明日はウネリ+風…。

21C5DGYFEQL._SL160_[1]明日はゴリラーマンデンキウナギと遊ぶ予定で、グレにするかチヌをやるか、迷っておりました。基本的にゴリラーマンデンキウナギはチヌ釣りをしないので、グレのつもりでしたが、時化です…。
 グレは厳しそうなので、ゴリラーマンデンキウナギを無理矢理錦江湾(福山~垂水周辺)のチヌ釣りに連行する予定でしたが、あのエリアは北西が強い予報です。そこでエンジェル大王より米水津の波止はどうかという提案がありましたが、如何せん、遠いので迷うところであります
 まぁ、このブログをご覧の皆様はわかってらっしゃると思いますが、私はシケだろうが雨だろうがどっかで竿を出します。魚が食わんと思っても行きますよ!!そして寺建立の場合はしっかりと報告致します

 そういや米水津といえば、 明日、相互リンクしている「Libraの釣りブログ」のLibra君が米水津沖磯に行くみたいですが、大丈夫でしょうか…。何とか磯に上がれることを期待したいものです。

スポンサーサイト

1/24 1/25 1/26 仲間たちの釣果

遅くなりました

珍しくネタが多かったもので

先ずは、1/25(土) エンジェル大王の釣果です。
photo endaiou 1 24
600~1.3キロ17枚  都井岬・大黒のワレです。
良く釣っちょります!!
状況によっては、オーナー・元輝グレ2号と小バリが良かったようです。マサカノさんもお気に入りのハリです。ヒジョーに食い込みの良いハリですので、皆様もお試し下さい♪   

 そういやエンジェル大王、翌日も私に市木沖の「鳥島」を予約させたのですが、高熱で行けなかったとの事…。その日はエンジェル大王の腕を持ってしても恐らく「食わない」位の悪条件だった様です。グレは0です。  エンジェル大王に熱が出たのは、「神のお告げ」でしょうか…(笑)

続いて1/25(日)マサヒロの釣果(一部)です。
門川の「ガキメキ」か「ツボヤ」かどっちかの地磯に40分歩いて行ったそうです。私には真似出来ませんそれでも歩いて来ている人は多かったそうで、健脚釣師はけっこういらっしゃるようです。
photo masahiro 1 25
写真に全部は写っておりませんが、グレは46.8センチ 1.86キロ頭に5枚(うち40cmオーバー3枚)
他はカワハギ3枚にウスバハギ1枚らしいです。ようやくマサヒロ君が本領を発揮して来ました!!流石です。しかし、放っておいたらこれからグレを釣りまくって大変な筈です。よって、私は彼を無理矢理「チヌ釣り」に連れて行く予定でございます

そして夢限釣行ファイル常連1/26(月)トッキーデンキウナギの釣果です!場所は、都井沖磯・小黒ハナレです。
またもや平日、しかもWFG予選の翌日ですこの男の体力はエンジェル大王を凌ぎます
photo  tokkidenkiunagi 1 26
600~800g3枚との事。かなり渋っていた様です。これ以降は更に悪い日もあったようですが、食ってる日もあります。水温でしょうかねぇ…。産卵はもう少し先だと思うので、まだまだ食うでしょう。

 もうすぐ2月…。個人的にグレの大会も一区切りなもんで、グレ釣りは何となく「燃え尽き症候群」ってな感じです。久々にアートレータ振り回して見ようかなぁ。  大会に備えて、ティヌ吉君も気になるとこです。

寺建立情報

1/25 市木・鳥島寺        
    住職・カツロ名人さま

1/26 日南大島・ゲンノジロ寺
    住職・YAZAWA純ペイさま

1/28 名谷トンネル下・沖の瀬寺
    住職・Hヤマダ君


 先週より「寺建立注意報」が出ておりましたが今週から「警報」に変わりました。このブログを読んでいただいている皆様方、フィールド選択、食い渋り対策共にしっかり行い、寺の建立に注意して下さいです

1/25 釣研FG宮崎支部親睦大会 及び WFG世界大会予選  その3

さて、釣研FG宮崎 親睦クロ釣り大会入賞者を発表致します。

2位は…
IMGP0215.jpg
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ポイント店員のイシガミさんです。厳しい中、価値ある一尾をゲットしての入賞です!おめでとうございます!!

そして優勝は…
IMGP0216.jpg
居酒屋「魚筍」のマスター、 ショーブさん です!
唯一、2枚ゲットしておりました。流石です!

決して3位以下の賞品を用意して無かった訳ではございません…。
すなわち、他の一般の部参加者は、
寺を建立でございますm(__)mm(__)m

IMGP0218.jpg
WFG代表の表彰!今更説明する必要はありませんが、トッキーデンキウナギです

入賞者は以上です!!


千津丸待合所の風景です。

IMGP0212.jpg
ご存知、ゴリラーマンデンキウナギ…待合所でも食っちょります磯でも待合所でも良く食います因みに、ここでも食ってるのは、バナナではなく菓子です。左にいるのがパチンコマンデンキウナギです。後ろにオカモっさんデンキウナギ…。デンキウナギ勤務ばかり写してしまいました。顔が半分写ってるのは釣恋海のキターダさんです。

IMGP0208.jpg
ヒラッチやテラさんがいます。
IMGP0211.jpg
南のつりでお馴染み、卵を食う東良竿副支部長。
IMGP0206.jpg
こちらも南のつりでお馴染み、釣恋海を率いるウッチー酔竿さん。画像が悪くてすみません
IMGP0220.jpg
IMGP0219.jpg
いつもお世話になる甲斐船長です。
ありがとうございました

IMGP0210_20090128114700.jpg
支部長ナオさまです。

もし、釣研FGに興味のある方がいらっしゃいましたら、いつでも書き込んで下さいませ!!

以上で釣研FG親睦大会及び、WFG予選の報告を終了致します

IMGP0212_20090202165236.jpg






1/25 釣研FG宮崎支部親睦大会 及び WFG世界大会予選  その2(WFG予選 決勝)

さて、WFG予選の続編です!
WFG予選の予選が終了し、決勝です。そのレポートを致します。

ルールは、予選は2人対戦、1試合 1時間半 で45分場所交替でしたが…、
       決勝は3人対戦、1試合 3時間   1時間で場所交替となります。

IMGP0201.jpg

WFG宮崎支部予選 決勝:五丈礁

12:50、私とゴリラーマンデンキウナギは「千津丸」にて1回戦会場より五丈礁へ移動。試合開始は13:00です。1回戦を五丈礁で終えたトッキーデンキウナギは準備完了しておりますが、私とゴリラーマンデンキウナギはダッシュで準備です。私はG杯にも行った事がありますが、それと同じ位、忙しいです…。マキエを作っていたら支部長が「ピー」と叫びます。フエが無いので、これが試合開始の合図らしいです(笑)

【第一ラウンド】 トッキーデンキウナギ5 ゴリラーマンデンキウナギ2 隠岐阿見1
五丈礁に上がった人ならわかると思いますが、私ははしごのあるコンクリートの釣座で開始。右のワンドにゴリラーマンデンキウナギ、更にその右側のハナにトッキーデンキウナギがおります。因みに、私にとってこのローテーションは、昨年、ウッチー酔竿、岩もっさんにコテンパンにやられたときと同じです。
 ここは沖はシモリが多くて浅く、手前が深いので先ず、深い、中間距離のエリアから攻めて見ます。バリの下にはキープあるかないかのグレが見えます。
 トッキーデンキウナギはいきなり遠投、浅だなです。トッキーデンキウナギはシモリ横の深みを攻めています。おそらく、それが1回戦の食いパターンだったのでしょう。見ていると、すぐにキープサイズの尾長グレをゲットです。即座に私も浅ダナ遠投。するとタカベ、オヤビッチャ、15センチのグレが連発でヒットです。私の釣座沖は浅いからこういったエサトリが着いているのでしょうか…。
 次の1投は足下~中間距離に切り替えます。トッキーデンキウナギは連発、ゴリラーマンデンキウナギも遠投で連発です。
 んー・・・。やはりポイントは沖なのでしょうか…。悩みつつ遠投しますが、20cmに満たない小グロです。この間、まだ30分しかたっておりませんが、私-0匹、ゴリラーマンデンキウナギ-2匹、トッキーデンキウナギ-5匹とかなり差が開いております。しかし、トーナメントというのは食う場所をローテすれば食うパターンと言うのは結構多く、私も逆転勝利の経験は多いので、この程度で動揺する隠岐阿見ではございません。磯際~中間距離に的を絞ります。すると、やや深めのタナでクチブト臭いアタリが出ます。そしてようやく掛けたのはキープありそうな感じのクチブトです。その後も渋いアタリは出ましたが、掛けきることは無く、1ラウンド終了。右側の2箇所は浅だな遠投でオナガ、この釣座は中間距離までのやや深め(1本程度)でクチブトといった感じです。後にこの釣座にトッキーデンキウナギが入ります。グレの気配はあったので、彼が中間距離をベースに攻めはじめたら危険です。おそらく何枚かは拾ってくるでしょう。多分遠投すると思いますが、黙っておきます(笑)

結局、残り30分で魚をキープしたものは誰もおらず、変動はありません。ただ、この時点で勝負が既に決まっていたとは、私は知る由もありませんでした…。

【第二ラウンド】トッキーデンキウナギ1 ゴリラーマンデンキウナギ0 隠岐阿見0

 さて、移動して遠投します。トッキーデンキウナギを見ると、遠投しているかと思いきや、序盤から中間距離を左に流しています。それを見て焦る隠岐阿見…。やはり、案の定です。開始15分以内に30cmオーバーのクチブトをゲットしてしまいました。その後、私のラインにアタリが出ます。かなりの重量感のつもりでしたが…水圧から開放されると共に急激に軽くなり、上がってきたのはキタマクラです。そして次もアタリ…。一瞬、重いと感じましたが、回収するとハリがありません。やはり、キタマクラなのでしょうか…。もう1度同じパターンでハリがなくなりました。私はキタマクラを一瞬、良型グレと勘違いしてしまう事が良くあります…。それにしても、1ラウンドではいなかったキタマクラが出てきました。そして、先程トッキーデンキウナギが連発したポイントにいるゴリラーマンデンキウナギはノーフィッシュです。ということは、潮は悪化しております。更に追い討ちを掛けるように、ゴリラーマンデンキウナギ沖(トッキーデンキウナギが連発させたポイント)に漁師のイセエビ網が入ります。これでゴリラーマンデンキウナギは釣りを諦め、おやつを食っております決してバナナとかではなく、普通の菓子です(笑)その後はキタマクラらしきアタリしかなく場所交替です。

因みに、この頃私と予選で対戦したヒラッチがトーナメント会場の右側に入り、すぐにグレを連発させ始めます。まだ、グレは食う可能性はあるかも知れないと思いつつ、3ラウンド目に全てをかけます。

【第三ラウンド】トッキーデンキウナギ0 ゴリラーマンデンキウナギ0 隠岐阿見0

ここはトッキーデンキウナギが1ラウンドで5連発させた場所です。しかし、それからは沈黙し、次に入ったゴリラーマンデンキウナギですらノーフィッシュだった場所です。私に釣る事が出来るのか…。それはわかりません。いや、釣ります!!そう思いつつ、いる魚は何でも掛けてやるつもりで様々な手を講じました。しかし…。何も魚を釣ることは出来ませんでした。

因みに、ヒラッチが入った釣座の隣に入った支部長ナオさま、岩もっちゃんはタモが何度も出ていました。そちら側を決勝の会場にした方が良かったのかも知れませんが、後の祭りですね…。

結果です。
IMGP0203.jpg

今回は匹数まで克明に記録してあります。担当の方には感謝です
トッキーデンキウナギ6匹2.3キロ
ゴリラーマンデンキウナギ2匹0.95キロ
隠岐阿見1匹0.2キロ


ゴリラーマンデンキウナギはまだ良いにしても、理由はどうあれ、私のこの釣果は悲惨なものがありますねまぁ、勝つときも負けるときも華々しいという事にしておいて下さい
何はともあれ、
IMGP0213_20090127143640.jpg

トッキーデンキウナギおめでとう!彼はシマノジャパンカップ予選等で惜しい結果を残しつつ、いつも微妙な結果で私まで悔しい思いをしておりました。そしてようやく、全国大会出場と言う栄誉をつかんだ訳です。きっと彼なら、宮崎支部として初の、シード権をもぎ取って来てくれるでしょう!

 それにしても、私は進歩がありません。昨年も決勝にて、五丈礁ではコテンパンにやられ三位、今年も全く同じような結果で三位…。先日、昨年敗れた「ウッチー酔竿、東良竿」さんにリベンジしたい話をしましたが、実際にリベンジすべきはこの「五丈礁」なのかも知れませんね…。

ここで、東良竿さんに聞いた話ですが、支部長ナオさまと会話していたらこういう話になったそうです。
東「隠岐阿見さんは仲間が上がって嬉しいみたいやったけど、本人は悔しくは無かったんですかねぇ…。」
支部長「あいつが悔しくない訳が無いじゃねーか

そうですねぇ…。出来るだけここではこういう事は言わないようにしておりましたが…

そりゃ悔しいに決まってますよ…!

 えらそうに聞こえるかもですが、少々、今からまだ伝えていない本音を話します。支部長達からして見れば、トッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギ、隠岐阿見は「隠岐阿見軍団」な訳です。よって少なくとも「支部長や東良竿さん達」はこの三人を隠岐阿見が率いている(私に自覚はありませんが…)と考えているワケです。そう思われている以上、私は「それなりの釣り」をしなければならないというプレッシャーがいつも圧し掛かっているわけです。それが、状況はどうあれ、この大差での敗北です。これが、全然悔しくないと思いますか?言葉には出さなくても「悔しい」ですよ…そりゃあ
 これまで、トッキーデンキウナギとは公式戦では2回対戦しております。それで、たまたまではあるものの二勝していましたが、今回、初黒星がつきました。ゴリラーマンデンキウナギとは公式戦初対戦なので黒星先行です
 しかし、私が悔しい思いをする位パワーアップしてくれたトッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギには本当に感謝です。彼らはSWFC盟友と言うだけでなく、他にも同じ目標を持った同士でもあります。それは簡潔に述べるなら、県南をホームグラウンドとした、「宮崎県南勢」として色んな大会に参加し、出来ることならば上に上がろうという事です。勿論、エンジェル大王も同様です。以前はlibra君もそうでしたが、大分に転勤してしまったので、出来るだけ早く、宮崎に帰ってきて欲しいものです。

少々長くなりましたが、後程、「親睦大会結果など」を報告致します。

1/25 釣研FG宮崎支部親睦大会 及び WFG世界大会予選  その1(WFG予選 1回戦)

 釣研FG宮崎支部親睦大会WFG予選が同じ日に開催されました。
先ずはWFG予選から報告致します!

先ずは組み合わせですが、先日申し上げました通り、ウッチー酔竿、東良竿、隠岐阿見はシードです。盟友、トッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギと同じパートになることが心配されましたが、運良く、それぞれのパートに分散され、当たりませんでした!

後はこの3名が決勝まですすむ事!それがこの日、一番重要であることは、3人ともわかっております…。

ルールは、23センチ以上の総重量とし、3人で、一つのリーグを組み、2試合します。
そして、釣果ありの勝者に10点、釣果ありの敗者に3点、先掛け勝者5点、釣果無しの敗者に0点が与えられ、3人の中で最もポイントが高い者が決勝に進出します。1試合1時間半ですから、45分で釣座交替です。

組み合わせです。
隠岐阿見パート 隠岐阿見、ナオさま(釣研FG宮崎支部長)、ヒラッチ

ウッチー酔竿パート ウッチー酔竿、トッキーデンキウナギ、岩もっさん、

東良竿パート 東良竿、パチンコマンデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギ

試合を終えると、以下の様な結果が出ました。

隠岐阿見パートの結果です。
IMGP0199.jpg
わかりにくいと思うので解説します。

対戦場所:作兵衛鼻
【第一試合】
支部長ナオさま(2.6kg) vs ×ヒラッチ(2.1kg)

 私はこの時、空き時間だったのでタイム係となりました。暇なので2人の釣りを見ていると非常に勉強になりましたので、そのレポートをします。

 先ずはヒラッチが本領を発揮し、猛烈な勢いでキーパーサイズを連発させます。地グロも釣れますが、オナガの子の割合が多いようです。ナオさまは少々出遅れた感があります。しかし、やがて規定未満のグレやオヤビッチャといったエサトリが出て来てヒラッチ苦戦します。そんな中、流石は釣研FG宮崎支部長ナオさま。エサトリが増えた時はマキエの周囲を探ったり、遠投したりして老獪にキーパーサイズのグレ(クチブト)を追加します。ヒラッチも追加しますが、規定未満のオナガの割合が多いようです。
 そして45分経過し釣座交替しても、ナオさまはじわりじわりとキーパーサイズのグレを追加…。
 検量すると、ヒラッチは規定未満のグレが多く、2.6kg対2.1kgでナオさまの逆転勝利となったのでした。

【第二試合】
隠岐阿見(2.0kg) vs ×ヒラッチ(0.4kg)
 私の初戦です。この時間ともなると流石にエサトリも増えて来ました。私が先ずスタートダッシュさせます。最初はオナガメーンです。しかし、気がつくと活かしバッカンのエアポンプから泡が出ておらず、グレが死にかかっております急いでエアポンプの電池を替えます。ロスタイムです…。その後エサトリが出て来たので沖のポイントをやすませつつ、じわじわとキーパーのクチブトを拾い、45分経過し釣座交替。交替しても似たような感じでポツポツ追加し、終わってみれば2.0kg対0.4kgで隠岐阿見の勝利となったのでした。ヒラッチはいつもの冴えが無く、二敗目を喫してしまいました。

【第三試合】
隠岐阿見(2.1kg) vs ×支部長ナオさま(1.0kg) 
 この勝者が決勝に進出します。この時間帯は突っ掛け潮+勢いを増したエサトリ対策がキモでした。支部長ナオさまは一回戦同様、エサトリの周囲から規定サイズのグレを拾うような釣りをしています。長くなるので少々省略しますが、私はキワにエサトリ、沖に本命といったイメージで対策を講じます。枚数はさほど変わりませんが、ナオさまがオナガメーンなのに対し、隠岐阿見は地グロメーンで私の方が少々型が良く感じます。そして釣座交替前に、エサトリのオヤビッチャや規定未満のグレに、「ナオさまの邪魔をして頂戴!!」とお願いして釣座交替(笑)。わかる人にはわかると思いますが、対戦相手は支部長なので、念のためこの位はしておかないと不安です。交替後もポツポツ追加し、隠岐阿見2.1kg対支部長ナオさま1.0kgで隠岐阿見の勝利となったのでした。

結果、隠岐阿見 20ポイント獲得 で2年連続決勝進出です。

続いてウッチー酔竿パートです。
IMGP0202.jpg

私は現場にいなかったので、解説は簡潔に、結果のみとなります。

対戦場所:五丈礁
【第一試合】
トッキーデンキウナギ(2.7kg) vs ×ウッチー酔竿(1.5kg)
IMGP0213.jpg
トッキーデンキウナギがウッチー酔竿さんを差を付けて破る大金星です。やりました!トッキーデンキウナギ!!

【第二試合】
岩もっさん(1.5kg) vs ×ウッチー酔竿(0.6kg)
優勝候補筆頭、2年連続優勝のウッチー酔竿さん連敗です。今年は調子が悪いようです。こんな感じで釣りはいつも同じ人が勝つとは限りません。自然相手ですから、「運」や「流れ」が勝敗を左右する事だってあります。にしても、岩もっさんはやっちょります。やる男です。

【第三試合】
トッキーデンキウナギ(2.6kg) vs ×岩もっさん(0.4kg)
 これはエンジェル大王が良くつぶやく言葉を借りると、岩もっさんはトッキーデンキウナギに「目も見えん、口も訊けん状態」にさせられてしまったという事になります。
 IMGP0213.jpg

IMGP0209.jpg
それは、こんな状態でしょうか…。

 後程、隠岐阿見までもがこんな状態にさせられるとは思いもよりませんでした

 トッキーデンキウナギ 20ポイント獲得で決勝進出です。これは今大会で最も私が望んでいたことの1つ。非常に嬉しいです!!

東良竿パートの結果です。

IMGP0204.jpg

これは対戦表を見ても全くわかりません(笑)。よってゴリラーマンデンキウナギに聞いた結果を書きます。
対戦場所:大バエ
【第一試合】
ゴリラーマンデンキウナギ(0.96kg) vs ×パチンコマンデンキウナギ(0.5kg)
同じ職場に勤務する「同僚対決」は、ゴリラーマンデンキウナギが先輩のパチンコマンデンキウナギを破り、2匹対1匹の厳しい対戦を制したようです。

【第二試合】
Draw ゴリラーマンデンキウナギ(0.0kg)vs Draw 東良竿(0.0kg)
釣れんかったようです…。

【第三試合】
Draw東良竿(0.0kg)vsDrawパチンコマンデンキウナギ(0.0kg)
これまた釣れんかったようです…。東良竿さんは2回とも釣魚無しのドロー…。魚を釣って、勝敗を決したかったと思います。自然相手ですから仕方ない事ではあるのですが…。

よってゴリラーマンデンキウナギ、 10ポイント獲得で決勝進出です。

という事は…

SWFCの盟友3人、すなわちトッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギ、隠岐阿見の3名が決勝進出となりました

IMGP0210.jpg

支部長ナオさまも「今回は隠岐阿見軍団にコテンパンにされたわー」とおっしゃっておりました。

今回に関しては、私、思い残すことはありません。上出来すぎです。

後程、私にとって戦慄の決勝戦を報告致します。

WFG宮崎支部予選結果速報!

トッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギ、隠岐阿見の組み合わせは思惑通り分散され、SWFCのトッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギ、隠岐阿見は五丈バエで行われた決勝に進むことが出来ました!

結果は…

トッキーデンキウナギがWFG世界大会進出となりました!頑張って頂きたいものです!!

詳細は後日

明日1/25は、WFG(ワールドフィッシングガイアオブグレ)宮崎支部予選

 明日はWFG予選です。釣研FG宮崎支部会員のうち8名が参戦するとの事です。

 んでもって私の明日の一番の目標は、代表権を得る事ではなく…
昨年決勝で負けた、ウッチー酔竿さんと岩もっさんにリベンジする事です

 ウッチー酔竿さんと東良竿さん、隠岐阿見は他大会で全国に行ったのでシードらしいです。よって、初戦は当たらない様に振り分けられます。個人的には他大会の実績は、関係無い様にも思うのですが、首脳陣の考えあっての事だと思います。とりあえず高く評価して頂いている様なので、頑張らない訳には行きません。ただここで問題が生じました…。

それは…

ウッチー酔竿さんは勝ち上がる可能性が極めて高いですが、隠岐阿見は勝ち上がる可能性が低いことでございますちゅーことは、ウッチーさんにはリベンジは果たせない可能性が高いと言えます。よって岩もっさん、私のパートのクジを引いて下さいです!! せめてどちらかとは対戦したいもんです。

 まぁ、そんな事言ってる隠岐阿見じゃあ駄目ですね!上がれるよう頑張ります。

 あと心配なのは、トッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギと同じパートになる可能性がある事です。参加者の皆様は親しくさせていただいている仲間ですが、その中でもトッキーデンキウナギとゴリラーマンデンキウナギは釣りに対する考えも似通った「同志」ですからね…。できるだけ「上」で当たりたいってのはあります。

まぁ、それでも当たってしまったときは、全力でやりますよっ!!!

 因みにトッキーデンキウナギは、今年G杯全国に行った、東良竿さんと戦ってみたい とずっと呟いております

目的、目標があると、モチベーションを高める事が出来るので、結果はどうあれ、今後の糧になることでしょう…。

えっと、WFG予選参加者を挙げてみます。

・ウッチー酔竿
・東良竿
・隠岐阿見
・岩もっさん
・ヒラッチ
・トッキーデンキウナギ
・ゴリラーマンデンキウナギ
・パチンコマンデンキウナギ
・「釣研FG宮崎支部長」ナオさん

以上でございます!  皆さん、頑張ってください



 

1/23のLibraデンキウナギ釣果(米水津・沖黒)

 昨日、libraデンキウナギが地元、大分の釣友、ボボヒラ君と米水津・沖の黒島に行ったようで写メが届きました 

yokote jr 1 23
最大が45cmとの事なので他のサイズも大体想像できます
 
 libraデンキウナギは数年前、宮崎市に住んでおり、共に腕を磨いた仲間ですが、転勤で大分に行ってしまいました。彼はトーナメント入賞経歴多数で有名釣師の「一男さん」を父に持ち、Libra君本人も20代前半にマルキューグレ4位や、G杯全国大会出場など、若手のホープとして期待されていました。現在、彼の高校時代からの釣友「甲斐よしみっちゃん」のが、D社グレマス2連覇、3位など大活躍していることからも、かなりハイレベルな環境で釣りをしていたことがわかります。

  
  libra君もボボヒラ君も九州では有名な、メジャー釣師です。かつて、釣雑誌「釣紀行」が若手主体に行っていたトーナメントチーム「ユナイテッドアングラーズ」には私、トッキーデンキウナギも含め、参戦しておりました。ハリーさんやケン坊といった釣師も所属していたので、なくなってしまった今はちょっぴり残念です…。
 
 他に、ユナイテッドアングラーズには、WFGチャンプイノシシクマさん、甲斐よしみっちゃんなど凄まじいメンバーがおりました。
 そんなハイレベルな中でlibra君、トッキーデンキウナギ、隠岐阿見の3人で決勝を戦った事があるのはちょっとした自慢ですそんときのルールは20cm以上のグレの総重量で、20cmオーバーをいじめまくって数釣った私が優勝させて頂きましたが、libra、トッキーデンキウナギとも30cm近いサイズを交えて明らかに型が良かったので、ルールによっては負けていたはずです

 また、この辺のネタについては、今後お話する事があると思います…。

大寒波

 今週末もまた、大寒波に見舞われるようです。私は寒いのは苦手な方なので、辛いです
 個人的には今週は県南をやってみたいのですが、たまには県北も面白そうです。全国的に見て、ホームグラウンド・宮崎県南の渡船料金は3000円と安いので、他エリアは全部高く感じてしまいます。

 あと、このブログのボウズ者紹介コーナーすなわち、寺建立情報についてですが、グレ釣りの場合、個人的には30cm以上のグレが釣れなければ「寺建立ということにしております。ただ、ボウズの定義については人それぞれある訳で、本命魚以外にも持ち帰れる魚が釣れたり、25~29センチの足裏サイズでも釣果とする場合はあります。

 ただ、そんなことをしてしまうとこのブログでのボウズ報告もかなり少なくなり、寺建立情報として成り立たなくなります。

 それで、皆さんもご存知、このブログに登場する親しい仲間のうち、雑誌執筆や大会などで活躍する下記のエース軍団に関しましては本命魚、例えばグレなら30cm以上が釣れなければその時点で「寺建立と致します。もし、以下の人物が釣果なし、もしくは30cm未満のグレしか釣れなかったのにも関わらず「30cm以上のグレを釣った」と言った様な「虚偽の届出」があった場合は通報願います(笑)

エンジェル大王…swfc 真グレ会 TDグレ
トッキーデンキウナギ…swfc 釣研FG
ゴリラーマンデンキウナギ…swfc 釣研FG
Libra…釣研FG TDグレ 延岡トーナメントクラブ
YAZAWA純ペイ…真グレ会 TDグレ
家庭内修行僧久ぴょん…真グレ会 TDグレ
mave…釣研FG グレ武者
東良竿…釣恋海 釣研FG GFG
ウッチー酔竿…釣恋海 釣研FG GFG
ウワもっちゃん
たけちゃんマン…釣研FG
ナオピー…釣研FG 夢限釣行会
マサヒロ&マサカノ…GFG 真グレ会  夢限釣行
エロもっさん…夢限釣行会
カツロ名人…夢限釣行会
・日南M田君
H山田君
サコさん…夢限釣行会

下記はエースではありませんが、一応書いておきます
隠岐 阿見…swfc 釣研FG 夢限釣行会 真グレ会

※右側は所属クラブです。

今週末…

WFGの釣研FG宮崎支部予選島野浦にて開催されます。この試合の勝者が本戦に行く事が出来ます。もう長い事、WFG本戦には行っておりませんので、久々に行ってみたいもんです以前本戦に行った時は、準決勝で徳島のS田さんに6-2でコテンパンにされた記憶があります。

 ちなみにわが支部の昨年、一昨年の代表の座ですが、二年とも釣クラブ「釣恋海」所属のウッチー酔竿さんが奪っております。私はどちらとも直接対決でウッチー酔竿さんに敗れております!  一昨年は1回戦、 「釣恋海」エースの東良竿さんには2-0で辛うじて勝ったものの、2回戦は確か、「釣恋海」会長ウッチー酔竿さんにパーを出してチョキでやられました

 昨年は風邪を引いてしまい、高熱を出したまま参戦しました。参加者は9人で、3人で1回戦を戦い、1回戦を勝ち上がった3人が決勝を戦うというもの。何と1回戦から隠岐阿見、トッキーデンキウナギ、パチンカーデンキウナギとハナから盟友対決で星の潰しあいという最悪のクジ島野浦島の「ヤジロ」で対戦し、確か、1-0勝ちというセコさで隠岐阿見が決勝戦に行ったよーな気がします。2試合しましたが、もう1試合は引き分けか、1-0勝ちかどっちか忘れました…。

 他のパートには盟友ゴリラーマンデンキウナギ、maveさん、ウッチー酔竿さん と五丈バエにて好カード対戦があり、ゴリラーマンデンキウナギはウッチー酔竿さんに勝ち、大金星をあげたもののmaveさんに敗れ、ゴリラーマンデンキウナギ、maveさん、ウッチー酔竿さんが全て1勝1敗で並び、重量差かポイント差でウッチー酔竿さん が決勝に上がりました。

 そしてもう1パートでは大バエにてFG宮崎支部長、岩もっさん、東良竿さんが対戦し、岩もっさんが決勝進出。


決勝は五丈バエにて、ウッチー酔竿 VS 岩もっさん VS 隠岐阿見 で対戦しました。

私は1投目でいきなり尾長らしき魚をバラし、その後ウミネコを掛けてしまった記憶があります…

 後は散々で、ウッチー酔竿さんが確かキロ500までグレを5枚ほど釣っていたのに対し、私は400~500のグレが2枚だけ… 岩もっさんは私と同サイズを3枚釣っており、決勝の私は最下位でした

 今年はSWFC盟友のトッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギ、隠岐阿見のうち、誰かが代表を勝ち取るつもりで臨みます。個人的にはそれ以外に岩もっさん、ウッチー酔竿さんにリベンジしたいですね

けど、中々思う曄には行く筈がありません…。

 K支部長率いる、K電設軍団もメキメキと力を付けております。

 そして最も代表を獲得する可能性が高と言えるウッチー酔竿率いる「釣恋海」は昨年G杯全国大会出場した東良竿さんを擁しており、強敵揃いです。

 先ずは昨年のように、初戦からS.W.F.Cメンバーで星の潰し合いをせんように気をつけようと思います…。

 まぁ、何処に所属する人が勝っても、皆さん釣研FG宮崎の盟友であります!  勝った人には是非とも、全国で表彰台に立って欲しいと心から思います。
勿論、私も含めてですが…。

 
 

遅くなりました! 1/18 マサヒロ君のFRPボートで内海1番へ…

  この日は南寄りの風が吹き、時化のエリアが多かったので苦戦した方も多いのではないでしょうか・・・。私は昼過ぎよりマサヒロ、トッキーデンキウナギと共に内海1番へ行ってまいりました。釣りをする前に、駐車スペースに車を停めて3人で楽しく語ります。

そういや、トッキーデンキウナギは前日の1/17、彼にして珍しく船間の地磯にて寺を建立しておりますその時、私の大好きなスマ(ヤイトガツオ)のキロクラス2匹釣ったのにも関わらず、1匹はリリースして1匹は食ったそうです。かなり旨かったそうですが、もう1匹はリリースせずに私のところに持って来て欲しかったです

 ボチボチとボートを準備して、1番に上がります。が、既に1時を回っております寺建立パターンですが、楽しく遊べそうなのでボウズでも構わんですでも思い出して見ると、ここでは昨年、流聖丸で渡ったときに寺を建立しております1枚はグレを釣って、寺をこわさないといけません。

 
IMGP0194.jpg
 ボートのオーナー、マサヒロには良い感じのハナレに上がって頂き、

IMGP0193.jpg
 昨日出家したトッキーデンキウナギには釣りやすそうな左の鼻に入って頂きます。私はその真ん中に位置するワンドに入ります。ここは洗濯機状態で釣りにくいですが、魚は着いてそうに見えます。

 釣り始めると、カワハギの当たりが出始めます。ここにはじめてくる人は、元輝グレ等のハリの色がはげ落ちることからフグと決めつけちゃう場合が多いですが、実は殆どがカワハギです。クサフグが多い日もありますが、クサフグはハリごともって行ったり、ハリスに噛み跡を残し、カワハギよりウザい事をするので判ります。

 で、このカワハギを狙ってみますが、掛かりません…。ところがトッキーデンキウナギは連発させよります私はマサヒロ君が持ってきたアサリをもらって狙いますが、アタリがあるものの掛かりませんするとツケエが残りはじめたので、オキアミでグレを狙います!

その時、マサヒロにヒット時合を逃さず食わす所は流石ですが、根に当てて逃がしてしまいました

遠投でアタリが来て釣れたのは、キロオーバーのチヌでした
直後、狙いをサオ1本半程先に仕掛を入れるとウキが入ります!
そしてキロオーバーグレをゲットし、寺建立を逃れます

しかし、直後にカワハギ軍団が現れ、悪戯をします狙いますが、カワハギは1枚しか釣れませんその間トッキーデンキウナギ5枚カワハギをゲットしております。しかも1匹は30cmオーバーです。この男やはり恐るべしです

その後カワハギ軍団が消えたときは御チヌ様のお出ましのようで、マサヒロ君もゲットします。

私も700gほどのメイタを追加!!

そしてトッキーデンキウナギもチヌをゲット!

更にその後トッキーデンキウナギは37cmの赤いチヌを追加です。

マサヒロ君もヒットしますが、バラシが連発してしまいます恐らく、ハリスを1.25号以下にしていると思われまする…。

最後にトッキーデンキウナギが大バラシを演じ、薄暗くなって今回の釣りは終了です。予想とは全く逆の、私のバーコード釣果以外は寺建立となってしまいましたが、それぞれ思った以上に色んな魚のアタリがあったし、楽しい釣りが出来ました

IMGP0197.jpg
私の釣果です。グレ1.23キロ、チヌ1.2キロ、メイタ700g、カワハギ…

IMGP0198.jpg
トッキーデンキウナギが釣ったマダイ。頂きました!ありがとう

 今回、カワハギを真剣に狙ってみたのですが中々上手くいきませんでした…。トッキーデンキウナギは5匹も釣ったのですが、デカイの1匹しかいらん!!というのでマサヒロと2匹づつ頂きました。
 次このエリアに来る時は、カワハギ5枚を目標に頑張って見ます。方法は考えてますが、上手く行った時は報告致します。

 


  それとこの日、釣具総合メーカー、D社ファンの大会が南郷の渡船「かいゆう丸」を貸切って開催されておりましたが、メーンの日南大島は11時で回収になり、近場での釣りを強いられたとの事。ウネリで状況も悪く、寺建立続出だった模様

 そんな中、個人的に期待していたエンジェル大王は規定の良型3枚を揃え優勝ですヨーイドンの大会なので場所の運はあるにしても彼は2連覇です!運だけでは成し遂げることは出来ません。流石はエンジェル大王…。

 
1/17 南郷・日南大島の寺建立者


前島・烏帽子…住職 家庭内修行僧久ぴょん

その他多数建立 若しくはバーコード

 
 





 

1/17 単独で日南大島の「油津エリアの磯」へ…

 aburatuIMGP0187.jpg

 最近、都井や幸島といった、比較的「浅い」エリアでのグレ釣りが多かったので、久々に深めの釣場でグレ釣りがしたいと思いつつ、昨年末以来、久々に油津へ行ってきました。

 渡船は「くろしお」を用います。前日、船長に電話した時は釣客が多いようで、何処に上がれるかわからないとの事でしたが、とり合えず私以外の最後の釣客を日南大島の「外浦崎」に渡し終えた後、何故か船は更に大島の南側へ向かいます。そして船長より「キン〇マ>とムカ瀬どっち行く?」と聞かれます。昨日、他船に場所をとられていた事から、予定していたお客さんは他磯に行ったようです。この日は他船は来ず空いていたので行った事がないムカ瀬に上がる事にしました。16日、南郷から大島に渡礁した人達はボウズ無しで結構釣っていた と、純ペイさんから情報が入っていたので期待が持てます

 んでもって朝マヅメ、まだ薄暗い中で大きなアタリ!!しかしバラシですみると、釣座下に張根があり、そこで切れたようです。それからバラシを交えつつ、足裏、600、キロクラスと3枚ゲットしたものの、朝マヅメが終わるとエサトリパラダイスとなります。マキエを入れるとしばらくしてやや深めの棚でオヤビッチャ、コガネスズメダイメーンで結構な数のエサトリが乱舞…今時期、想定していなかった為、かなり沖まで出しちゃいました。エサトリが多いので沖の浅だなメーンでやってましたが、10時を回っても沈黙…。仕方なくやや大きめのオモリで沖の深ダナを攻めると、エサトリを交わせればアタリはあるものの、ハリハズレや掛け損ないが多発…。ちょっとしたストレスです…。
それでも昼までに何とか600~キロクラス2桁達成。リリースサイズも結構当たります。
昼過ぎに浅だなに浮いた様な当たりが出だしたので半遊動で1.5~2.5ヒロ位を攻めると潮が殆ど流れないためか、今度はオモリとやや太軸のハリを嫌う感じ…。んでもって潮を捉える下膨れの「トーナメントαE(0)」をチョイス。ハリはオーナーの元輝グレの3号がこの時、ベストマッチでしたその後はまた深棚になったりしましたが、何とかポツリポツリ追加…。

aburatumukazehanngorosibakkann.jpg
今回も半殺しバッカンです

 んでもって夕方です。回収も近付く2時50分に45cmはあるグレを浮かせましたが、浮かせても2、3度抵抗し最後は針ハズレでアウトその後は活性も上がり、浅だなにてオキアミ1匹で1匹は釣れる状態でしたが、700~キロのみを追加したのみでタイムアップ。45cmアップが欲しかった

 回収後、港でバッカンのメジナを絞めて帰りました。他磯は5~6枚釣っている磯もあったようなので、各自釣っていたんやないかと思います

 今回、少し渋ってるような感じで,釣ってる時は難しい面もありましたが、簡単に爆釣する時よりも面白かったです

aburatumukaze0117tyoka.jpg
今回の釣果です。アベレージは700gで最大は1キロ。数えると23枚ですが、本来はリリースの足裏が3枚入ってるので、600上りで20枚ってとこです。

その他の釣果です。

マサヒロマサカノ門川に行っており、キロクラスをマサヒロ3枚、マサカノ2枚との事
masakanokadogawa117 2
マサカノさんの釣果です。
masakanokadogawa117 1
食いが渋く、オーナー・元気グレの2号が威力を発揮したとか言ってました

マサヒロもさることながら、マサカノさんは師匠のマサヒロが流石なだけあって、どんどん腕を上げちょる模様
マサカノさんの今度のレディースグレ、楽しみです!

☆仕掛け
サオ:シマノ FBグレSP クォーターマスター
リール:シマノ BB-XテクニウムMg2500D FBスプール1700D
使用ウキ:釣研  トーナメントαE(0)  競R(G2)  フカセどんぐりEX(G2)  スルスルうきEX M(B)     半遊動  or  全遊動  or  スルスル
ライン:オーナー ザイトフラッシュRX1.5号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.5号→1.25号→1.5号
使用ハリ:オーナー 元輝グレ2.3.4  グレ競技用3.4号




1/16 仲間たちの釣果

1/16(金)は、ゴリラーマンデンキウナギ市木方面YAZAWA純ペイさんは日南大島・ビシャゴ瀬にいっちょりましたが、それぞれ釣っております。

まず、ゴリラーマンデンキウナギですが、鳥島方面にて5枚、釣ってきておりました。「渋い」とぼやいておりましたが5枚揃えてるところは流石です!
goridenitiki1 17
サイズは700~800g前後との事!!

続いてYAZAWA純ペイさん

こちらは…
yazazyunnoosima117.jpg
 やっちょります!!インフルエンザウイルスか何かに感染したのか、この写メを送って頂いた後は寝込んでしまったようですが、かいゆう丸さんのブログによると、YAZAWA純ペイさんは800~1.7キロを17匹との事!流石!やっちょります。他にも、20枚前後釣れた磯があったり、ボウズはいなかったみたいです!!   今後も期待が高まりますねぇ

純ペイさん、はよ復活して、釣り行きましょう!!!


1/15 仲間達の釣果

 1/15は都城の「うわもっちゃん」が、彼にしては珍しく平日釣行。場所は内之浦地磯6番との事!
utinoura0115.jpg
 写真の通り、ウネリがあって釣り辛かった様ですが…
utinouratyoka0115.jpg
 写真のサイズ、うわもっちゃんいわくキロオーバーとキロを少し切るサイズが8枚との事。すなわち、アベレージはキロ前後だった模様!ウワモっちゃんもやっちょります!!
 久々の平日釣行は人が少なくて良かったと言っておりました!!ホント、週末釣師からすれば平日釣行って、ちょっとした贅沢ですよね

 本日は都城のYAZAWA純ペイさんが真グレ会メンバーと共に日南大島に行っちょります!

 そして予想通り、ゴリラーマンデンキウナギが釣行しております!場所は、幸島(市木方面)であります。今週は仕事が忙しいトッキーデンキウナギにかわり、このゴリラーマンデンキウナギが頑張っちょります!

 写メが来ると思いますので、後日報告致します。尚、写メが来ない場合は「寺建立情報」として報告致しますので、そこんとこゴリラーマンデンキウナギさん、YAZAWA純ペイさん、宜しゅうお願いしますm(__)m

 私は、明日行ってまいります。恐らく単独釣行ですが、場所は決まっちょりません
 県南の何処かでサオを出して参ります!!

1/14ゴリラーマンデンキウナギの「都井岬・一の瀬(後)」釣果報告!

 昨夜、ゴリラーマンデンキウナギより都井岬・1の瀬(後)の釣果報告がきましたんで、お知らせいたします!
 最近の小崎沖トライアングル(1の瀬、中の瀬、腰かけ)は、仲間ではズッサンが良型7枚釣ったくらいで、田中船長の話でも少々前に2桁出た話は聞いたものの日ムラがあるのかそれほど芳しい話は聞いておらず、最近は岬周りやカサマツ周辺以外での好釣りは聞いておりませんでした。それで大丈夫かと心配しておりましたが…

the goriden toiitiusiro2
この写メの1.4キロを頭に500gから上のサイズを16枚も釣ってきておりました。キロクラスから上は8枚です学生時代、ウエイトリフティングで鍛えた肉体が大活躍したことと思われます
流石はゴリラーマンデンキウナギ、恐るべしです。
 そういや、今週のゴリラーマンデンキウナギはデンキウナギ軍団特有の長期休暇が与えられているという情報が入っております!!
 今週あと1回は行きそうな気がするんですがそこんとこどうですか??ゴリラーマンデンキウナギさん???

 まぁ、お忍びで釣行したとしても、この、ハンネとぴったりの写メでゴリラーマンデンキウナギはすぐに発見できると思いますので、もしゴリラーマンデンキウナギを見かけた「夢限釣行ファイル」読者の皆さんはこちらまで通報して下さい!
 ちなみに見かけた方は「猿さん」と呼んだら怒るという情報が入っておりますので、間違っても「猿さん」とは呼ばず、「ゴリラーマンさん」か「ゴリさん」で声を掛けていただけると有難いです!!

 ちなみに、ゴリラーマンデンキウナギが佐多に釣行した時は、このブログにいつもコメントを下さる鹿児島の「釣りキチ釣命」さまより通報を頂いております。

 今週は、
ゴリラーマンデンキウナギから目が離せません!! 

 ちなみに他の仲間たちの釣果は、サコさん が油津「ビロ岩」にて2キロオーバーを頭に4枚だそうです。皆さんやっちょります!

 1/16は都城の「YAZAWA純ぺい」さまが大島に釣行するとの事!!YAZAWA純ぺいさん、報告宜しゅうですm(__)m

1/13 仲間たちの釣果♪

本日も、ゴリラーマンデンキウナギは都井一の瀬(後)に行っちょります。
the goriden toiitiusiro1

2投目でゲットしたと、写メが来ました。詳細は後日、報告しますm(__)m

さて、昨日の仲間たちの釣果報告です♪このブログはその殆どが、仲間たちの釣果報告により成り立っております!友人の皆さんどんどん私の携帯にでも写メを送って下さい。
エロいのとかじゃなくて釣果写メ、宜しくです!

いつも写メを送ってくれるエンジェル大王やトッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギさん達には感謝しております。たまに出し忘れる事がありますが、その辺は勘弁してくださいです

1/13 は日南市大堂津・0磯釣具店主の「0磯魔神」が3人で大黒瀬「フナツケ」に行き、向かい風と下り潮の中500~1.2kgを21枚釣ってきておりますお連れの2名と相乗りの1名は各自、7~8枚との事。よってフナツケだけで、40枚以上のグレが釣れたことになります。

0磯魔神は以前、宮崎に住んでおり、貧乏学生の頃からかなりお世話になっていた師匠でもあります!現在は釣具屋に遊びに行ったり、0磯魔神の船で沖磯に渡してもらったりする程度ですが、その釣技はやはり健在です。

0磯魔神、オモロイ話や釣り自慢など、よー喋るオヤジですが、釣りの引き出しが多く、面白くて勉強になると思いますんで、興味のある方は「0磯釣具店」に冷やかしにでも行ってみてください♪

小さいお店ですが、掘り出し物も結構ありますよ~♪

1/12 殺人的な爆風の日…。

 成人の日、この日は、朝6時過ぎ、エンジェル大王の「何処に行きますか?」のメールで目覚めます。外はたまに雪がちらついております。窓から見えるワシントニアパームは爆風で思い切りひん曲がっており、辛そうです。美帆丸の船長に電話すると場所は空いているとの事なので、朝9時頃、エンジェル大王の車に乗って南下します。しかし、鵜戸を過ぎて大浦港を過ぎたあたりで風で凄まじい数の大型ウサギが跳ねまくる海が見えますエンジェル大王はそれを見て、「近頃のウサギは山にエサがないから、海に群れで来るんやねぇ…」と言いつつUターン。それで、美帆丸に断りのつもりで電話を入れると「ゴットリのハナレが風がなくて何とかやれるようにあるよ~」と言うもんで、現金な我々はまたまた南へUターン(笑)…。

途中、水島を見ると、波を被っています。それは沖からではなく、「西風による波」です。大丈夫でしょうか…。

ようやく幸島、石波港につくと、まるで砂漠のように砂が舞い上がっております…。

防波堤の上を歩くと、爆風で立つことすらままなりません
エンジェル大王ですら飛ばされそうになり、私は波飛沫を被ります…。

船長と話をすると、「風が凄まじくなったわこりゃ、やめちょったほうがいいかもね…」との事。
その通りです
それまでの風の強い日なんて、 この日に比べりゃあ「そよ風」です
我々は引き返すことにしました。

それにしても、ゴリラーマンデンキウナギ、トッキーデンキウナギ、喫茶ロイドのエロもっさん、サコさんらは都井に行ってますが、大丈夫か心配です…。

諦めの悪い我々は、西、北西風爆風でも比較的影響が少ないと思われる内海の磯へ流聖丸にて渡ります。しかし、ここも背面からですが風は強く、寒かったです…。

IMGP0183.jpg
こんな磯です。
現在、正午を回っています。低い磯なので4時回収との事。実釣時間は4時間もありません私の寺建立パターンです磯に上がり、マキエを作ってエンジェル大王は釣りを開始しますが、私は道具ににトラブルがあって、もたもたしていると何とエンジェル大王、1投目に600ℊほどのグレをゲットです。更に、バラシも演じております。流石ですが、褒めている場合ではありません何とか準備を終え、釣りを開始したのは1時です潮は、上り潮が早く、潮下に当たるエンジェル大王はバラシによるウキ流出などで忙しそうです。私は1度バラした後、ようやくハゲをゲット。嬉しいのですが、ハゲ=ボウズ=寺建立といらん方向で考えてしまいます。もう一枚ハゲをゲットした後、エンジェル大王が「こっちに来てん!」と言うのでお言葉に甘え、行かせてもらいます。その数投目、良型がヒット!!1度根に入った後、パワーダウンして浮いてきたのは45cmは優にある地グロでしたその後も700gほどのグレが釣れましたが、4時前に潮が差して来て、危ないとの船長判断で回収です。

帰ってから、柴釣具で新春グレダービーがあったのを思い出して、検量に行きます。
IMGP0185.jpg
この日の最大グレは、47.0cm、1.74kg.でした。
IMGP0186.jpg
釣果です。グレ2枚、ハゲ2枚です。ハゲはいつも通りかなりデリシャスでしたよ

さてこの日、都井に釣行した人達の情報です。カサマツに乗ったエロもっさんとサコさんですが、エロもっさんは道具を風で海に叩き落とされ、荷掛けは海中に沈め、道具は回収できたものの波を被り、更には突風にあおられタイドプールに2回落ちてズブ濡れだったそうですグレは800~1kgを2枚づつとしっかり釣っておりました。

中の瀬(裏)から沖の瀬に瀬替わりしたトッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギの師弟対決は、ゴリラーマンデンキウナギが4-1で師匠を倒した模様。但し、時合と場所の兼ね合いは避けられません。心優しきトッキーデンキウナギは佐多でバーコードだったゴリラーマンデンキウナギに気をつかい、配慮していた様です。1時間半交替のトーナメントモードなら、トッキーデンキウナギはもっと釣っていた筈です。

とは言え、この超爆風の中、ゴリラーマンだけあって流石です。

次は、暖かい日に釣りがしたいですねぇ…。

☆仕掛け
サオ:シマノ FBグレSP クォーターマスター
リール:シマノ BB-XテクニウムMg2500D FBスプール1700D
使用ウキ:釣研  フカセどんぐりEX(0) → フカセどんぐりEX(G2)  半遊動オンリー 
ライン:オーナー ザイトフラッシュRX1.5号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.5号
使用ハリ:オーナー 元輝グレ3.4.5  グレ競技用3.4.5号

1/11  都井・大黒瀬(フナツケ)

IMGP0179.jpg
 
 今回もまた都井・宮之浦へ釣行!同行メンバーは前日北浦沖の2つで爆釣し、お疲れ気味のエンジェル大王、釣研FGのmaveさん、ナオピー、マサヒロ、マサカノ(マサヒロの彼女)、隠岐阿見の6名です。この日は当番瀬の「腰かけ西」も確保しており、ナオピーが行きたいと言うのでmavuさんと共に上がって頂きます。港に着くと、D社SFの「よしみっちゃん」とそのお連れさん、ケン坊らも3名で来ており当番瀬「1の瀬(前)」に上がるとの事。 我々4名は大黒フナツケに上がります。ところが、フナツケには他船でも4人ほど人が上がっておりますとりあえず我々は奥の方、他船の4人の方には先端よりに行ってもらい、何とか全員が釣座確保でき、一安心です 少々窮屈な釣りにはなりましたが、他船の方も良い人達ばかりで、楽しい釣りが出来ました

この日の状況ですが、下り潮、すなわち突っ掛けです。本命とは上りなのでハズレ潮になります。それは仕方ないのですが、更に向かい風が吹いております…。状況は最悪です。はじめは緩い下りで連発で当たったりしてくれましたが、下りが速くなると食いません更に時折、後ろに倒されそうになる位の向かい風にヤル気もそぎ落とされます私は一番岸よりの釣座でやっていましたが、結果的にはここが一番良かったです。フナツケでの下りは一番左側が一番有利の様です。

この日、エンジェル大王はグレをゲットした後、磯際に見える3㌔~4㌔ありそうなイエローサブマリンが仕掛けを切っていくのに腹を立て、ハリス二号でやられてもやられても戦いを挑んでおりました

んでもって…
IMGP0182.jpg
私の釣果です。500~1.3キロ7枚です。

そして最近バーコード、寺建立と連続していたマサヒロ君
IMGP0181.jpg
1.4キロを筆頭に4枚、これをきっかけに、本来の調子を取り戻してくれるはずです!
皆、グレを2枚以上はゲットできて良かったです。マサカノさんも楽しめたようです!!

ちなみに、手を負傷しつつも一番魚をかけたのはエンジェル大王です大王はやはりおそるべしです。

先端の4名も、1~2枚づつはGETしていたと思います。

ちなみに下り潮も手伝って、当番瀬である「ワレ」はかなり数が釣れていたそうです。

一の瀬(前)では朝のうちに よしみっちゃんが3枚お連れさんとケン坊が2枚づつでした。後は下りが速くなり、厳しかった模様。

他は、油津・外浦崎に行ったカツロ名人が700~900gの地グロ3枚といった所です。7枚程釣った人もいる様です。


1/11 寺建立情報
都井岬・「腰かけ西本願寺」建立
住職・ナオピー、mavuさん 
 

 

1/10 の仲間たちの釣果

この日は、ゴリラーマンデンキウナギ佐多にて4人で1枚

最近仕事でストレス溜まりまくりの酒造メーカー関連会社勤務ズッサン都井・1の瀬800~1キロを7枚、同礁者もいくらか釣った模様。但し中の瀬は釣れてない模様。今シーズンの小崎沖トライアングル(1の瀬、中の瀬、腰かけ)は瀬ムラ、日ムラが激しく中々本領を発揮してくれないですそして都井・大黒瀬のフナツケに4人で行ったトッキーデンキウナギ600~1.4キロを5枚です。大黒フナツケは向かい風の強風、更に下りと悪条件の中、流石です。他の3名も各自2~3枚づつとの事。

本格的な寒波が入り、食い渋りも激しくなることと思います。皆さん、頑張って行きましょう!
日曜、月曜の報告は後程…m(__)m。

1/10 寒波襲来…。

 今日はかなり冷え込みましたね…。明日も結構気温は低いけど、今日は時間帯によっては10メートルを超える風が吹くので、体感温度は今日の方が寒いはずです本日釣りに行かれている方は体調管理に気を付けて下さいませですm(__)m

 昨日のユルギでのトッキーデンキウナギ釣果ですが、
tokki yurugisimaazi
写真のような シマヤァジ君 3枚と、グレは600~800が5枚だったそうです。

他は、ゴットリが同サイズ5枚、岬周辺では小黒が1枚、大黒ワレが4枚とかなり厳しい状況だったようです。いよいよ、日ムラが激しくなってきた模様です。例年より激しい気がするのは私だけでしょうか?…。私は明日、岬周りを予定しているのでヒジョーに気になるところです。

 本日もトッキーデンキウナギは民宿田中を出発し、友太丸にて大黒瀬船着に出勤したそうで、ウネリがあるようです。やがて爆風になる予報なので、流石のトッキーデンキウナギも苦戦するのではないかと思います…。
 
 他は、ゴリラーマンデンキウナギが佐多岬に行っている模様です。エンジェル大王とケン坊は北浦沖の2つに上がっている様です。

 皆さん、寒いけど頑張ってください!!!

年末年始仲間たちの釣り♪

年末は結構皆さん釣って来てました。katou natanitonnneru
カトチャンデンキウナギ改め、「ゴリラーマンデンキウナギ」です。12/27に釣り納めで1.3~1.5キロ2枚頭に6枚ほど、幸島の七つ(7番)にて上げておりました。
他は前にも述べましたが大晦日、エンジェル大王が大黒で20枚、ナオピーがゴットリ2番で4枚、ウワモっちゃんが市木の磯でキロ前後5枚等です。

初釣りは元旦ウワモっちゃんがゴットリ2番で30~35cmの地グロ7枚、
カツロ名人が油津ヒゲバエで600~900g10枚(確か2日だったような…)、他も日付は忘れましたが、都城のHヤマダ君が1.5キロ頭に4枚、市木の磯で釣ってきております。
サコさんが流聖丸で旧サボテンハーブ園付近に1/7に渡り1.7~2キロと大型2枚、同じ日カツロ名人が市木の磯にて700~1キロ4枚などです。
他にもありましたが、とりあえず思い出した分を述べて見ました。

そして本日、トッキーデンキウナギ都井に「出勤」しております。今更凄いとは思わないでしょうが、この男は今夜民宿田中に泊まって明日も都井です。
現時点でユルギで2枚釣っており、現在ダイバーがいるためアタリが遠のいているので暫く休憩中との事!又後程報告いたします

1/4 都井中の瀬にて…  津波注意報回収

IMGP0177.jpg

 1/4はトッキーデンキウナギと都井、中の瀬に釣行。トッキーデンキウナギは初釣りです。釣り人が多く、3便船で上がりました。デンキウナギは腰かけ西向きの突端、私は一の瀬向きを釣座とします。数投目、遠投していたらハゴイタらしき魚に道糸をかまれ、危うく競Rを流出しそうになりましたが、何とか救出。しばらくして50センチ程のソウシハギが釣れますどうやらこやつが道糸カミカミの犯人のようです。食べる人もいるようですが、私はよう食わんので海にお帰り頂きますやがて手の平から尻尾が出るくらいの尾長の子が釣れはじめます。これは、船長にキープを頼まれたのでとっておきます。そして、遂にグレが食います!900グラム位もう1枚700gを追加して、トッキーさんと釣座を交替しますそしてしばらくして、トッキーさんにもあたりがあり、1キロの良型をゲットしておりました。
 そんなAM10時過ぎ、何やらサイレンが鳴ります。私ははっきり聞き取れませんでしたが

津波注意報発令

とのこと。慌てて船長に電話するとやはり、「回収します」とのことです。何とか全員を回収し終え、港にて船長より「津波注意報が解除になったら再び渡しますんで、待っててください!」との話がありましたが、しばらくして「津波注意報は解除になる見込みがないようです…。申し訳ございませんが…」

というわけで、本日の釣り、すなわちトッキーデンキウナギの初釣り中の瀬は…

10時半で終了
となったわけであります。トッキーさん1キロ1枚、私は700~900g2枚と共にバーコードでしたが、時間的には納得いっております。

この日の竿頭は…
IMGP0178.jpg
都城から来られたオオヤマさんです。写真をお願いしたら、快く写って下さいましたm(__)m
一の瀬でバッカンを流され、名谷トンネル下の地磯に瀬替わりし、クーラーボックスをバッカン代わりにして43~50センチを3枚ゲットしておりました写真は最大魚を持って頂きました明らかに2kg.はあります流石ですね

回収の船長判断は正しかったです。事故が起こってからでは取り返しがつきませんしね田中船長も本当は、思い切り沖磯で楽しんでもらいたかったに違いありません。


その後、不完全燃焼な我々は宮之浦テトラにて頑張ったんですが、
バリの子に弄ばれ見事に撃沈でした

ブログをやって思ったのですが、今シーズン最も行く沖磯は都井の様です。その次に市木、続いて堀切下、油津といった感じです。昨シーズンは油津、都井、堀切下、市木の順番だったんですが、シーズンによって私の行動は変わるようです何れにせよ、シーズンは県南ばっかりです。

昔は県北、県南は半々で釣行してたんですが、何故そんなに県南にこだわるのかというと、
理由は…
「県南で腕を磨きたい」ただそれだけです。
少々、生意気に聞こえたらすみませんまた、この件については、お話しする事があるかと思います。時間があったらですね
来週は、個人的には砂岩の上で釣りがしたかったのですが、今週末はこの冬1番っぽい大寒波襲来の予報です。砂岩で形成された油津や日南大島は出港時間が早く、弱っちい私には耐えるのが苦痛です
よって、次ものんびりと都井に行きま~す

☆仕掛け
サオ:シマノ FBグレSP クォーターマスター
リール:シマノ BB-XテクニウムMg2500D FBスプール1700D
使用ウキ:釣研  競R(G2)  スルスルうきEX(M-B)  トーナメントαD(0)   半遊動オンリー 
ライン:オーナー ザイトフラッシュRX1.5号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.5号
使用ハリ:オーナー 元輝グレ3.4.5  グレ競技用4号

1/2 初釣りは再び市木の磯へ…。

 1月2日は大分から帰省してきたLibraデンキウナギ(ヨコテJr.)君と超久々に釣行しました。実は大晦日、私の家に寄る予定だったみたいですが、私は磯の上におりました
 彼は○キューグレの全国大会4位の実績を持ち、G杯では親子で全国大会出場を果たした釣り界のサラブレッドであり、高校時代はあの、D社グレマスターズを2連覇し、昨年も3位に入った名手「よしみっちゃん」と共にウデを磨いていたそうです。libra君とウデを磨き合った学生時代が土台にあったからこそ、よしみっちゃんはあのような偉業を成し遂げたと言っても過言ではないでしょう。私とて、Libra君と知り合って刺激を受けたからこそ、トーナメントでは恥をかかん程度に戦えるようになって来ました。
 最近は少々元気が無い様にも感じますが、Libra君にはそろそろドッカ~ンと花火を上げて頂きたいものです。

 この日は朝マヅメこそ2人してグレのアタリはあったものの、後は磯際やシモリ周り、底周辺の拾い釣りとなってしまいましたサンノジやイチノジのヒット率がヒジョーに高い日でした。

 IMGP0176.jpg
私のキープした釣果です。地グロ800g~1.3㌔5枚、尾長40ちょいのキロジャスト1枚です。

帰りにlibra君の嫁さんの実家に寄らせて頂き、次はチヌ釣りに行く約束をして初釣りを終えました。次にまたLibra君と会うのが楽しみです。チヌは状況の良い日にやりたいもんです!

☆仕掛け
サオ:シマノ FBグレSP クォーターマスター
リール:シマノ BB-XテクニウムMg2500D FBスプール1700D
使用ウキ:釣研  トーナメントαE(00)  トーナメントαD(0α or 0) スルスルうきEX M(B)     半遊動  or  全遊動
ライン:オーナー ザイトフラッシュRX1.5号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.5号→1.25号
使用ハリ:オーナー 元輝グレ2.3.4.5  速手グレ3.4号 グレ競技用3号



年末釣行報告  第四弾!!  大晦日  2008釣り納め  締めくくりは市木の磯で爆釣

 大晦日は朝6時に目覚めました。この日は釣りに行かない予定でした…。
この日、エンジェル大王は大黒瀬に行ってます。大黒瀬は35センチと小ぶりなサイズがメーンながら、かなり釣れているのでエンジェル大王なら間違いなく乱獲してくるはずです
そしてナオピーは市木の「ゴットリ2番」に上がったと連絡が入ります。

 ナオピーに話を聞くと、○○に上がる予定だったけど、波が這い上がるからゴットリ2番に上がったそうです。(磯を公表すると船長に怒られるので、磯の名前は伏せさせて頂きますm(__)m)今時期、○○は面白い磯なので、もう一度船長に頼んで乗ることを勧めましたが、もう釣り始めたから行かないとの事です。
 俺も○○かその近くの××、いや、△△でもいいから行きたいな~なんて考えていると、8時半には我慢の限界で美帆丸に電話してしまいました。すると、「○○空けとくからはやく来いよー」との事ダッシュで準備しますが、着いたのはAM10時過ぎ…。○○に上がり、釣りを開始したのは11時近くになってしまいました状況は、北西の風が強く、ベタ凪です。潮は緩い上りが入ってます。
しかし今日はいつもと違います。何と1投目から800ℊほどのグレが食ってきます最近厳しい釣りが多かったのでテンションが上がってきます!!グレもぽつぽつながら当たってきます。この磯は10年以上前に1度上がっただけなので地形は知らないも同然。PM1時ごろ、逆光の影響が少なくなって海中を観察すると意外な所にシモリが入ってます。この頃からようやく、地形も考えた釣りが出来るようになります。それでも中盤、アタリが渋いのでハリスを1.25号に落としましたが、キロクラスやキロオーバーの割合が増えたので、効率の面からハリスを1半に戻します。食いはさほど変わらんようです。
途中、キタマクラ軍団の猛攻撃を受けましたが、それなりの対策を講じたら即効でグレが食います。この時、今日は半端でなくグレがいると感じました
案の定です。それからは、魚の食い方に応じて微妙に仕掛をチューニングしていくと、パラパラ当たってきます。途中、立ってられないほどの爆風になりましたが、そんな爆風でもグレは頑張って食います。私も頑張って、風を避けて座ったままでやり取りして追加していきます。気がつくと、45cmの活かしバッカン満タンです。ブクブクの泡が足りない活かしバッカンは、半殺しバッカンと化していますよりによってこんな時こそ、クーラーは持ってきておりません食うときはこんなもんです。まぁ、持って来ていても30リッターのフィクセルには先ず、入りきりませんが…。

 10時半からの瀬上がりでしたが、700~1.3キロを26枚でした。キロオーバーは5枚ほど。流石に市木だけあってそこそこ型が良くキロクラスがやたら多かったです。アベレージは900g程でした

IMGP0171.jpg
魚が重なってます。こんな写真しかなくて申し訳ないですm(__)m
他磯も2名で、10~17枚出ている所もありました。私が行く日にしては珍しく全体的に良かったと思います。ナオピーは700~900gを4枚釣っていたようですそして大黒のエンジェル大王は予想通り、700gアベレージで20枚釣ってました

☆仕掛け
サオ:シマノ FBグレSP クォーターマスター
リール:シマノ BB-XテクニウムMg2500D FBスプール1700D
ウキ:釣研  トーナメントαD(0)or(0α) 競R(G2) フカセどんぐりEX(0)or(G2) 半遊動メーン
ライン:オーナー ザイトフラッシュRX1.5号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.5号→1.25号→1.5号
ハリ:オーナー 元輝グレ3.4.5.6号 速手グレ3.4.5号 グレ競技用3.4.5号 ヘッド伊勢尼4号






年末釣行報告  第三弾!!  12/30  堀切峠下・中バエ

 この日は釣り納めのつもりで朝7時、トッキーデンキウナギの愛車に乗り込み内海港へ…。お客さんがかなり多かったようで、出港までかなり時間がかかりましたが、AM10時半、流聖丸は我々を中バエに運んでくれました。釣りを開始するとすぐにアタリがあり、30cmオーバーの地グロが釣れます。それからは尾長の子や手のひらサイズが多いものの、色々と手を講じて30cm~35cmのグレを追加していきます。ただ、頼みの15時以降はツケエすら盗らない悲惨な状態でしたが、型は小ぶりなものの良い釣り納めになりました。

IMGP0169.jpg
この日キープした魚です。私は小さいの4つとカワハギ1匹を頂き、後はトッキーデンキウナギに持ち帰って頂きました。そしてトッキーデンキウナギは無事、4レンチャン釣行と、2008年の釣り納めを終えたのでした。

この時、私も4レンチャン釣行するとは思ってもいませんでした

仕掛け
サオ:シマノ FBグレSP クォーターマスター
リール:シマノ BB-XテクニウムMg2500D
ウキ:釣研  トーナメントαD(0)
ライン:オーナー ザイトフラッシュRX1.5号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.25号
ハリ:オーナー 元輝グレ3.4号






 

年末釣行報告  第二弾!!  12/29 都井腰かけ東に昼頃から釣行

 この日は前日の油津でかなり疲れており、更に雨が降っていたので行かない予定でしたが、都井の「大黒瀬」に上がっているトッキーデンキウナギに電話すると雨でかなり人が少ないとの事。場所はいくらでもありそうなので昼前より釣行しました。トッキーデンキウナギはこの日3連チャン目です。相変わらずガンバッちょりますしかも上がっているのは年末年始は例年絶好調の大黒瀬です。彼のことだからかなりやらかしてくる筈です。私は「腰かけ東」にPM11:30上がりました。心配なのは、現在腰かけ東は殆ど食っていないこと…。更に下り潮と、ここでは最悪の流れです…。

 ただここは都井では最も良く知っていて、得意な磯だと自分では思っているので「絶対何とか拾う!!」つもりで臨んだのですが…。

 サンノジしか釣れんです

 しかし夕方、ウキグレが沖より近づいてきます。東側のシモリの沖の潮目にわんさかいます。どーせ食わんだろうと思いつつ、ウキグレの沖に仕掛けを入れ、そろーりとウキグレの中に仕掛けを引っ張ってきてタバコを吸おうとしているとガツーンとサオを引っ手繰ります

 シモリの向こうで掛けたので慎重に寄せると、1.4キロのグレでした

 しかし、頼みのウキグレも遠ざかり、この日のグレはこれ1枚のみ…。トッキーデンキウナギは600~700gを8枚、ガニマンデンキウナギは600~700gを4枚ほどだった模様。大黒はアベレージが小さいと言っていましたが、何とか坊主を逃れたバーコード釣果の私としては羨ましいです。


 翌日のトッキーデンキウナギとの堀切下釣行にかけます!!予定では、この堀切下が釣り納めです

☆仕掛け☆
サオ:シマノ FBグレSP クォーターマスター
リール:シマノ BB-XテクニウムMg2500D
ウキ:釣研 競R (G2)→トーナメントαD(0)
ライン:オーナー ザイトフラッシュRX1.75号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.5
ハリ:オーナー 元輝グレ5号  グレ競技用4号



 

年末釣行報告  第一弾!!  12/28 油津・ビロー岩

 年末年始の釣行報告を数回に分けて致しますm(__)m
この日は職場の後輩、ナオピーと油津へ行きました。他の同行者はトッキーデンキウナギをはじめとした「デンキウナギ軍団5名」です。渡船はいつもの「くろしお」を利用しました。久々に朝4時とかなり早い時間の出港です

 トッキーデンキウナギ軍団はヒゲバエに3名、アナヌキに2名と分かれて上がり、ナオピーと私はビロー岩に上礁し、夜明けを待ちます。

 夜が明け、釣りを開始します。潮は右から左に流れております。潮下で潮目を攻めていたナオピーに先ずアタリが来ますが、タモ入れ寸前でバラシ…。次もナオピーにアタリがあり、何とキロクラスの地グロをゲットそしてまたもやナオピーにアタリがあり700gクラスの地グロ、更に500g程の尾長を追加しております…。ナオピーはフカセ釣り歴2年ですが、持ち前のセンスの良さに加え、私の周りの強豪釣師(ヨコテJr(Libra君)、エンジェル大王、更にはトッキーデンキウナギetc.)の中で育まれており、それに研究熱心なので彼の上達度は半端ではありません。

 とはいえ、彼はまだフカセ釣り歴2年です完全に釣り負けると港に帰ったとき、トッキーデンキウナギに何を言われるかわからないので少々焦りましたが、その後潮が緩んでからは何とかキロオーバーを交え連発させ、先輩としての面目を保ちます^^;

 それからは、ウキグレが出現します。こいつらはあまり釣れないのですが、今日は何故か たまに食ってきます!しかも良く引きます!!ただ、流石にハリ掛かりは悪く、すっぽ抜けも多いです。今後のために、ウキグレをもっと効率よく釣る方法を考えてみようと思います。

 それと、吃驚したのはこの日、ウキグレが姿を消した時は必ず普通に釣れる事です。ただ、シモリ周りや磯際でのアタリは皆無だったので、まだ瀬には居付いていないようです。完全にウキグレが瀬につけば、大爆釣の日も出てくると思います。

IMGP0165.jpg
この日のナオピーの釣果です  500~1.4キロ9枚です。この中にはナオピー記録の45.5cmの地グロも含まれております。ナオピーおめでとう

IMGP0168.jpg
私の釣果です。700~1.3キロ11枚です。

 その他仲間の釣果は、トッキーデンキウナギがヒゲバエで5枚、ガニマンデンキウナギさんがアナヌキで3枚やったようです。型は恐らく700~800g位だと思います。 

 船長さんの話だと、他は外浦崎北が型の良いのが7枚ほど、外浦崎大ワレが4枚、ムカゼで6枚ほどで、後は良くわかりませんが、厳しかったようです。まだ瀬ムラがあり、我々はついていました。しかし、本日のグレは白子放出中だったので、今後はかなりのエリアで安定してくるのではないかと思います。

☆仕掛け☆
サオ:シマノ FBグレSP クォーターマスター
リール:シマノ BB-XテクニウムMg2500D FB1700Dスプール
ウキ:釣研 競R (G2)→トーナメントαD(0α)、トーナメントαE(00)、競R(0)
ライン:オーナー ザイトフラッシュRX1.5号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.5→1.25号
ハリ:オーナー 元輝グレ5号→元気グレ4.3.2号

明けましておめでとウシグレ♪

blogを見て頂いてる皆様方、明けましておめでとうございます♪今年も宜しくお願い致しますm(__)m
blog更新遅くなりすみませんm(__)m年末年始は釣りに行ってないからblog更新しなかった訳ではありません。逆に行き過ぎて少し億劫になって更新遅くなった訳であります(^_^;)因みに12月28日は職場の後輩、ナオピーと油津ビロ岩へ、29日は単独で都井の腰かけ東、30日はおなじみのトッキーデンキウナギと堀切峠下ナカバエ、大晦日は串間市市木付近、1月2日は久々に仲良しのヨコJr.君(Libra君)と市木付近の磯にそれぞれグレ釣りに行って参りました。かろうじて寺建立お坊さんはありませんでしたがバーコード釣果はあります(^_^;)他は二桁釣果や、10時半から行って700~1.2キロ26枚の爆釣もありました。それぞれの詳細報告はもうしばらくしてする予定ですが、12月28日は「釣り吉たけちゃんのブログ」で、1月2日は「Libraの釣りblog」で記事があると思いますので、リンクから覗いて見て下さいね♪

宜しくお願い致しますm(__)m
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

隠岐阿見

Author:隠岐阿見
釣りが大好きな43歳♂
宮崎県南の磯や波止をメインフィールドとして、大分や鹿児島方面にもちょくちょく出かける週末アングラーです。年間を通してグレやチヌ狙いのフカセ釣りメインです。灼熱下でも行きます!!チョイ投げのキス釣りや近場の夜釣りも大好きです。

釣ファンに連載執筆中。南のつりにも登場したりします。

主な愛用タックルはシマノ、釣研、オーナーばりetc.

♪所属クラブ♪
☆S.W.F.C大分(シマノワンダフルフィッシングクラブ大分支部)
☆夢限釣行FC
☆チームシーガー


宜しくお願い致します!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード