々に一緒に釣りがしたいね!」という事になり、枇榔島の「ボウクウゴウ」に向かいます。他船で先客が2名、来てましたが、先客の2名は我々3人を快く引き受けてくれましたm(__)m

今回もトーナメントプラクティス開始です。7時から1時間半で釣座を交替して釣る事にし、私、竹ちゃんまんは釣りを開始しましたが、ウワモっちゃんは汚い水溜りの中にピトンを落としたとかで、必死にピトンを探しております。
状況は、斜め後ろからですが、非常に強い風が吹いてます。突っ掛け潮の激流なのでまだ食わんだろうと思いつつ、遠投して際に仕掛を流すと、磯際の壁にウキが潜り始めたとき、一気にウキが海中へ消え、鋭い引きが返って来ました。700gほどのオナガです。その後も連発です竹ちゃんまんは久々の釣りだそうで、カンが鈍っているようでバラシ連発ッス私が3枚、竹ちゃんまん1枚の時にウワモっちゃんようやく釣り開始です。その後時合はちょっとだけありましたが、出遅れたウワモっちゃんはカンがつかめぬまま、時合終了っす少し心配しましたが、流石はウワモっちゃん。心配無用です0136.jpg0134.jpg

こんな感じでオナガを拾っていきます!地グロの割合は非常に少ないです。サイズは500~キロ弱と様々です。

IMGP0140.jpg
釣り談議に花を咲かせながら楽しく釣ります♪

私はローテーションで一番地よりの釣座に入った時、場所交替のローテには入ってない、「マゴとの水道」にも釣座を構えて見ます。ここは0ウキでは馴染ませにくいので半遊動でしっかりタナをとってやるとバッチリヒット!しかし、後で気付いたのですが根がかなり荒く、ここでは3回ヒット中2回はアウトです。

その後も釣座交替しつつ釣ると、大型の地グロ臭いアタリが出たものの、ハリが外れ、逃がしてしまいました。それで次もし当たった時は絶対に呑ませるつもりでハリを元輝グレの2号にすると、暫くして沖でウキがロケットスタート!
ハリス1.5、ハリ元輝グレ2号に良型オナガヒットですこれは飲まれている可能性、ハリ外れする可能性共に非常に高いです
かなり慎重にやり取りして…
IMGP0146.jpg
無事ゲットです
こいつは生きている時は45cmの生かしバッカンの中で尻尾がひん曲がっており、46cmはあった筈なのですが、死亡して硬直すると生かしバッカンより短くなっておりました
44.3センチ。これが本日の最大です。これに満足し、私は1時50分に釣りを終了です。
タイミング良く他船で来ていた釣り人が、「何でこの強風下で仕掛けが馴染ませられるのですか?」とわざわざ尋ねていらっしゃったので、無い知恵を絞って仕掛を作ったり、アドバイスをしたりします満足していただけたかどうか、それが心配なところです
IMGP0144.jpg
今回の私の釣果です。最大は44.3センチ1.36キロです。他は600~960グラムが7枚と地グロ700g1枚、30cmを少し切るコナガが1枚です。見た感じで、キロオーバーは3枚いると思ったのですが、オナガはやはり、見た目より重量が無いですね

ウワモっちゃん、竹ちゃんまんも流石で、良く釣りました皆、満足行く釣りが出来ましたよ

今回、クォーターマスターを使ってみましたが、非常に軽く、魚をあしらいやすいサオです
バットパワーも結構強いですよ!ショートロッド派の私としてはかなり気に入りましたこれからの私のメインロッドになることは間違いありませんね

使用タックル
サオ:シマノ FBクォーターマスターグレSP
リール:シマノ BB-XテクニウムMg2500D
使用ウキ:競R0、T-PRO 2B、フカセどんぐりEX G2 状況で使い分けたつもり
ライン:オーナー:ザイトフラッシュRX 1.5号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.5号(朝マズメ1.75号も使用)
ハリ:オーナー 元気グレ2~7号  グレ競技用4~6号

12/13 今日もデンキウナギは…

  トッキーデンキウナギは今日も行っておりました。
 しかも行き先は「ビンダレ」です。
実をいうと私は友太丸の船長に「明日」交渉していたのですが、明日はシケで船止めです。

  なのにトッキーデンキウナギは飛び入りで電話して今日、上礁しました。10月に都城の純平さん達がビンダレでは流石、そこそこ食わしておりました。12月ともなるとビンダレはトップシーズン。トッキーデンキウナギが釣らないはずがありません。
photo_20081213180032.jpg
案の定です。この画像を見てストレスが溜まる人も多い事でしょうサイズは具体的にはわかりませんが、500~キロオーバーです。デカイのは前日の2番より型が良いとのこと。

更に、先月は15日ほど釣りに行っております。すなわち、2日に1回は釣りをしていた訳です

私はトッキーデンキウナギさんの話を聞いて、なぜか釣れる様な気がして仕事前に干潮の1時間半ほど堀切下でサオを出しましたが、サンノジが1匹食うたのみで「寺を建立」でした

最近、トッキーデンキウナギの釣果紹介ブログのようになってしまいましたねぇ…(笑)

週末アングラーの方はお気づきでしょうが、週末は特にシケが多いようです。磯に行けなきゃ、良い思いは出来ません。ボウズになってもいいから、1日中、磯の上で釣りがしたいものですねぇ。

荒崎2番デンキウナギ釣果

denn.jpg
トッキーデンキウナギさんの口に掛かった元輝グレ3号は、同礁者の手によりペンチで無事、除去された模様です
で、気になる「口にハリが刺さった原因」ですが、口にハリをくわえてからまん棒を移動させている時にブスッとやったようです

からまん棒を移動させる時はハリを口にくわえないようにしたいものです(あまりする人はいないとおもわれますが…)


そんなトラブルに見舞われながらも流石はトッキーデンキウナギご覧のような釣果です。
photo_20081212165207.jpg

枚数とサイズは聞いておりませんが、クーラーはD社製の20リッターです。でかいのはキロオーバーには間違いないでしょう。想定ですが、2桁はいっているはずです。詳しくは後ほど聞きます。

荒崎2番で2桁釣る秘訣は、ハリを口にくわえ、からまん棒を移動させながらハリを唇にブスッと刺す事かも知れませんねぇ

トッキーデンキウナギ速報。荒崎2番途中経過!

只今、荒崎2番で釣りをしているトッキー電気ウナギさんより写メが届きました
魚の写真かと思いきや…
denn.jpg
写真ではわかりにくいですが、

唇に元輝グレの3号が刺さって取れん!
と言っております

流石にデンキウナギだけあって、シビれることを言います

冗談はさておき、病院に言った方が良いよと言ったのですが、「そこそこ釣れよるから行かん。」と言っております。大丈夫でしょうか…。

あと、一番気になるところですが、何で唇にハリが掛かったのでしょうか?
オキアミをハリごと食べようとしたと言うのは考えにくいですしねぇ…。この件につきましては、後程詳しく事情聴取しようと思います。

んでもって現在の釣果は、キロオーバーを含め、4~5枚づつだそうです。

最終的な釣果と、トッキーさんに刺さった元輝グレの行方については後ほどお伝えいたしますm(__)m


今週末も時化かな…

宮崎の週間天気予報では日曜日は雨になってますね…。土曜日から徐々に波も出てきそうです。
土曜日ならなんとかなるような気もするので行きたいのですが、夕方から仕事なので残念ながら近場しかいけません昼が干潮なので堀切下のどっかに干潮時のみ行くかもです。日曜日は時化なかったら何処かいこうかな…。

 今日釣りにいける人が羨ましいです。今日は又もやトッキーデンキウナギをはじめとした「デンキウナギ軍団」が行っちょるようです場所は荒崎エリアの名礁「荒崎2番」であります。荒崎は激浅ポイントが多く、ウキ下も必然的に激浅となるポイントが多いのですが、荒崎2番は水深もそこそこあり(それでも他エリアよりは浅いですが…)、ノーマルな釣りが展開できます。

 他に釣友「ウワモっちゃん」も午後から石波港に行くようなので、情報が入りましたら後程お伝えいたしますm(__)m

12/7 ウネリを避けて防波堤へ…

 12/6、不完全燃焼に終わったので今日も結局、単独で釣りに行くことにしました。朝10時とゆっくり家を出ると、この日も波長の長いウネリがあります。よって磯は断念し、車を南に走らせながら防波堤を覗いてみますが、内海白灯台や野島、鵜戸といった好ポイントは時化を避けた釣り人で満員御礼…。
 んでもって11時過ぎに辿り着いたのは…石波港。市木のテトラです。
 コピー ~ IMGP0128
こんな場所です。沖に見えるのは幸島です。
しばらく、いつもお世話になる美帆丸の船長、マリンブルーの船長と話をしていると美帆丸の船長が、「はよ準備せんと場所取らるっどー!!」というのでダッシュで準備します。写真のバッカンを置いている所を釣座としました。その後すぐに3人ほど釣り人がやってきて、先端の方に釣座を構えました。ハリスは1.75号をかけ、Bのウキを用い、半遊動で釣りを開始します。たまにウネリで「ドーン」とテトラが揺れるのが気持ち悪いです暫くしてごく希にツケエが盗られる様になり、2回、グレが渋ったようなアタリが出ましたが、食い込みません。このままでイケると思い、暫く粘りますが、ツケエも盗られんよーになりますどうやら、仕掛をチェンジしておいた方が良かった様ですが、後の祭りですようやくここで、ハリスを1半、0ウキの半遊動に替えますが、ツケエも盗りません1匹、30センチ位のメイタが食いましたが、後ろで見ていた人に差し上げました。

その後ずーっとツケエは残りっぱなし…。4時までこの状態で遂に

ボーズ警報発令です。3連チャンボウズが近付いて参りました

しかし夕マヅメ、テトラ際にて遂にウキをモゾーっと押さえます。送り込むと地グロ特有のギュイーンですテトラでバラさないかと冷や冷やしましたが無事、とりこみました
キロはありそうです。2匹目を狙っていると、直後、当たりましたが大きなカワハギです。美味しい魚なのでラッキーです♪その後はかなり大きなバリが食いましたが、リリースです。次も激しい引きが来ましたが、イチノジでした

そして太陽が山に隠れたころ、地グロらしき引きですが、かなりの重量感です。何とか正面に持って来ましたが、最後にウキごとテトラの中に持っていきやがりました

その後、ハリス1.75号で粘ると、ウキが海中にロケットスタートして道糸が走ったと思いきや、ハリスが切れていました。

危ない奴が生息しているようです

今日の夕マヅメはまさに、ゴールデンタイムといった感じで魚が良く当たってきてくれました。

しかし結局グレはマグレの一枚に終わりました1度ばらした奴はどうもデカ地グロの様な気がするのですが…。テトラではなく、磯でデカ地グロと勝負したいもんです。時化明け後の幸島沖磯、楽しみです

コピー ~ IMGP0130
この日持ち帰った釣果です。グレは量ると1.15キロでした。40センチはある筈です。カワハギもデカイです。グレは人にあげましたが、カワハギは刺身で食いました。脂がのって、肝も身も旨すぎです

この日はマサヒロ君が鵜戸の地磯に行っておりましたが、お坊さんだったようです
神宮の近くに寺を建立しちゃまずいですよマサヒロ君(笑)

ここはかなり危ないウネリだった様です

仕掛

ROD:FB ハイドロスコープ グレSP
REEL:BB-XテクニウムMg2500D
ウキ:R-G(B) → 競R(0) 流失 → R-G(G2)
ハリス:ザイトチヌフロロ 1.75 → 1.5
ハリ: オーナー 速手グレ、元輝グレ3~5号  グレ競技用3~4号


12/6 不完全燃焼  「旧サボテン・ハーブ園下 フタゴ寺」

 今日は「流聖丸」にてフタゴを予約していたのでエンジェル大王と共に朝6時、流聖丸に乗り込み6時半フタゴに渡礁。かなり波長の大きなウネリがあるようだが、大丈夫だろうか・・・。

 トーナメントを想定し、1時間半で釣座交替して釣ることにした。私が湾側、大王が沖の低い方に釣座を構え、七時半より試合??開始。

 先ずはエンジェル大王がサオを曲げ、50センチオーバーの平スズキをゲット!!
inoue.jpg


その後エンジェル大王に大きなアタリ!取り込んだのは旨そうなキロ級のスマ(ヤイトガツオ)。
その後私にも当たるが、サンノジ…。
どうせ外道釣るなら、エンジェル大王の様にデリシャスな外道を釣りたいもんだ

時折エンジェル大王の足下まで波が洗うようになり、心配になったのでエンジェル大王に何度か「迎えよびますか??」と聞くと、「まだ大丈夫!!」との事。裏の釣座で11時頃、2Bのウキに替えて釣っていると、コッパオナガが1匹、手のひら強の地グロが3匹ほど釣れてくれた。サイズが小さいので勿論リリース。トーナメントならありがたいが、今日は何としても30cmオーバーのキーパーが欲しいもんである。

 で、12時に前の釣座にチェンジ。普通ならここが本命ポイントであるが、今日はウネリが大きくて気持ち悪いので裏の方が安心して釣りが出来る。

 ここでもグレは食っても25センチまでだったが、ようやくエンジェル大王、私ともそれらしきバラシ連発しかし、ここで流聖丸が現れ、

  「ウネリが太ってきたので回収します!」とのこと…。

エンジェル大王はデリシャスなスマやヒラスズキがクーラーに入っているからまだ良いが…

オレはまたボウズかよ!!勘弁してくれ

今回はフタゴ寺の住職になるはめになってしまった…。

クーラーボックスは空っぽですが、ただ一つ、収穫があったのは、この日、シマノニューロッド 「FB グレSP クォーターマスター」を使う事が出来た事。
流石は全長5.1メートル!持った感じも非常に軽く、先調子らしくシャンとした感じで扱いやすい印象を受けました!!

私は元々ショートロッド派なので、今後のメインロッドになりそうです。今回は小さなグレしか掛けてないので、次はもっと大きなグレを掛けてインプレッションしたいもんです

仕掛
サオ:FBクォーターマスターグレSP  シマノ 
リール:BB-XテクニウムMg2500D  シマノ  
ウキ:競R(G2) or T-PRO(2B)  釣研
ライン:ザイトフラッシュRX1.5   オーナー
ハリス:ザイトチヌフロロ1.25~1.5   オーナー
ハリ:グレ競技用、元輝グレ3~5号   オーナー

 この日、他瀬ではウネリに道具をさらわれた人もいたようです。
トッキーデンキウナギをはじめとしたデンキウナギ軍団は、都井の中の瀬に上がってましたが、ウネリで宮浦沖堤(テトラ)への転戦を余儀なくされたようです。しかし、トッキーデンキウナギはボウズをこけば良いのに600~800gのグレとチヌをゲットした模様です。悪い奴です

 他は、マサヒロ君が日向の地磯に行ってチヌを数枚ゲットしたものの、1枚スカリから逃げたと騒いでおりました。

 半日釣りで不完全燃焼だったので、翌日も12時頃よりサオ出ししてきました。後程報告いたしますm(__)m





週末は寒波襲来!

遅くなりましたが、トッキーデンキウナギは下り潮を攻略して600~キロまでを6枚か7枚ゲットしたようで写メを送ってきました。
photo_20081205113504.jpg
オナガも混じっているようですが、大きめのオナガは資源保護のためタモ入れ前にリリースしてあげたそうです当日は腰かけ東においては不利な「下り潮」にもかかわらず、一帯の「船頭」だったので喜んでおりました

 シマノJCでも予選で船頭になってセミファイナル進出して欲しいものです。この人は、「船で2位」でセミ進出を逃す事が多く、昨年は「船で1位」も取りましたが、その時は他船に負けてセミ進出を逃しております。良く言えば「惜しい」悪く言えば「詰めが甘い」ってとこでしょうか
 
 友太丸の船長の話だと、他の目立った釣果はゾウズで二人で800~キロくらいが10枚、中の瀬では2人で同サイズが5枚程だったとのことです。

 週末はこの冬1番の寒波が襲来するそうです。気象庁の予報では、土曜は最低気温0℃で最高は11℃、日曜は放射冷却があるようで-2度まで冷え込みます

 

 明日はカイロを服に貼りまくって釣行しようと思います。
 
 皆さんも風邪などひかぬ様にお気をつけ下さいませですm(__)m

 特に、週末釣行される方は防寒対策を万全に…。

都井、油津等の情報♪

朝、トッキーデンキウナギからメールが届きました。「どーこだ」という文章と、写真が添付されております。
photo.jpg
友太丸常連の1人である私には一発でわかります「腰かけ東」から「腰かけ西」を写した写真です。トッキーデンキウナギは腰かけ東で釣りをしております。

それにしてもこの男、1週間に一体何回釣りに行っているのでしょうか

私も先月はかなり行きましたが、この男には負けますとても同じサラリーマンとは思えません

午前中は流れがなく、午後は速い下り潮が入ってきたそうです。腰かけ東においてはイヤな潮ですが、下り潮の中でオナガらしきバラシもこの男のことだからグレを拾って来るはずです。

 さて、県南の一部の情報ですが、油津の磯では「じゅんぺーさん」が50センチクラスのオナガを浮かせたものの、バラしたと言う情報が入っております。都井・一の瀬ではツレの喫茶店マスター「えろもっさん」がバラシまくった挙句47.5センチのオナガを頭に500~キロまでのオナガ、クチブトを8枚ゲットしております。
 この様に、エリアによってはオナガが回遊している様なので、過去に少しでも良型オナガの実績がある場所へ釣行の際は、太仕掛けもバッグに忍ばせておいた方が無難かもしれません。

 あと、先日私とウワモっちゃんコンビが寺を建立した内海1番、2番周辺でも単発ながら45cmクラスの地グロが上がっているようですよってリベンジは近いうちにしようと思います。チヌ竿でばらしたので、新調したシマノのグレ竿で大型を狙いたいと思います


11/28 内海寺1番2番…。

 この日は釣りに行くつもりはなかったのですが、6時頃某クラブの大会に参加していたマサヒロ君のメールで目覚めます。内容は、「ハダカバエのポイントはどこっすか?ここは釣るっとですかね??」というものです。とりあえずマサヒロ君に電話して、目が覚めたところで都城の「ウワモっちゃん」からメールが入ります。内容は、「従兄弟と内海に来ました。隠岐阿見さんが後から来ると船長に言っときましたんで…。」とのことです。なんじゃそりゃ…。
 んでもって今日も釣り決定です。道具一式をスタンバイし、内海港につき、ウワモっちゃんといとこのN氏、それに他のお客さんとしばらく語ります。8時半出港!9時過ぎにウワモっちゃん達は内海2番、私は内海1番に瀬上がりです。
 釣れるグレはせいぜい、800gまでだろうと考え、私はチヌ竿をスタンバイです。数投目、大きなカワハギがヒットしますが、ハリ外れでサヨウナラですそのあともヒットし、今度は無事、デカイカワハギをゲットです
 しばらくカワハギにツケエをかすめとられ続け、遂に、グレらしき良型魚ヒットです。しかし、魚が止まっている時も浮いてきません中々の重量感です。手前で絞めこまれた時に根にあててしまいサヨウナラですチヌ竿では無理なサイズだったようです…。
 回収前の3時過ぎに再び良型のアタリがきます。
慎重に浮かせると一瞬、グレ?サンノジ??そんな魚影を確認いたしましたが…
今度はハリ外れでサヨウナラです

はい、以上で納竿っす。

 いつこの日が来るのかと恐れておりましたが、今シーズン遂にやってしまいました

 「内海1番寺」を建立…。住職に就任ですいわゆるボウズですスダとかタコとも呼ばれているようです…。

 そして隣瀬の2番で釣っていたウワモっちゃんコンビも「内海2番寺建立」 を成し遂げました

 コピー ~ IMGP0126
写真は、内海2番で寺を建立中のウワモっちゃんコンビです。
 
 今日は、ウワモっちゃんとNさんすら出家するような状況です。仕方ないでしょう…。
 
 と言うわけで、「仕掛け」の公開はメーカーさまのご迷惑になると考え、今回は控えさせて頂きますm(__)m

 ちなみに、ハダカバエにはマサヒロ君が「ハダカバエ寺」を建立したそうです…
 建立の日を先輩に合わせてくれるとは、素晴らしい後輩です

 釣れる情報も入ってきたので、そちらも後程、公開いたしますm(__)m

11/29  南郷・市木方面

この日は市木方面(幸島エリア)の沖磯に行って来ました!つい先日までは、地よりの磯で20枚前後の好釣果が出ていたとの事です。一帯の船長は情報を公開しない主義なので、場所は内緒ですごめんなさいm(__)m  トッキーさんやカトチャンといったデンキウナギ軍団も5~8枚前後釣っております!そしてこの二人は今日も来ていますが、私とは別の「マリンブルー」で他磯に渡っております。

まぁ、これをみればマニアックな皆様はわかるかもしれませんが・・・。
コピー ~ IMGP0124
7時過ぎに「美帆丸」にて渡礁です。同行者のサコさんも写っています。サコさんは先日、都井のS級磯で24リッタークーラー満タンとバッカンに一杯メジナを釣ってきていましたヤル男です!

釣りを開始すると、何故かエサトリはモーレツですが、「上り潮」の激流が走るので楽勝です。クロもイズスミに混じり、チラホラ見えます。

本流筋を攻めていたサコさんに当たりますが、バラシが連発です。ここは根が荒いので仕方ありません私もシモリにぶつかる激流を攻めて700g程を1枚釣りましたが、今度はシモリを通過してからアタリが来てサヨナラです

それから潮が動かなくなると、流石はエサトリパラダイスで有名な○島、エサトリが沖にまで出ます。この時点で、今日は拾い釣りになることを覚悟します。足下にはエサトリに混じり、イズスミはかなり深い棚に見えるもののグレは姿を消しました案の定、エサトリを交わす状態を演出出来ても、サンノジやイチノジが食うか、ツケエが残るだけです…。

10時頃、上り潮が再び速まると、シモリに突っ込む激流に乗せて2枚追加出来ました。ここでサコさんと釣座を変更するも、状況が変わり厳しい釣りを強いられます

その後はキロクラス追加と、直後バラシ、足裏サイズ、バラシとバラシの割合が多くなります。

昼過ぎに下り潮に変わり、釣座を移動すると40cm程のイサキが食います

それからは私もサコさんもバラシラッシュです張根に当て、どうすることもできません私だけなら腕が未熟だからといえますが、サコさんですらばらすので、取り込みは難しいようです。1匹だけ獲れたのは口のデカイ細長い40センチくらいの赤い魚でした

んでもって4時頃、何故かマリンブルーが瀬着けしてきたと思いきや、トッキーさんが降りてきました。
「今日はどうしても魚がいるけん、魚をくれ!」との事です。この男すらボウズをこく位だから、他磯はもっと厳しいようですカトチャンもグレは1枚のみですイサキも持ち帰るように言いましたが、遠慮してか、赤い魚とメジナだけ持ち帰りました。

そして夕マヅメにかけて再び速い上り潮に変わり、600ℊほどのグレとキロほどのグレが来ました。強いタックルにモノをいわせ、ブリあげます。本日に限り不調だったサコさんもグレを連発キープです

んでもって、トッキーさんが持ち帰った後の私の釣果です。
コピー ~ IMGP0125
大きい2枚はキロジャストです。700~800グラム程かと思いましたが、少し丸くなっていたので量ってみたらキロありました。そろそろ本格シーズンですかね

今日は、我々も厳しい釣りではあったのですが、他磯は0か1枚だけだったそうです釣れていたんですけどねぇ

我々の場所はエサトリがわんさか出てきたと思いきや急にエサトリすら消えたりと、1日釣りをしていて状況の変化は目まぐるしいものがありました。

この時期は、日ムラ、場所ムラは避けられませんね

この悪い時に当たり磯に上がれてついてました

翌日は外した報告を致します(笑)

仕掛け
サオ:FBハイドロスコープグレSP
リール:BB-XテクニウムMg2500D
ウキ:競RorフカセどんぐりEX 0orG2
ライン:ザイトフラッシュRX1.75
ハリス:ザイトチヌフロロ1.5or1.75
ハリ:グレ競技用、元輝グレ3~5号

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

隠岐阿見

Author:隠岐阿見
釣りが大好きな43歳♂
宮崎県南の磯や波止をメインフィールドとして、大分や鹿児島方面にもちょくちょく出かける週末アングラーです。年間を通してグレやチヌ狙いのフカセ釣りメインです。灼熱下でも行きます!!チョイ投げのキス釣りや近場の夜釣りも大好きです。

釣ファンに連載執筆中。南のつりにも登場したりします。

主な愛用タックルはシマノ、釣研、オーナーばりetc.

♪所属クラブ♪
☆S.W.F.C大分(シマノワンダフルフィッシングクラブ大分支部)
☆夢限釣行FC
☆チームシーガー


宜しくお願い致します!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード