3/29 仲間たちの釣果

 私の仲間にはG社製品愛好者のクラブ「GFG」に在籍している釣友も多くいます。その仲間のうち、マサヒロ君とマサカノさんがGFG杯のチヌ釣り大会に参戦し、マサヒロ君が4枚で優勝マサカノさん も6位と健闘した模様です
photo mimitu090329 1
場所は自由で、美々津に行ったとのことですが、マサカノさんはグレも釣ってますね

mimitu090329 2
彼等を見ていると、どんな場所でも着実にチヌを釣っています。状況に応じたチヌ釣りがしっかり出来ているんでしょうね後輩ながら、見習いたいものであります
九州大会はトーナメントとの事ですが、是非とも、頑張って次のステージに進んで欲しいものです


 もう一つ仲間たちの釣果!!!
 Hヤマダ君が錦江湾内の瀬渡し船にて桜島・黒神近辺の磯に渡礁し、700~1.6kgクチブト5枚!!潮・風向きとも悪くなってきたので昼に帰ったそうです噂には聞いていましたが、Hヤマダ君の腕もさることながら、錦江湾内のグレの魚影も素晴らしいようですね♪攻めてみたいです!!!

 Hヤマダ君、連れて行って下さい
スポンサーサイト

3/29 垂水・牛根境近辺の砂利浜

 この日は、YAZAWA純ペイさんに電話してみると、某メーカーの大会に参加しており、久ぴょんさんとともに牛根境港近くの砂利浜にいるとの事です。私は大会には参加しないけど、暇です。
けど雨だし、北東の風が強く宮崎県南は時化…。
思いつく場所は錦江湾しかありません

 どうするか迷っているとトッキーデンキウナギよりメールがきます。
 「まだ釣りしてないの?どうせ行くんだから早く行かないと時間の無駄だよ。後から見に来るわ!」 とのこと。確かに、トッキーデンキウナギの言う通りですねぇ…素晴らしい悪友です

 遠い、寒い、よだきい、と、三拍子揃っておりますが、とりあえず11時に宮崎を出発して行ってまいりました。

 都城で渋滞にはまり、ダイソーでトッキーデンキウナギと合流。トッキー家の愛犬、ヒメが私を見て?!大喜びです
トッキーデンキウナギはマイゴムボートにも「姫丸」と名付けるほど、このワンコを溺愛しちょります

 PM1時に純ペイさんのいる浜に到着すると既に大会の検量準備で道具をたたんでおりました。
 
 んでもって、大会に参加していない方2名(九州真ぐれ会)とサオを出します。
 IMGP0345.jpg


トッキーデンキウナギはヒメと散歩しよります。
 
 右斜め沖からの風が強い上、気温が低く、ヒジョーに寒いっす

ここは特に下げ潮の時は、深みまでの位置がかなり近いので比較的近いエリアを攻めます。 
 数投目、仕掛けが馴染んでしばらくした頃、ラインを引きずり出すアタリです。アワせると危険な引き でアートレータが悲鳴をあげますスピードもパワーも半端ではありませんチモト付近で切れました。コロダイかとも思いましたが、スピードはコロよりも速かったですね…。

 やがて上潮は風で思いっきり左へ、底潮は思いっきり右へ流れます。当然、ウキを浮かした状態だと道具は思いっきり左に流れるので、沈めるほかありません。底潮はいつもよりも力強いので、道具が底潮に乗れば確実に潮に乗るため期待は膨らみます。カケアガリ付近を流すと40cmクラスが1枚来ましたが、後はツケエすら取られません

 私よりもチヌ歴の長いトッキーデンキウナギの読みだと、「タナは浅いんやないかな」とのことでしたが、浅く釣ると確実に底潮に乗せきらないので今回は攻めきらなかったですね。この辺は今後の課題です。

3時過ぎ、検量を終えた純ペイさん・久さんたちが遊びにきました。
ゴン太さん とも久々にお会いできて、楽しかったです

 向かい風の上、気温も低く寒い中、4時まで釣りもせずにお付き合い頂き、ありがとうございました純ペイさんと共にトッキーデンキウナギと愛犬ヒメも帰っていきました。
 あ…しまった彼らと犬の写真を撮るのを忘れてました

よって、残念ながら彼らの写真は掲載出来ないものの、仲間達とお会いするという目的は達成したので、後はこの向かい風と2枚潮をしっかり攻略したいところです。

悪あがきした結果、今回も釣研の「フカセどんぐりEX(3B)」と「BIG水中(2B)」が活躍してくれました
IMGP0316.jpg

 今回はアタリウキも沈めました。沈めてもアタリウキのフカセどんぐりは「3B」ですから浮こうとする力は働くわけで、水中ウキと引っ張り合いながら沈んでいく感じになると思います。途中から急深になっているこのような地形では有効かも知れませんね。道糸が根に触れる確率も、単体ウキ使用時よりは少ないと思います。また、少々無骨なライン修正であっても仕掛けが流れの軌道から外れにくいです。
 上潮がラインを引っ張る影響で、仕掛けとマキエがクロスする時間が短い状況であっても、単体ウキよりはマキエと仕掛けがクロスする時間が長くなると思います。合計重量が20gを超えるウキが底潮にのるわけですから、これは当然ですね。
 単体で20gを超える円錐ウキといえば、びっくりする位大きいですからね(笑)

  ただし、大きな欠点もあります。それは…
「高切れしたら、ウキ2個、ロスト」の可能性もあるという事です。今回も最後に高切れしましたが、アタリウキだけは何とか回収できました。

 まぁ、数ある対策の内の一つには間違いないですが、もし、気になる方がいれば、使ってみてくださいです♪

 IMGP0344.jpg
今回の釣果です。大きくて45cmを切るサイズまでと、やや小ぶりですが4枚です。5時過ぎに雨が降り始めたので辛くなって帰りました。

 釣果のうち2匹を活かしたままぴちょんさんに献上し、帰宅しました。

 
 それと、久々に仲間たちの釣果情報がチヌグレ共に入っておりますので、後程更新致します!!

3/28 大堂津港

 この日は昼まで仕事でしたが、朝7時に目覚めると同時にエンジェル大王より電話が入ります。
大堂津に来たんやけど何処が食うね? 」
大きな声なので、私は完全に目が覚めました(笑)小雨の中、釣りにいった模様です
まぁ、大王のことだから、こんな雨でも確実に結果を出す筈です。

仕事が終わって午後から行く旨を伝え、出勤。

仕事を終え、帰る頃には雨脚が強まっておりました

家に帰り、ガソリンスタンドでオイル交換しながら、この雨の中釣りをするべきか否か悩んでいると、エンジェル大王より電話が入ります。
食うたよ!多分50cmあるわ!!なんしよっとけ!!!はよ来んや!!!! 」

勿論、ダッシュで準備して行きます。

IMGP0343.jpg
50.5cm ここのチヌは、体型の割に口がやたら大きい個体が多いです。

 で、勿論私も釣りを開始した訳ですが、開始直後は23~27cmの超メイタ(全てリリース)が連発したものの、その後はエンジェル大王がヒダリマキを釣る始末

 私は大王が帰ってからもPM6時迄粘りましたが、ごく希に「超メイタ」が当たるのみ…
 私のハリにもヒダリマキが食ってきた所で納竿としました

 半日でしたが、雨のためヒジョーに肌寒かったです…。

 
 翌日の3/29は錦江湾に釣行しましたが、その模様は後日報告致します


3/27 堀切峠下のチヌ

 遅くなりました!!
 
 この日は、同僚のこの男と年休釣行です
 IMGP0339.jpg
 嬉しそうにマキエを混ぜよるのは「ナオピー」です。


 IMGP0337.jpg
 私が今回用いたバッカンと集魚剤の一部です。
 
 流聖丸を用いて堀切峠下「ナカバエ」に上がりました。ハナからチヌ狙いで瀬渡し船に乗るのは私自身、初めての様な気がします。

 ツケエすら取らない厳しい状態でしたが、デリシャスなカワハギが当たってくれましたある意味本命魚です

 そしてナオピーが最初にサオを曲げ、IMGP0340.jpg
40cmオーバーの大本命ゲットですこの人のフカセ釣り歴は2年に満たないのですが、本当に良く釣ります

 それから連発ヒットかと思いきや、バラシがあったのみで食いません途中、グレらしき気配を感じたので狙って見ると、大きくて25㎝のグレが食います。グレのサイズアップを狙ってこいつらの分離を試みると、ウキ下1ヒロ強でフカセどんぐりEX(G2)が消し込み、何故かチヌが当たって来ました

 こーゆーのは複雑な心境ですねぇ…。

 その後、アートレータをひん曲げるのは、サンノジや正体不明の魚がメーンでしたが、何とかチヌを2枚追加出来ました

IMGP0341.jpg
この日の釣果。チヌ41㎝1.1kg~44㎝1.6kg3枚+カワハギ…
バラシやサンノジを含め、サオを曲げたのは7回程しかなく、ヒジョーに暇な時間が長い釣りでした

 最近になって、いろんな場所でチヌを狙って見て感じたことは、グレと比較し、場所によってかなり狙い方が変わってくると言う事ですかね…。グレはホームグラウンドでの釣り方でかなり応用が効くと思うんですが、チヌはそうはいきませんね地形を把握している人が有利な気がします。
 どんな魚でも専門に狙うと奥が深いですね。

この日は我々以外はグレ狙いだった様ですが、グレは25㎝クラスが数食う場所はあったものの、産卵に入っているのか産卵能力のあるサイズのグレは厳しい模様でしたチヌは他瀬の1ヶ所で1枚は釣れていました。

 ただ、先日は2番で釣友のサコさんがキロオーバーを含めたマダイ4枚上げているので、マダイの楽しみも出てきましたね!! 

3/22 油津西町防波堤寺

 この日は大分のハリーさん とともに巨チヌ狙いに行く予定でしたが、悪天候の為、今回は中止となりました時化、強風、雨と三拍子揃っていたので仕方ありません。明らかに中止で正解でした。

 だからといって、3連休の最終日に家の中でボーッとしてるのは余りにも暇です。こんな時は釣れない可能性が高く、1人で行くと暇過ぎます…よって、暇そうな「この男」↓と大堂津で待ち合わせます。IMGP0334.jpg
昼過ぎにやってきました♪

実は、マサヒロ君とマサカノさんも大堂津にいるのですが、健脚の彼らが行くところは結構歩くので、余り歩かなくて良いところから海を見ると、

コーヒー牛乳の様な潮色です

マサヒロ君にメールしてみますが、「釣れん」との事なので場所移動です。
IMGP0333.jpg

ティヌ吉を狙って見ると、アジらしきアタリです。アジのフカセ釣りをしたことがある人ならわかると思いますが、ヒジョーに掛かり難い時の当たり方です。こーゆーのは燃えます!!

アジを狙って見ると、ようやくヒット!イカ泳がせ釣りの餌に丁度良いサイズ…。
掛からないサイズのアジに苦戦しつつこのサイズを狙っていると、結構良い引きをする魚がヒット。

メイタかと思いきや、浮いてきたのは刺身でもいけるサイズのアジ25センチほどですかね。漁港の、船が係留してある真横で、こんなんが釣れるとは思いませんでした。大分県南ではこんな所でも良型アジが良く釣れるんですけどね。宮崎県南の漁港で、日中にこのサイズのアジを釣ったのは初めてのような気がします。

ウワモっちゃんも当然ながらアジを狙います!

その後も狙っていると、先ほどのより、少し大きいアジがヒット
こりゃ、このサイズのアジが結構いると推測し、粘りますが、数度、掛け損ねのアタリがあったのみでその後は沈黙…追加するには至りませんでした。

釣りを終えて帰ろうとしているとマサヒロ君達から写メが届きます
photomasama0315.jpg
釣れんとか言ってたのですが、帰りまでにはしっかり釣ってますねぇ…。大きいので30cmちょいって所です。しかしあの濁りで良く粘り、よー釣りましたね

IMGP0336.jpg
私の釣果です。アジなら、もっと数釣らにゃあいけませんよねぇ…。

まぁ、今日はアジ釣りだし、何とか出家は免れたかな…
と思ってたんですが、うわもっちゃんより「今日はチヌ釣りだから、寺建立!!」と怒られました

という訳で…

寺建立情報
油津港西町本願寺 住職…ウワモっちゃん・隠岐阿見



3/20 桜島釣行  続編…造船所横の砂浜に移動

  IMGP0330.jpg

報告が遅くなりました…。Libra君やham太郎君、とっくんと別れてから、山下造船所の波止を覗いてみます。ここは以前、ぴちょんさんと良くマダイ釣りに行ってた場所で、マダイの釣果が気になって覗いた次第です。釣りをされている方2名に状況を聞いて見ると、朝方はアタリがあったものの、今は良くないとの事…。話を聞くと少々迷いましたが、この波止横の砂浜は以前から目をつけていた場所なので、入ってみる事にしました。午後3時釣り開始です!!IMGP0329.jpg
 ボウズを恐れていては開拓出来ませんしね…。
 ただ、ここにチヌがいるとは確信はしています。問題は向かい風とうねりです。向かい風でウネリが出るものだから、潮が下げても中々釣座を前進させる事が出来ません…。と言うか、「潮が下げた気がしない」と言った方が妥当です。向かい風ですから当然、仕掛けは「飛ばない」「馴染まない」と、悪い意味で3拍子揃っております。
 しかし、今日の私は何故か前向きです。前向きに頑張ると良い事があるようで、風の合間に47cmのチヌをゲットです。
 1匹釣ったところでボーッとしていると、どこからともなく「釣れますかぁ?」という声が…。振り返ると明らかに私より若い男性がたっております。話をすると嫁さんとドライブがてら、釣場をチェックしているとの事。さらに色々話していると、某携帯釣りサイトで「バゴ」と言うハンネでたまに投稿している方でしたで、このバゴさんとマシンガントークしながらラインを見ていると、はっきりとしたアタリが…!!アワせるとかなりの重量感ですが、道糸に藻が絡みつき大変なことになってしまいました
何とか藻を取り除いて取り込み成功!!
IMGP0328.jpg
腹はそこまで大きくはないものの、体高があって堂々とした魚体です。53センチくらいあるかと思ったのですが、51㎝、2.8kgでした今季5枚目の50センチオーバーです…。
で、その後もバゴさんと喋りながらテキトーに釣っていると、ラインに反応が…
これも明らかにティヌのギュイーンです目一杯タメて堪えるが、のされます糸を出してタメますが、またもやのされますんでもって生体反応は消えましたが、仕掛けに海草が絡んで上がってきました…。硬い岩か何かに当たって切れた感じです。海草が生える「何か」が沖にはあるようです。バラシが祟ったのか、その後はチヌはあたらず、マゴチが当たったのみで終了
IMGP0332.jpg
その釣果です。

 その後、造船所横の波止マダイが気になったので、釣りをされている方2名と話してみました。マダイとメイタがそれぞれ上がっておりました!ただ、この日は潮が悪く、数は出なかったみたいです。折角なので暫く話し込んでいると、何と私と同じく宮崎から来られたそうです。しかも少し前に一緒に釣りをしていたLibra君のブログ読者だそうで、その人もブログを出しているとの事でした!!!チェックを入れてみようと思います
 この日はバゴさんも含めて、釣り人との交流が多かったですね釣果よりも貴重なものを得た気が致します

 最後に気になる「TDグレチヌ釣り大会結果」ですが、全体的に釣れていない中見事、52cm頭に4枚釣ったlibra君が「優勝」だったそうです。
IMGP0327_20090325144603.jpg

おめでとう!libra君



IMGP0326.jpg

ham太郎君も入賞した模様です

 3/20 寺建立情報 桜島避難港寺  住職…とっくん 

 その他錦江湾多数IMGP0323_20090325143511.jpg


3/20 昼頃より桜島へ釣行

この日は釣友のLibra君(ヨコJr.)が「TDグレ大会」に参加するため、大分から夫人同伴で錦江湾にやってくるので行くつもりだったのですが、何故か、腰の調子が悪いです(ーー;)変な使い方をしたつもりはないのですが…。トッキーデンキウナギと同様のギックリの前兆でなければ良いのですが…。

ちゅー訳で、今回はやめておくつもりでした…。

 ところが7時に起きて8時過ぎに何気なくLibra君のブログを見ると、「業務連絡…  隠岐阿見さん 夜明けまでに錦江湾へご集合ください」と書いてあるじゃないですかところが現在、8時半…。田野在住の「kiyoさん」も行くとの事ですが、夜は仕事があるらしいので別々の車で出発です。

 途中、libra君に電話すると「50センチオーバー頭に4枚釣ったよ」との事で、久々にお会いできるのも楽しみですが、好釣果も期待出来そう です一緒に釣っているham太郎君は1枚ゲットし、とっくんはまだ釣れてないけど頑張っている模様…。

 で、現場に到着して見ると、
IMGP0322.jpg
IMGP0323.jpg
ham太郎君ととっくんはこんな感じになっておりました
どうやら、釣れんなった模様です…

IMGP0327.jpg

唯一この男は起きておりましたが、エギ竿をしゃくっておりました

んでもって、気になる朝方の釣果を見せてもらうと…
IMGP0324.jpg
最大52cm流石はLibraデンキウナギ…

これを見てやる気が出なけりゃ、ウソですよねとりあえず、kiyoさんとともに道具スタンバイ…。

IMGP0325.jpg
ham太郎君もようやく起きてきました
IMGP0326.jpg
そんまま釣り開始です!すると向かい風が吹きはじめます。
釣り開始して1時間半しても、反応無しです。

Libra君、ham太郎君、とっくんと相談して移動することにしました。
まあ、今日は魚を釣る事よりも、この人達とお会いすることが主な目的だったので、目的は達成です。

私は別の場所にて1人で釣る事にしました。ここからは寺建立逃れの為に頑張らなきゃいけませんですな…。

その模様はlibra君の結果報告と合わせて、後程お届けしたいと思います。





 

仲間達の釣果   3/18 市木周辺

今回はグレの情報です
simara-K kouzima
シマラーKさんが市木方面の沖磯へマリンブルーを用いて渡礁し、500~850gのグレを7枚と好釣難しい市木で流石の釣果です内訳は、オナガ6、地グロ1とオナガの割合が圧倒してます。オナガをこんだけ食わせれば楽しい釣りだった筈です
一方の地グロですが、大半は産卵に入ったものと思われます。よって、狙い目は当分、オナガでしょうね
 市木沖磯の条件の良い日は、油断しているとキロオーバー~50センチクラスのオナガが連続急襲してくるので侮れません。時期的にこれからが良かった気がします。

 
 明日はティヌ狙いの予定ですが、グレの話を聞くと、グレに行きたくなりますね

仲間たちの釣果  3/15 日向  3/16 堀切峠下 3/15 錦江湾

3/15マサヒロ君、マサカノさん が日向の磯にて最大40cm近いサイズまでのアジを73匹と爆釣しております。一回り大きい魚は「サゴシ」です。
はっきり場所は聞いておりませんが、恐らく美々津の磯じゃないかとおもいます。当日はトッキーデンキウナギと「内之浦」に行ってた日ですが、2回、マサヒロ君の携帯に電話しても電波が届かない状態でした。入れ食いで携帯の電源すら入れるのを忘れていた模様です(笑)
masakanomasahiro0316.jpg
現在、私はチヌのプラクティス中ですが、こんなにアジが食うてるのを見ると、行きたくなりますねぇ…。因みに乱獲は午前中だけで、午後は南よりの風+ニゴリであまり宜しくなかったとの事です。

3/16連続釣行乱獲男トッキーデンキウナギが又もやいっちょります
 琉聖丸を用いて堀切下に渡った模様。

 下の写真は、その日釣った中で最大のチヌ51㎝です。

tokkidennki0316.jpg

全ての釣果は、グレ680g1枚とチヌ45~51㎝3枚でしたが、途中より南東の風が吹き出し時化はじめ、回収となってしまった模様…。9:00~14:30まででこれだけ釣れば、充分やと思います。

同じ日、九州真グレ会宮崎のいとさん、南のYoーkoさんも堀切下に干潮時のみ釣行された様ですが、グレ、カワハギ等釣っちょります!!
詳しくは釣りは気ままに汐まかせで見る事が出来ます

 そういや、3/15うわもっちゃんが従兄弟と錦江湾の山下造船所付近の岸壁に行ったようですが、チヌは45cmが1枚で、釣り人が増えて釣り難くなったので移動したらしいのですが、防波堤はおろか砂浜、砂利浜まで満員御礼とのこと空いている場所でもう一度サオを出したみたいですが、河豚の猛襲でダメだったみたいです。
 錦江湾は釣り情報サイトで情報が出回っているので、土日、祭日は特に人が多いと思われます。情報を見て、釣れているエリアに行く人も結構いらっしゃると思いますが、情報が乱立した時は釣人がかなり増える事が予想されます。よってそんな時は他のエリアに入るのも一つの方法やと思います

 しかしながら、3連休は既に2日、錦江湾の予定が入っております
 動向をみて、釣場選択しようと思います…。

3/15 ウッチーへ…

コピー ~ IMGP0213
 今回もこの人と釣行です。数日前、3度目のぎっくり腰にかかって腰の調子が思わしくないトッキーデンキウナギ…。それでも早朝から行きます
 場所はウッチー(内之浦の地磯)です。狙いは巨てぃぬです。ぎっくり腰のトッキーデンキウナギには余り移動しなくて良い、比較的足場の良い場所に入ってもらいます。IMGP0305.jpgこんな感じの足場です。

 私は移動するまでが少々だるいもう一つの釣座でやろうと思いましたが…
IMGP0306.jpg
釣座(右下)はこんな感じで波を被っているので、潮が下げて移動することにして、少し取りこみに難がありそうな、正面がシモリだらけの場所でやってみます。デカイのが食うて来たら困るなあと考えていると、食うて来ました…。非常に重い奴でしたが、やはり道糸からシモリに巻かれてしまいましたんでもってウキまで奪って逃走しやがりました
 ウキは回収しましたが、こんなとこでやってたら折角巨チヌを掛けても無駄な抵抗となってしまうので、潮が下げたところでへ移動です。
IMGP0306.jpg
 横風もしくは斜め方向からの向かい風がほぼ、1日中吹いており、ヒジョーに釣りにくい1日でしたが、何とか…
IMGP0312.jpg
 51~51.2センチと全て似たようなサイズ3枚。
 IMGP0316.jpg
 使用タックルはこんな感じです。最近流行らなくなった水中ウキが大活躍してくれましたごらんの通り、水中ウキは大きめのアタリウキ(フカセどんぐりEX 3B)と大きさが変わらないくらいデカイものを用いました。その名も、釣研 BIG水中強風で釣りにならない時は、威力を発揮してくれることもあります。

 んでもってトッキーデンキウナギですが、50センチオーバーを釣ったものの…
IMGP0310.jpg
イラでした
IMGP0311.jpg

「よっしゃ!今日は イラ釣り だったから何とか本命ゲット!寺建立せんでよかったー」とほざくトッキーデンキウナギですが、

宮崎県南において、「イラ釣り」をする人などおりません…。

たまには寺を建立してもらわにゃあ困りますな

ぎっくり腰でも容赦はしません。ハンデです

寺建立情報
鹿児島県・ウッチー寺  住職…トッキーデンキウナギ
大分県・別府湾防波堤寺  住職…Libraデンキウナギ

週末は久々の寒波…

 今週末は久々に寒くなる様です。土日とも12度か13度位までしか気温が上がらず、日曜の最低気温は2℃位になる様です。北西の風も強い模様…。
 予定では日曜、トッキーデンキウナギとともにチヌ狙いに行く予定だったのですが、予定した場所は北寄りの風に弱いエリアなので今回はちと、厳しいでしょう…。そんなら錦江湾へ行けば良いのですが、我々が行く「福山~桜島近辺」は西寄りの風が強いと釣りになりませんそれなら堀切下や幸島といった北西の風でバッチリやれるポイントに入れば良いのですが、現時点ではかなり波、ウネリともあります。

明日、西寄りの風が吹きまくっても、ウネリが完全に落ちるとは思えん状態です…。

という事は又もや、防波堤釣行になりますかな…


 話変わって来週の3連休は、錦江湾の巨チヌを狙いに、二人の大分の釣友がやってくる予定です!! 但し、同じ日ではなくて、連休初日の金曜(春分の日)と、連休最終日の日曜にバラバラにやってきます!!

 連休初日(春分の日)にやって来るのは…
yokotemasakazukamaegure_20090313165716.jpg
この人、ヨコJUNIORことLibra君です!この人もトッキーデンキウナギ同様、デンキウナギですが、数年前に宮崎から大分に転勤しております!!良く一緒に釣行した仲良しの1人なので、早く宮崎に転勤してこんかなーと思っちょります。

「この人、何となく知ってるよーな気がするけど、身に纏っているモノが違うなぁ…。」
と 感じた貴方は正解です最近格好が変わっております。

 このブログに登場する人の中では Ham太郎君 の次くらいに有名じゃないでしょうか…。腕も去る事ながら、人との繋がりをとても大事にする人です。釣り以外にも見習うべき部分は沢山あります。ちと、褒め過ぎましたかね…(笑)

連休最終日にやって来るのは…

写真はありませんが、シーガープロスタッフのハリーさんです!

米水津に釣行する際はいつも丁寧に情報を提供して頂き、感謝しております。この人も大分の名手の1人で、やはり、見習うべき部分は釣技以外にも沢山あります。

釣雑誌、「○恋人」に良く登場している人です。色白の背の高いイケメンといえばわかる人も多いかも…。
ただ、釣師なのになぜ、あんなに色白なのかは私も良くわからない所です


この人たちには是非とも、巨チヌを釣って頂きたいところです。
ただ心配なのは、わざわざ遠くから来ていただくのに「西寄り風」がふいていたらどうしようかという事です。前述した通り、あの一帯は西風が強いと釣りになりません

その辺はまた、話し合って決めたいと思います…。

シマノジャパンカップ・シマノ鱗海カップ

ジャパンカップ鱗海カップの募集要項が釣具店に並びはじめました!興味のある方は以下をクリックしてみて下さいです
http://fishing.shimano.co.jp/event/index_2009.html

 ジャパンカップ磯には今年は予選から参加なので、 「九州A大会 …下天草高浜(熊本県) 」と、「九州C大会 米水津(大分県)」 の2ヶ所を申し込みました。今年も出来れば、セミファイナルに参加したい所なんだけど、狭き門ですから厳しいでしょうねぇ…是非とも4回目のセミファイナル、そして2回目のファイナルを目指したいところです
 大会で燃えるのも良いのですが、人との繋がりが広がるのも大会の楽しいところですよね
「うわもっちゃん」とは米水津の予選で知り合えたし、 「エンジェル大王」とはお互い、名前は知っていたものの、一緒に釣行するようになったのはこの予選会場がきっかけでした
 
 数年前、足摺岬でセミファイナルが開催された際、1人でどうやって行けば良いものかと悩んでいると、今は亡きH氏が一緒に行くように勧めてくれたのが「シーガープロスタッフ・延岡のKさん」でした。その繋がりで同じくシーガープロスタッフの大分在住、ハリーさんと知りあう事が出来ました。ちなみに、その時のセミファイナルは1勝1引き分けだったものの、ポイントの関係で上がれませんでした。
 この時知り合ったハリーさんとは今月22日、巨チヌ狙いで錦江湾へ一緒に行く予定です
 交流を広げてくれたHさんは30代の若さで亡くなってしまいましたが、一度くらい一緒に釣りをしたかったです。本当に悔やまれます。

鱗海カップ4/12(日)開催の九州大会 (鶴見) へ参加予定です。そしてその翌週18(土)19(日)は昨年台風で延期になった鱗海カップ全国大会が開催されます。今年の予選の後に昨年の全国大会があるのも変な感じがしますが、延期でそうなった訳だから仕方ないですね。全国大会には運良く出場が決定しているので、2週レンチャン鶴見釣行決定です予選は全国大会の下見を兼ねて参加という感じで行きましょうかね

仲間たちの釣果!!

photo_20090311164928.jpg
マサヒロ君マサカノさんの錦江湾山下造船近くの波止での釣果!!

個人的に昔は良く行っていたのですが、最近はいっちょらん場所です。

 先端には人が既に入っており、マサヒロくんの話やと内側で釣果を得たとの事サイズは、マダイ46センチ、ちと忘れましたが、チヌは50センチオーバー混じりやと思います。
 
 仕掛けがなじんでボーっとしてる時に良くアタリがあり、そこに納得いってないみたいですが、この考え方は流石ですね!!
私なんか、チヌ釣りの時は電話やメールの最中に当たるもんだから、チヌが釣れない時はメールをしよります!!
 不思議と良く当たるんですよねぇ…これが

photoggaderrhhhhhhhh.jpg
あと、この写真はYAZAWA純ペイさんか久ぴょんさんのどっちかだったんですが、忘れました

SWFC大会の賞品

そういや、書き忘れておりましたが、SWFC大分 宮崎グレ釣り大会で頂いた賞品です
IMGP0281.jpg

フィクセル・ライト 220
持ち運びしやすい、3.7kgの軽量モデル。

●上から引き上げる両面開きフタ
●フタは落としただけでロックがかかります
●左右が壁に挟まれていても、フタが外れます
●本体内部に補強リブを設け、ボディ全体の強度を大幅にアップ。軽量化も両立
●ハイグリップラバーで、安定性と直立性を確保
●ワンアクション水栓で、内部の水を簡単に抜けます
●本体インナー部素材に抗菌剤ノバロン®を採用。細菌の増殖を抑制し、清潔にお使いいただけます
●天面、底面、側面に断熱材を配置。高い保冷力を誇ります


これは今年の新製品です大きさ的にも、その辺であそぶのには丁度良いですね
内容量は22リットルと、そこそこ収容できる割にコンパクトなので、車に積む際、スッキリと収納できそうです。この点は、何かと荷物がかさばる磯釣りでは重要な事ですね

フィクセル・ライト300、スペーザとあわせて活躍して欲しいものです。

巣立の季節

卒業式の季節ですね。私の職場でも例外なく…IMGP0284.jpg

学生も人間ですから、色々な人がおりますねぇ…

その中で、「卒業させたくないタイプ」を2パターン挙げてみます。

一つは、素行、成績などから社会に出てやっていけるのか心配なタイプ…
もう一つは全く逆で、成績優秀で学生さんを良い感じでまとめ、良い方向へ導いてくれるタイプ…。
IMGP0282.jpg
T君。この人は後者ですねぇ…。来年も2年生をやってくれといったら、「丁重にお断り致します!」との事でした(笑)学生さんからは○○リーダーという風によばれておりましたよ
T君は以前、偶然にも私の知人が複数いる職場に勤務しており、入学前には知人から「かなり良い奴だから宜しく頼むわ~」と言われてたんですが、その通り気が利く、頼りになる学生さんでしたよ!

そういや、「磯風来坊さん」とも仕事関係でつながりがあったようでしたね
私とは歳が結構近いです。県外に行っちゃいますが、頑張って欲しいものです!!


カメラが大好きです(笑)
IMGP0287.jpg
卒業式の最中だろうが、カメラに気付くとVサインしちょります
IMGP0288.jpg
IMGP0289.jpg
涙の答辞…。

IMGP0292.jpg
ガラのわるい連中です(笑)

IMGP0283.jpg
教室での1コマ

IMGP0286.jpg
IMGP0300.jpg
IMGP0298.jpg
式を終えて記念撮影ってとこですかね

在校生の教室も撮ってみました。
IMGP0293.jpg
このブログでは磯で登場する人の1人ですが、今回は教壇に立っております

たまには、釣り以外のネタも良いですかね??
ブログ間違えたとか思わないで下さいね(笑)ここは夢限釣行ファイルでございます!!

3/8 第5回 SWFC大分 宮崎グレ釣り大会

久々に所属クラブの1つである「S.W.F.C(シマノワンダフルフィッシングクラブ)」の大会が開催されたので行ってまいりました!!集合場所である米水津の渡船「千代丸」の待合所に2時半、到着です。

待合所の写真です
IMGP0272.jpg
宮崎から参加のメンバー。ご存じ左からエンジェル大王、猛ちゃん、シマラーKさんです。
IMGP0273.jpg
支部長シュージさんを盗撮します言わずと知れた事ですが、大分県南のカリスマ釣師の1人です。
IMGP0275.jpg
ヒジョーに写りが悪いですが、大分メンバーの何人かです。09GCチヌ2連覇したSブラザー弟さんも写っているのですが、ヒジョーに写りが悪いです

 帰ってから気付いたのですが、デジカメのモードがポケットの中で切り替わっていたようで、ろくな写真がありませんでした
次回以降気を付けなきゃいけないと反省です…。

で、クジを引くと4番。宮崎の初参加メンバー「シマラーKさん」と同礁することになってしまいましたネコバエという磯に上がります。湾内よりが良いとの事だったので、期待が持てます。
IMGP0278.jpg
場所交替をしながら釣ります。

当日の「ネコバエ」の状態ですが朝マヅメはタナが深いがアタリは鮮明で、中盤は浮いてきたり沈んだりと、タナが不安定ながらパラパラ食う状態。タナは回収前までそんな感じでしたが、回収前のアタリ方は激シブでした

大分方面は上げ潮や下げ潮ではっきりと流れが変わるのですが、当日ははっきりした上げ潮、下げ潮が走らず、フラリフラリとしておりました。

IMGP0279.jpg
ネコバエでの私の釣果です。0.7~1.1kg7枚でした。うち、キロオーバーは3枚です。

今回、08極翔1.2-50を使ってみたのですが、旧極翔と比較し、かなり軽いです。なのに旧極翔と同様にパワーは健在で、700程度のグレはブリ上げが楽に出来ました。ジワジワとパワフルに魚を寄せてくるので、やり取りも楽です。魚をあしらうのはクォーターマスターの方がやりやすいですが、思いっきりタメて、魚を寄せるのは極翔の方がやりやすいです。

購入を迷われている方には自信を持ってお勧めできます。

2匹までの重量を競うので、釣果のうち、大きなグレを2匹、検量に出してみたのですが、2.3キロ程で何と1位でした

IMGP0280.jpg
久々にトロフィーが宮崎にやってきました次回大会まで私が保管です。 

2位はSブラザー兄 さん、  3位は宮崎から参加の猛ちゃんでした 

この手の大会は、上がった「場所」でほぼ釣果は決まってしまいますね。今回は良いエリアに上がれてついておりました

今回はシュージさんの他、Sブラザーズ兄さん や、Sブラザーズ兄さんの奥さんで、昨年レディースグレトーナメント2位ミヨさん 09GCチヌを2連覇したSブラザーズ弟さん といった豪華メンバーだったので、表彰後にたっぷりとデジカメ撮影させていただく予定だったのですが、バタバタしてて撮影を忘れちょりました

帰りにエンジェル大王の車の中で佐伯名物の一つと言える「デカイから揚げ」を食いながら帰りました軟骨までガジガジ齧ったら、帰りに胃がもたれて気分が悪かったです次回から気をつけようと思います。

SWFCは宮崎からの入会者も少しずつ増えており、盛り上がってまいりました!!

次回は6月下旬か7月に、北浦で開催予定です!!興味のある方はご一報頂けると嬉しゅうございます。


今回の使用タックル

サオ:シマノ  08極翔12-50
リール:シマノBB-XハイパーフォースMg2500D
ウキ:釣研 競R(G2) トーナメントαーE (0)  トーナメントαーD (0α)  フカセどんぐりEX (0) 
ストッパー:オーナースクラムストッパー(ホワイト)  釣研フカセからまん棒(イエロー)
ライン:オーナー ザイトフラッシュRX1.5号
ハリス:オーナー ザイトチヌフロロ1.5→1.25号
ハリ:オーナー 元輝グレ 4→3→2号


仲間たちの釣果!

先ずは水曜日のトッキーデンキウナギ+ゴリラーマンデンキウナギのビロー島・黒岩の釣果です!!
id259iso_20090306114143.jpg
オナガはかっちょえーですねもちろん、魚を持っている男もえー男ですが

あと、凄まじい情報です。
お馴染み、YAZAWA純ペイさんですが…
錦江湾の新規開拓したという砂浜にて、チヌ45cm~58.8cmを18枚激釣しております
数も凄まじいですが、流石に大チヌキラー。型もでか過ぎます!!まだ報告だけで写メがきていないので、そのうち魚拓か、釣果写真の写メがくると思います
一般人には考えにくいかも知れませんが、YAZAWA純ペイさんは2日から3日おきに釣りに行っている様なので、また凄まじい報告が来る様な気が致します。釣行回数はトッキーデンキウナギを凌ぐのではないかと思われます。しばらくは、YAZAWA純ペイさんから目が離せませんねぇ…

昨日のトッキーデンキウナギ&ゴリラーマンデンキウナギ釣果!

tokkidenkiunagiIMGP0223.jpg20090214130258.jpg

ボウクウゴウに釣行していたトッキーデンキウナギゴリラーマンデンキウナギの釣果ですが…

40cmを少し切るサイズまでのオナガ2人で8枚やったそうです。孫側の釣座より、フナツケのチョン寄り遠投が良かったそうです。チヌも3~4枚食ってきた模様。

 こんな話を聞くと元々はグレ一本の私としてはグレ釣りに行きたくなりますが、来月は延期になった「鱗海カップ全国大会」と「鱗海カップ鶴見予選」が同時期にあるので、チヌをやっておかないと何だか、落ちつきません。まぁ、慌てたところで上位入賞の可能性が高くなるわけではないのですが…。
 
 しかーし、今週末はグレですSWFC大分・宮崎の大会が米水津にて行われるからです。シュージさんをはじめ、オオトさんやSブラザーズさん等の、大分の友人とお会いするのを楽しみにしちょります

 宮崎からはエンジェル大王、タケシさん、入会予定のKさん、隠岐阿見の4名が参加する予定です。
今回はトッキーデンキウナギが参加できないのが残念ですゴリラーマンデンキウナギも仕事の都合上わからない模様…。

 まぁ、楽しんでこようと思います

今日は…

 
 トッキーデンキウナギ、ゴリラーマンデンキウナギが行っているようです。場所は「ボウクウゴウ(黒岩) 」です。現時点で30cm後半のオナガ、他にチヌ等結構釣っているので、後で爆釣報告が来るのではないでしょうか???

 暫くは釣行回数が少なく(それでも普通の人くらいですが)、以前ほど目立たなかったトッキーデンキウナギ。また月の半分ほど海に行くのでしょうか?
 
 それにしても、人が平日釣りに行くと気になって仕方ありません
 先日、最近シケで行くところが無いからどっか教えてくれとトッキーデンキウナギから問合せがあったので、志布志・正丸を教えたのですが、教えないほうが良かったかもですねぇ(笑)

 さておき、「年次有給休暇」というのは、労働基準法では6年6ヶ月以上勤務した者には20日は最低、与えなければならないことになっていますよね!
だから全ての会社の就業規則では法定の最低基準を満たしているものの、実際には年次有給休暇をとりやすい会社 とりにくい会社というのが存在します。この辺はヒジョーに不公平に感じてしまいます。

 私の勤務する会社は残念ながら後者のほうです。本来、年次有給休暇というのは「法定休暇」な訳ですから、休暇をとる理由を明らかにする必要は無いのですが、何故かわが社の「休暇届」には、「休暇をとる理由」の欄がありますそこに「釣り」というのは中々書きづらいものがあります。ちょっとした圧力ですね  他の社員は色々理由を書いているようですが、私は少々ムカつくのでそこには「年休」と当たり前のことしか書きません。

 友人には「年休を消化せにゃいかん」とか言ってる人もいます。勿論、ゴリラーマンデンキウナギやトッキーデンキウナギといったデンキウナギ勤務もそうです。「忙しいのに年休をとらないといかんから仕事が溜まってたまらん」とか言っておりますが、私にはイヤミにしか聞こえません(笑)
 まぁ、私は中小企業だから仕方無いことなのかもしれませんけどネ…。
私は20日ある年休を消化しきった事はありません。2~3日使う程度でしょうか…。使うのは大抵、釣りの大会です。
プライベートの釣りではここ2~3年とっていませんねぇ…。

 だけど今年からは思い切って、3月にプライベート釣行の年休を取ろうと考えちょります!私より釣行回数の多い人達に負けた様な気がするからです(笑)  
 
 ただこう書いてしまうと、釣行回数と釣技向上が比例している様に聞こえるかもしれませんが、そうとも限りません。
 事例を挙げると、年間20~30日しか釣行せず にD社マスターズを2回制覇したD社フィールドスタッフ「Ham太郎」さんがいます。因みに昨年も3位です。彼のことは随分前から知っていますが、流行にとらわれない釣りスタイルで、確実に釣果をあげています!恐らく、釣行回数は私の半分にも満たないはずです。回数は少なくとも中身の濃い釣りや、インドアフィッシングというのも、引き出しを増やす上では重要なのでしょうね。

仲間たちの釣果・その他

長らくためてしまい、いつのものか忘れましたが、…m(__)m

photo  tokiden kosiki
先週、トッキーデンキウナギが甑島の鹿島に行った時の釣果です!釣れすぎて面白くなくなり、途中でやめたらしいですが流石はトッキーデンキウナギです!

photo yamazyunn
これはYAZAWA純ペイさんの福山スロープでのチヌ釣果!夕マヅメに6連発したらしいです!!

hisanagatinu2.jpg
これは道の駅周辺での久ぴょんさんの釣果!!
サイズははっきりはわかりませんが、かなりの良型やと思います!!流石ですね

そして…
photo  masamasa
釣果ではありませんが、日向・サンポーにてマサヒロ君、マサカノさん からの写メです。

 この日は残念ながら寺建立となってしまいましたが、最低限のマナーを守る事にプラスして、他人のゴミも回収してきております!!!

 来た時よりも美しく…。場所によっては凄まじいゴミの量でウンザリしてしまいますが、毎回とは行かなくても時にはこうやって自分以外のゴミを持ち帰る事があっても良いと思います。私も時にはそうしています。

 あと、マサカノさんが話していたことが、「磯の上の焚き木の跡が目立つ」事…。
 ビニールを燃やしたり、時には何故か空き缶が焚き木の中に混じったりしています
 岩の上で直接焚き木をすると、景観を損ねるだけでなく、岩が破裂することもあり危険です。

 焚き木をするような寒い日は、カンカンの中で薪を燃やすのが望ましいと思います。

 

 
 

心無い書き込み…

 このブログを読んでいただいた人で、先日、携帯からと思われる「薩摩人」というハンネからの誠に不愉快な書き込み(宮崎県からわざわざチヌを狙いに来てゴミを散らかして帰るといった内容)を見た人がいるかもと思われますが、これは 「薩摩人」の「なおりん」さまとは全く無関係なので、宜しくお願い致します  薩摩人のなおりんさまと彼を取り巻く人達のことは良く知っておりますが、人格、釣技とも素晴らしい方々ばかりです。

 勿論、不愉快な書き込みは拒否し、削除いたしました!

 ちなみに、私共は自分で持っていったゴミは最低限持ち帰っているし、所属クラブでは年1回は錦江湾清掃作業も行っております。今後ブログで紹介することもあると思いますが…。

 もしこのブログを読まれた方で錦江湾に釣りに行かれる方(特に宮崎県民の方)は、自分たちで出したゴミは最低限持って帰り、更に他のゴミもあれば持ち帰っていただけると有難く思います!!
 
 まぁ、皆さんはそうしていると思いますけどね(^^)余計なこと言ってすみません

 今後とも「夢限釣行ファイル」と隠岐阿見、そして仲間たちを宜しくお願い致します


 

3/1は…

 IMGP0271.jpg

 チヌ狙いの予定が、南のつりの取材が急遽、入りまして、エンジェル大王と共に荒崎の0番でグレ狙いとなりました。
 ところが、グレはエンジェル大王の30cmのオナガの子一枚のみ…。その後も必死にグレ狙いをしましたが、ウキ下2ヒロで釣れてきたのはチヌ…。エンジェル大王は即座にチヌ狙いに切り替え、チヌ、へダイをかなり食わしましたよ私もお土産は釣る事が出来ましたが本命のグレはゼロなので、寺建立でございますな2日レンチャン寺は中々辛いものがあります^_^;  ちなみに、この日はクチブトが釣れてる磯は全くありませんでした!
 グレに関しては都城からの常連さん、フジタさんが800gのオナガを頭に4枚が最高でした

 この模様に関しましては、来月、南のつりに掲載されますので、ここではここまでです!

悪しからず…。

3/1寺建立情報
 荒崎0番寺 住職…隠岐阿見
 日向サンポー寺 住職…マサヒロ マサカノ

2/28 折生迫防波堤寺

  この日は仕事が終わって午後3時ごろから折生迫防波堤に行ってまいりました!!堀切下や内海の地磯を考えておりましたが、時化ており、断念です

  今回の狙いはチヌです鬼の洗濯板で出来た磯ではチヌが上がりはじめたみたいなので期待しましたが、食いません釣り人は私ともう1人、投げ釣りがいる位です。何だかさみしいものがあります。北東の風も強まり、何だか肌寒いです。何度仕掛けを入れてもハリにオキアミはついたままです、寒さが余計に身に凍みます…。

  アタリがなく暇なのでマサヒロ君に電話してみると、後から来るとのことです
  しかし、私は余りにも面白くないので、道具を片付けます。その頃二人で現れました

IMGP0267.jpg
マサヒロ君マサカノさん です。マサヒロは仕事着のままで来てくれました

にしても、マサヒロ君は何だかニヤついております。まぁ、可愛い彼女を連れて来てるから嬉しいのもあるでしょうが、それだけじゃあございません…。

IMGP0270.jpg
ボーズになったからってそんなに笑わなくても…。
この写真、逃げ回るマサヒロ君をやっとこさっとこ撮影したものです。

そういやこの日、ゴリラーマンデンキウナギ市木に行っておりました。時化のため「猿の惑星」幸島の地磯への上礁を余儀なくされ、サルにテロ攻撃を受けた模様で、釣りよりもゴリラーマンデンキウナギVS芋を洗うサルの食料争奪戦の方が熱かったようですその後サルとの戦いに敗れ?!、ちょっとしたハナレ瀬に転戦したようですが、何処も厳しかった模様…。

2/28寺建立情報
青島・折生迫防波堤寺 住職…隠岐阿見
市木・サルの惑星寺  住職…ゴリラーマンデンキウナギ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

隠岐阿見

Author:隠岐阿見
釣りが大好きな43歳♂
宮崎県南の磯や波止をメインフィールドとして、大分や鹿児島方面にもちょくちょく出かける週末アングラーです。年間を通してグレやチヌ狙いのフカセ釣りメインです。灼熱下でも行きます!!チョイ投げのキス釣りや近場の夜釣りも大好きです。

釣ファンに連載執筆中。南のつりにも登場したりします。

主な愛用タックルはシマノ、釣研、オーナーばりetc.

♪所属クラブ♪
☆S.W.F.C大分(シマノワンダフルフィッシングクラブ大分支部)
☆夢限釣行FC
☆チームシーガー


宜しくお願い致します!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード