スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/29 SWFC大分・宮崎支部のグレ釣り大会

 日曜日はSWFC(シマノワンダフルフィッシングクラブ)大分・宮崎支部 グレ釣り大会に参加して来ました。時化ているので湾内での開催となりました。
 私達宮崎軍団は ウワモっちゃん、エンジェル大王、シマラーKさん、トッキーデンキウナギ、猛ちゃん、隠岐阿見の6名で参加です。集合場所の正幸丸待合所にはかなり早く着いてしまったので、待合所の仮眠室で仮眠をとります。

 しばらくして修司さんをはじめとする大分軍団や、シマノ九州営業所長と社員の方がいらっしゃいました。

 ルール説明です。相談した結果、25cm以上のグレ3匹重量という事に決定!

 渡礁順位は9番で、Sブラザーズ弟さんとの上礁が決定!!今回で7回目の大会ですが、Sブラザーズ弟さんとは3度同礁ですよ良く一緒になります。

 6時過ぎに出港!宮崎軍団はトッキーデンキウナギがオートさんのお兄さんと共に丹賀の赤岩(裏側)、ウワモっちゃんがシュージさんと共に宇土島の裏側にある地磯、エンジェル大王がオートさんとともに白崎1番、Sブラザーズ弟さんと私は歩いて行ける地磯・トギレ、シマノ九州営業所長とシマラーKさんは同じく歩いて行けるトギレ(中)にそれぞれ渡礁!

IMGP0902.jpg
「野崎鼻」
IMGP0899.jpg
「白崎」

IMGP0903.jpg

 同礁した地元のSブラザーズ弟さんに、好きな場所に入る様に勧めて頂きました
 
  そのお陰で、向かい風と波に苦戦しましたが、25cmオーバーは10枚以上は釣る事が出来ました。
 餌盗りは小鯛とコッパ…。最大で30cm程です

外道としてハマチやティヌなんかも当たって来ておもろかったですよ♪

  IMGP0904.jpg
 エギングに興じるSブラザーズ弟さん。旨そうなイカを3バイも釣ってましたね

 PM3時に港へ帰り、検量です。

するとトッキーデンキウナギやエンジェル大王、Sブラザーズ兄さん、ウワもっちゃん、隠岐阿見はサイズ的に皆、微妙に似通っております。で、エンジェル大王は魚を活かしバッカンから出して、検量する魚を3匹選ぶのにかなり悩んでおります。 「はよ検量せんとメジナに着いた水分が取れますよ~(笑)」と冗談を言ってやります。

 で、検量すると1位は…
何と、隠岐阿見でした
で、2位がエンジェル大王!正確な重量は忘れましたが、私が1400g台でエンジェル大王が1300g台と、僅差やったので大王のグレは乾燥していたのかもしれませんね

3位は夫婦で参戦していたSブラザーズ兄さん

4位トッキーデンキウナギ 

5位ウワモっちゃんと今回は宮崎勢頑張りましたよ!

IMGP0905.jpg
IMGP0906.jpg
これはエンジェル大王のクーラーボックスでしたかね?

IMGP0907.jpg
シュージさんを中心に、Sブラザーズとオートさん、Sブラザーズ兄さんの奥さん。ファイアブラッド軍団!

IMGP0908.jpg
私が持ちかえった魚です。グレは殆どウワモっちゃんに差し上げました3枚だけ持ち帰りです。

IMGP0911.jpg
また家にやって来ました連覇達成です。

IMGP0909.jpg
ヨーイドンの大会ですから場所等、運の要素が多い訳ですが、強者揃いのこのクラブにおいて、連覇及び、6回中 3回1位は誇りに思います!




今回頂いた賞品です↓
IMGP0912.jpg
※商品解説
フィクセル・ライト 170

FIXCELシリーズ第4弾!
軽量コンパクトなBODYで小物、日帰り釣行にジャストサイズ!

●上から引き上げる両面開きフタ
●フタは落としただけでロックがかかります
●左右が壁に挟まれていても、フタが外れます
●本体内部に補強リブを設け、ボディ全体の強度を大幅にアップ。軽量化も両立
●ハイグリップラバーで、安定性と直立性を確保
●ワンアクション水栓で、内部の水を簡単に抜けます
●本体インナー部素材に抗菌剤ノバロン®を採用。細菌の増殖を抑制し、清潔にお使いいただけます
●天面、底面、側面に断熱材を配置。高い保冷力を誇ります


 今回頂いた17リッタークーラーボックス…。時化た時の波止釣りや、夏場のちょい釣りで大活躍してくれそうです

続きを読む

スポンサーサイト

オーナーカップグレと真ぐれ会宮崎支部親睦大会は中止…。

 やはり、中止になってしまいましたね…。仕方ありません。

 それで、鶴見湾内で開催されるSWFCの大会に参加する事となりました!

 少しは準備もせんといかんだろうと思いつつ、家で道具をいじっていると、先日のジャパンカップの時、電池が切れやがったG-SHOCKが目に付いたので、電池交換へ行って参りました!明日仕上がるとの事です…。

 大会の時に時計が見れんのは痛いですよね。プライベートなら携帯で代用できん事も無いんですが、トーナメントの時は常識的に使用禁止ですからね
 いつもは予備の時計も持って行くんですが、何故か予備の時計が見付かりませんでした不便さを痛感したので、もう1個、安い時計でも買っとこうと思います…。


 話が横道にそれましたが、この台風のウネリはいつまで残りますかねぇ…。気がかりです。

シマノジャパンカップ磯釣り選手権大会  懇親会・2日分まとめて…♪

さて、楽しかった懇親会の写真です
IMGP0879.jpg
お笑い芸人+カリスマギタリストのコラボ
誰似かは、言わんでもわかると思います♪
ただ、もう少し画像が良いと思ったいたのですが…。カメラマンが悪いですねすみません…。

モデルは笠松選手と、上田選手!

IMGP0881.jpg
画像が粗く、わかりにくいですが、このテーブルは猛者揃いですね…。

IMGP0882.jpg
立石名人やハタ坊さん達!

IMGP0883.jpg
素晴らしい笑顔で写っていただいたのは、兵庫の橋本善久さん!2年前もファイナルでお会いしましたね  私はマグレで二回目を経験させて頂きましたが、橋本さんは完璧に実力で上がってきましたね!!! 関西の名手です。

IMGP0884.jpg
 江藤ブラザーズ兄さん!!こちらもまた素晴らしい笑顔!!最近絶好調で、九州勢では個人的に最も注目しておりました!!
 今回は不調でしたが、D社グレマスでは我等が盟友、マンキー橋さんと同様に、ブロック大会に進出しています!そちらで鬱憤を晴らして下さいよぉ!

IMGP0886.jpg
エンジェル大王の知人でもある「鎌田選手」と九州では珍しく、JFTにも参戦する「森選手」。両者とも福岡の選手です!

IMGP0887.jpg
和歌山の名手、南地選手を隠し撮りです楽しい方でしたね

IMGP0888.jpg
初戦で対戦した福盛選手

IMGP0890.jpg

IMGP0891.jpg
3位、準優勝の…。言わんでもわかりますね 

IMGP0892.jpg
左より、平和チャンプ、高野名人、最終戦で対戦させて頂いた宮里選手!

IMGP0893.jpg
九州勢で唯一入賞(5位)の城間選手と徳島の福原選手!

IMGP0889.jpg
名人の間で記念撮影
「小里名人」の「最新磯釣り塾」は、私がフカセ釣りを始めた頃のバイブル的存在です!

 徳島のペコちゃんこと、「福良名人」は今回台風の目になるんじゃないかと個人的には思っていたのですが、初めての五島・大宝はやはり、違和感があった感じでした。

 こんな方々と知り合えることが出来るシマノジャパンカップ、最高ですね!!!鱗海カップでもそうでしたが、今回も得たものはかなり、大きいですね!!!


 他にも色々写真があったんですが、目をつぶってたり画像が粗かったりで、この位しか出せませんでしたもう少し、デジカメ撮影方法を勉強しなきゃです

 いろんな人と知り合う事が出来、料理もとても美味しく、とっても楽しい懇親会!!

 シマノの全国大会には3度、出場させて頂いてる訳だから、このとても楽しい懇親会を3度も経験しております。だけどいつも、それだけです
 
 けどそれが実力…悪あがきでは通用しませんね

 一度くらいは全国の表彰台乗ってみたいですね一番高いところとかじゃなくても良いからですね
 



週末は台風のウネリ接岸か…。

typ_22.gif
 週末はオーナーカップグレ金勝杯(米水津)、九州真ぐれ会宮崎支部親睦大会IN船間、SWFC大分宮崎釣り大会IN鶴見と、各地で大会が開催されますがどうなるでしょうか
 この台風、今は910hpaですが(それでも凄いですが)、さっきまで905Hpaでしたよ
 凄まじく強大なパワーを誇る台風の様です接岸するウネリもそれなりにデカいかと…

 どの大会にも私は参加資格があるので出たかったのですが、オーナーカップは8月下旬に申し込みを済ませていたので、そちらにエントリーしておりました。しかしこの分だと、「オーナーカップグレ金勝杯(米水津)、九州真ぐれ会宮崎支部親睦大会IN船間」は開催が危ぶまれますインストラクター修司さんの話でも、今んとこ週末の米水津は厳しい感じです。
 
 こんな厳しい状態でも、鶴見湾内は南のウネリならノープロブレムなので、SWFC大分の大会は開催されるはずです!「もし、オーナーカップが中止になった時は来ればいいよ!」と修司さんが言ってたので、そん時はお言葉に甘えてSWFCの大会に参加しようと思います

シマノジャパンカップ磯釣り選手権 第4試合~第5試合

予選リーグ第4試合  小ビロウ西 
橋本選手 VS 隠岐阿見
 ここは個人的に非常に気になる対戦でした。対戦相手の橋本善久さんは、一昨年ファイナルに行った時に同じ部屋でした(今年は個室でした)そして宮崎では知らない人も多いと思いますが、「若狭グレトーナメント」という関西の競技会において上位の常連…。関西では名の知れた釣師です!かなりの強豪です!

【前半】7:00~7:45
 ヒジョーに足場の悪い釣座からのスタートですウキは00の競Rでスタートしましたが、この場所は潮が複雑に動き、軽い仕掛けは合ってません…。失敗です。45分ハーフと非常に時間が短いので、仕方なく何とか釣りになる際~中間距離をベースに攻めます。
ここで何となくフローティングベストに取り付けてある時計を見ると液晶が消えております競技会の時にこれは辛いですが、気を取り直して一投目、キーパーの尾長らしき魚が掛かりましたがハリ外れ…。やがてタカベ等のエサトリが出てきました。沖には出ないのですが、この仕掛、沖を釣っても複雑な潮の時は釣りになりません…。仕方なく際~中間距離を、サシエとしてボイルと生をローテーション、サンノジやイズスミに邪魔されつつも何とか3枚の地グロゲット!橋本さんも3枚で場所交替!!

【後半戦】7:50~8:35
 ここは複雑な潮に加え、右からのサラシがきつく、小粒の00ウキはサラシに弾かれ、キワしか釣りになりません…。仕方なくキワばかり攻めます。ねちっこく何度も何度も打ち返しますが、何ぼやっても釣れません橋本さんが何度かサオを曲げているのが見え、かなり焦ります。残り20分位だったでしょうか…。たまりかねて仕掛を替えます。ウキをフカセどんぐりEX(G2)とし、ガン玉、ジンタンを重ね打ち…。先ずは1本と1ヒロの半遊動でサラシを交わしてその先を遠投で釣ります。その1投目で30cmオーバーのオナガがヒット!!ブリ上げました
 今度はハリ側に1つのジンタンを近付け、スルスルに替えて張りながら落としていくとキロクラスを交え、2匹クチブトを追加です!こんなんなら、開始時に仕掛を変えておくべきでした。

結果6匹対5匹(重量は物凄く僅差)で隠岐阿見逆転勝利です!
橋本さんに「良く仕掛け変えたなぁ!根性あるわ!」とお褒めの言葉をかけていただいたのは凄く嬉しかったです。橋本さんは中型の地グロ1枚をハリハズレでばらしており、これが明暗を分けた形でした!

関西の強豪を降し、予選リーグ第5試合へ…。

予選リーグ第5試合  小ビロウ北 
宮里選手 VS 隠岐阿見
 セミファイナル西日本大会一位通過の熊本の釣師との対戦!何とか、勝ちたかったのですが…。潮が読めてませんでした…。

【前半】9:25~10:05
 沖に見える半島との水道になっており、本流がごうごうと流れてます。凄まじい流れです。足下のたるみを張って釣ると、800ℊほどのグレが1投目からヒット!次は本流の中にいくつも発生する潜る潮に仕掛を差し込むと、掛け損ねもあったもののすぐに2匹目ヒットですこの時、勘ですが、「ここで3匹は釣らんと厳しいやろうな…」と感じていました。

それから宮里さんは2匹追加します。
 その後は当たってきましたがブルーサブマリン余り味わう事の無い引き方をしますイエローサブマリンよりかパワーはありませんね!
 そして…遂に目標の3枚目が当たってきました今度のは型が良く、かなりやり取りしましたがハリ外れ…。交替です。嫌な予感…。

因みにR終了時、検量してリリースしましたが、宮里さんの1枚は50センチ近い大型です

焦りつつ、後半戦へ…。

【後半戦】10:10~10:55
 こちら側に移ると、引かれ潮が異様に速いです。引かれの中にはエサトリもいます。超遠投2~3度しましたがツケエが残りっぱなし…。引かれ潮をボイルで釣ろうと思い、バッカンの中に入れたつもりのボイルパックを探しますが有りません。かなり焦ります
それから何をやってるかわからん状態に突入します。パニックです…。そんな中宮里さん1枚追加します。
 仕掛け変更も考えましたが、先ほど述べた通りGーSHOCKは電池切れで残り時間が分からないので迷います。何とか、キワでかなり良いサイズを掛けましたが、左側のシモリにハリスを当てて…。

 これだけミスをやらかすと、どうしようもありません…。宮里さんは更に1枚を追加し4-2のまま、終了のホイッスル4-2ですが、宮里さんのには2㌔クラスも含まれており、重量差ではコテンパンです

 流石に宮里さんは昨年のファイナリスト!セミファイナル西日本大会を1位通過しただけの事はありますね。

 同時に自分の釣りの不甲斐なさを痛感しましたね。ミスは多いわバラすわ…。分かってはいましたが、まだまだ未熟者です!!


 このとき、こんな事を思い出しました。以前G杯の甑予選に一度、出た事があるのですが、その時の事です。足場の悪い磯で3人対戦でした。うち、1人は「鹿児島のグレ釣りマシーン」の異名を持つ名手でしたが、どういうわけか奇跡が起き、6-5の激戦で破りました。ところが次の対戦ではコテンパンにやられてしまったのです。コテンパンいうのはいけませんねぇ…。ほっとした後で気が緩んでいたのが原因の一つだったのは間違いありません。
 この日も、橋本さんとの激戦を制した後に「セミファイナル西日本を一位通過した強豪」と対戦するわけですから、「勝って兜の緒をしめなおす」必要はある訳です。この気持ちを持って対戦に臨めば、ここまで占有率で差をつけられる事は無かったでしょう…。

 最後になって再びメラメラと闘志が燃えてきました!私の中では、ファイナルが終わった時点で次のジャパンカップははじまっています。
 こういう気持ちにさせてくれた宮里さんには本当に感謝です!来年もこの舞台に行ける様、頑張らなきゃね!

 技術だけでなく、メンタル面でも多くの反省が出来、次に繋がる有意義な大会でした!!あと、時計の予備も次から持って行こうと思いますトーナメントで時計が無いのはホント、最悪やと実感しましたからね

さて次は、とても楽しかった懇親会の2日分の写真、載せてみますかね思ったより上手く撮れて無かったですけどね

シマノジャパンカップ磯釣り選手権 全国大会

 そろそろ写真をアップしたいところですが、デジカメはまだ宅急便で送っている途中ですよって、試合経過でも報告してみようかなと思います。

予選リーグ第1試合  白呉(裏) 
福盛選手 VS 隠岐阿見
【前半】7:00~7:45
 ここの表側では柴原さん、立石名人の対戦があり、テレビクルーと釣紀行のF島さんが取材しています。福盛選手に優先権があり、福盛選手が先端に入ったのでまずは水道の奥側に入ります。沖にシモリが見えていたので、その周辺の緩い流れを釣ってましたが、エサが盗られません…。ようやくアタリが出ましたが、イズスミ…。殆どツケエは盗られませんが、規定サイズある魚も、無い魚も全てイズスミでした5匹ぐらい釣ったでしょうか…。交替前に福盛さんがデカい魚をかけましたが、逃げていきました。トーナメントなのでほっとします(笑)そのまま後半へ…
【後半戦】7:50~8:35
 左からのサラシに加え同方向から風があり、釣り辛そうなので、インターバルの時にウキを大きめに変更しました。魚の食いは著しく悪いと判断し、悩みましたが1.25号ハリスを使いました。
その後運よく、遠投で6~700gほどのグレにキロクラスのグレを追加。掛け損ねはあったものの運よく、初戦は2-0で勝利です。

第2試合 
小里名人 VS 隠岐阿見
【前半】9:25~10:05
 ここは有名人との対戦なので、テレビクルーと釣紀行のF島さんがやってきました不思議と緊張はしませんでしたが…。

 開始早々、ウキをカベに潜らせているとラインに反応があります。合わせるとギュイーンと来ましたがしばらくして…ハリスの中央部からパッツンといってました…。  後ろから見ていた審判のシマノ九州営業所長が「今のは確実にグレでしたね…」とポツリその後は小里名人も私もナンヨウカイワリやヤズといった外道で終わりました…。

【後半】10:10~10:55
異常無し…。
ちゅー訳でドローでした…。

第3試合 
柴原会長 VS 隠岐阿見
【前半】9:25~10:05
 ここもまた有名人との対戦!昨年チャンプの柴原会長です!まぐれ会の会員を会長がいじめましたよ(笑)当然テレビクルーはここへやってきました…審判はシマノの前・九州営業所長M本さん

 優先権のある私はシモリの点在している浅場から入りました。会長の釣座は深いです。釣りを開始し、先ずはシモリ周り、キワを攻めるとサシエは盗られますが、魚は釣れません。

 会長の釣りを時折横目で見ていると、ウキをかなりのスピードで沈ませています。正直、何も知らない私は「あれで釣れるのだろうか??」何て思っていましたよそれが、釣るんですねぇ…。会長は…。

 やがてバチバチ音がするので会長の方を見ると大きくサオが曲がっています切られましたが、グレでは無いようでした。

それから会長がグレを取り込むのが見えました。私はコッパを釣りましたが、少し焦ります。それでも潮上からベタ際に刺し込み、何とか700gほどのグレを一枚…。

その後は会長が一枚追加し、私は規定サイズ未満を幾らか釣ったところで場所チェンジ。


【後半】10:10~10:55
 横風があったので、遠投はあまりせず、中間距離をメインに先ずは釣ります。しかし、サシエが残るのでベタ際を攻めた数投目、グレが食うてくれましたこれで匹数ではドロー、数では負けてます。その後エサとりがちょっぴりうるさくなったのでやや沖目を攻めると、モゾーっとウキが入ります。いつもは送り込むんですが、反射的に速くあわせてしまいましたギュイーンと来た後パーンとすっぽ抜けて仕掛けがぐちゃぐちゃになりましたいそいで仕掛けを入れます。

 アタリはありましたが、先ほど速アワセで失敗したので、送り込んでやると今度は食い込まんかったです

 その後は変化なく、試合終了です…。

2匹対2匹ですが、重量差で柴原名人の勝利!

M本前九州営業所長が 「ホントにいい試合でした!」と何度も言ってくれたのは嬉しかったですね

 1勝1敗1分で初日を終えました。

 有名釣師と2回も対戦するのは、試合前からホントにワクワクしていましたまた対戦したいなぁ…。

 デジカメが来たら、懇親会の模様を載せます個人的にですが、面白いと思う写真もありますよ

 

只今宮崎空港です!

只今宮崎空港に帰って来ました

総合成績は10位…。

優勝は…

平和さん
二位柴原会長
三位江頭名人でした

四位宮川名人
五位は大分の城間さん
六位 高野名人でした!

また後程 詳しく報告致します

おはようございます!

かなり疲れてるようで、昨日はかなり早く寝てしまいました
今から準備して行きます!
昨日の柴原会長との対決、いくら格上の相手といえ惜敗やったからか、悔しいですね今になって思います
自力入賞の可能性はありませんすが、思い切り悪あがきしてきます

厳しい…。

前日までは好調だったとの事ですが…

食いません

一回戦は2対0で何とか勝ちましたが、二回戦小里名人との対戦はドロー…。三回戦の柴原会長との対戦は…2匹対2匹の重量差で残念ながら敗戦です
一度ハリ外れやらかしたのが悔やまれますが、深棚から型を抜く会長、流石です柴原会長は只今全勝
連覇 なるか…

対戦相手発表

一回戦 福盛選手
二回戦 小里名人
三回戦 柴原会長…。
四回戦 橋本選手
五回戦 宮里選手

会長とも当たりましたよ
けど、今は凄く楽しい時です

明後日…

 10:40分宮崎初のJALで福岡へ飛びます。それから12:20発のORCに乗り継いで13:00福江空港着です。ORCはボンバルディアQ200という、39人乗りの旅客機の様です。初めて乗ります  
 一昨年全国大会に参加させて頂いた時は、小さめのジェット旅客機(恐らくボーイング737-500)だったのですが、今度のはかなり小さいので結構揺れる気がします

 その後、ホテルでのチェックインは15:00からとの事ですから、えらく早く着いてしまいますそれからPM5時過ぎまでは暇な時間が続きそうです…。

そして一泊し、翌日から試合です。勿論、負ける確率の方が高いですが、最善を尽くします!


 話は変わりますが…
イエローサブマリン 上森
先日うわもっちゃんはこんなんを釣ってましたよ! イエローサブマリン♀ですね3.5キロあったそうですこのサイズになると面構えも違いますね因みにハリスは1.25号やそうです。オレなら切られてますね因みに私は4.3キロ♂(ピンクの混じった奴)を上げた事がありますが、それは2号ハリスでした。

 五島ではこれの仲間のブルーサブマリン(アオブダイ)が多いみたいですが、出来るだけ食わさん様にしたいものです
 

北浦・船間釣果速報(私ではありません)

11/15(日)の釣果速報が2件入っております

先ずは山之口のうわもっちゃん!うわもっちゃん11月15日船間
船間に釣行したとのことで、これは途中経過として送られた写メです。まずまずのオナガを釣っております。
最終的には39cm頭に4枚とのことでした
流石はうわもっちゃん!

続いて北浦です。北浦といえばトッキーデンキウナギが浮かびますが、今回は違います。


マサカノさん11月15日北浦釣果
GFGの「3魚種合計長寸」を競うというユニークなルールの大会に出たマサカノさんの釣果!てか、釣りすぎやろ  まだあんまし食うてないってのに…


因みに3位だったそうです!
恐るべし女流釣師ですな…。

マサヒロ君も5位だったそうです。3魚種釣らなきゃいかんので深く釣ったり色々してたらかえって釣れんかったと言ってましたね


因みに↓がマサカノさんの貰った賞品…
マサカノさん11月15日北浦①
もらいすぎやろ

因みにこの前日、久ぴょんさん、マンキー橋さんがサオを出していると言う桜島の防波堤にPM三時半に釣行し、エンジェル大王とともにサオをだした隠岐阿見ですが…  結果は大王と共にカワハギを1枚づつの寺建立でしたよ

 これにてJC全国大会前の最終釣行は終了いたしました

 因みに、ひさぴょんさんとマンキー橋さんは15~27㎝の地グロや、イギスを釣ってました!
 

本日は…

 夜間の講義でしたが、大雨の為休校となりました…。

 週末の海は水潮の上に西風の強風、更にウネリも残って最悪でしょうね

 JCファイナルの準備のみで終わるか…。

 
 そういや、新たなブロともさんより、JC会場周辺の情報が入ってきました訳のわからな い日本海での釣り…。かなり有難い事です!状況が少しでもわかれば、未熟者なりにも対策を講じやすくなるものです。naoさま、ありがとうございました

それでも、「出来ん事は出来ん!」訳ですから、自分の出来る限りの事を最大限に発揮できるように心がけたいと思います。

 宮崎県南のシーズン仕様でやりましょうかね宮崎県南の釣りが日本海の五島でどれだけ通用するか、試してみます!!

 

土曜釣行報告!

 報告遅くなりましたが、土・日は釣りに行ってました
 
 まず11/7土曜日…。
 プライベートでは船長さんが変わってから初の、栄松港・かいゆう丸さんを用いました。朝9時半頃からの渡礁です。ウネリがあり、日南大島周辺は殆どの磯が使えないとの事…。使える磯は埋まっておりました。んでもって、近場の磯に上がったんですが…。

 オヤビの猛攻!!!
 9月の真グレ会の大会の時よりはオヤビも大人しくなってると思ったんですが、9月と全く変わってませんねぇええ加減、オヤビ君たちにも「もう11月」である事を理解して欲しいもんですわ…。

 行く前に○磯魔神の釣具屋に寄ったら「多分エサトリがすげぇぞ!持ってけ!」と、余り物の集魚剤を2袋も頂いたんですが、これが無ければマキエが足りんで釣りにならんかったです流石は師匠○磯魔神!感謝です!

 朝は何とかオヤビを交わしてツケエを落としても残りっぱなしかイズスミのみマキエワークを少し失敗すれば海一面オヤビ…。
 それでも、午後からはグレの活性が高まって何とかキロクラスゲットの予定だったのですが…

IMGP0863.jpg
 デカく見えるものの計ったら30cmと29cmの小ナガですこれで大きい方…。ソートー気合入れて釣ったものの、後はなんぼ頑張っても23~27㎝のコナガしか食いません。いくらか間引き致しました

他は…
IMGP0871.jpg
こいつは塩焼きにしたらかなりデリシャスでしたわ脂がかなり乗ってました。
 
 他に、良型グレらしきバラシもありましたが、800g程のイズスミがやたらグレっぽい引きをしていたので、何ともいえません

 まぁ、オヤビをかわすと言う意味では自己満足出来る釣りだったのです。

 下五島での大会を控えているので、もう少し良型を釣りたかったのですが、まだまだ私は未熟もんでございます

11月 仲間たちの釣果♪

 11月にもなると、ぼちぼちながら良型グレの釣果が聞かれ始めましたね♪

さきさん釣果 荒崎
 まぐれ会のさきさんは、荒崎にてキロオーバーの地グロをやっつけちょりますいかにも脂が乗ってそうなこの魚体、シビれますね!今回は単発ですが、バラシは多発との事…。私は都井の渡船は「友太丸」さんを利用してますが、室丸さんでの釣果!ホームページに出ている筈です!流石でございますな♪
 使わないほうの渡船からも情報が入ってくるので、傾向がわかって有難いです

ウワモっちゃん 荒崎釣果の一部!
 続いてお馴染みウワモっちゃん!
さきさんと同じ渡船で、しかも同じ磯での釣果ですさきさんのに比べてほっそりしてて、大きくて力強い尾鰭が印象的なグレです。シーズンにはキロ超の魚体ですな
グレはちらほらするけど、イズスミが表層に沸きまくって悪さをするとの事…そんな中500~800gの地グロを二枚との事!イズスミを交わして、流石はウワモっちゃん♪

久々に登場!トキデン釣果  北浦
 で、こちらは久々に登場のトッキーデンキウナギ!
 シーズンになればこの男が黙っているはずがありません。北浦中のハエ先端にて、モーレツな北東風の中、鼻水を風になびかせながら北東向き(カモンベイベーとの水道)を気合とテクニックで克服し、キロオーバーの地グロ、800gのオナガをはじめ5枚!流石はトッキーデンキウナギ!悪条件の中で写メを撮ったとの事なので、画像が悪いのは許してくださいね

 てか、俺もはやくキロクラスの地グロ、釣りてー

大会連発!

 各釣り大会の予選を含めた大会が目白押しですね!

 一昨日はダイワグレマスターズ甑島予選が、今日は同じく米水津予選が開催されました!

 甑島ではまぐれ会のマンキー橋さんが何と一位通過!

 マンキーは橋さんは私とともに先日のTDグレにおける1回戦ボーイズのメンバーであります私同様、ツキを取っておいたんだと思います  とにかく、嬉しい限りです!おめでとうございます♪

 この大会では、まぐれ会宮崎支部の参加者が多く、期待しておりました。特に個人的に最も期待していたのはエンジェル大王なんですが、意外に残念な結果でした話を聞くと明らかに潮に見放されてましたねぇ自然相手の釣りでは、時折、予想だにしない出来事が起こります。どうせなら、良い意味で予想しない事が起こって欲しいもんです。今回、大王にはツキがかなり残ってます。その分、来年のティヌ全国では大暴れして頂きたいですね

 そして米水津予選…
 ここでは最近輝きを取り戻してきたLibra君に期待していたのですが…僅かに及ばなかった模様  ホマレさん も厳しかったようです  唐草リラックマ君も僅差で泣いたようです…。

 そんな中、熊本の増田さんや、SWFC大分のSブラザース兄さんブロック大会出場権を獲得した模様  北浦のブロックでは活躍して欲しいものです!


 


 話は変わりますが今週末、意外にウネリがあるようですたまらんです
 
 トッキーデンキウナギは北浦に来いと言ってくれるんですが、遅番の後の北浦、距離的にだるいんすよね

 どうするか、悩むところでございます

 そういや最近、「仲間たちの釣果」をUPしてないですね…。写メはボチボチ届いてるんで、そろそろ纏めて記事にしたいと思います♪
 
 

シマノジャパンカップセミファイナル西日本大会 2回戦~表彰

 1回戦終了後、船上でしばしH田さんと雑談。やがてH田さんは2回戦のために小貝ハエの近くに渡礁してしまいました。その後小貝ハエに一組降ろし、左前に小貝ハエが見える磯に渡礁。

 対戦相手はH.Tさん。この人の名前も聞いた事があります。福岡のトーナメントチームに所属する猛者です。話していてこの人やりそうだな…。という印象を受けました。しかも初戦はマークしていた徳島の名人を1-0で降しています。頑張らんと…。

 試合前印象的だったのは、釣座優先権のあるH.Tさんは「多分、左のサラシ付近しか食わんでしょ。先にコチラに入らせて頂きますね」との事。しかし、湾内にはアジがいる可能性があり、もしアジがいれば、地形的に右側の方が良いと言うのが隠岐阿見の考えでした。しかし、食わすポイントが見たいのと、食わすポイントを見せたくなかったというのがあり、右側には後で入りたかったのが本音でした。さぁ、どうなるか…。

【2回戦 10:30~13:30】    釣場・小貝が左斜め前に見える磯
H.Tさん(福岡) VS 隠岐阿見(宮崎)

☆前半 10:30~12:00
 ここは右手にワンドがあり、正面には小さなサラシがあります。ハリスは1.25号とし、ウキは、アジを想定して小さなオモリが打てる様、競R-0としました。
 
 まず、正面の際に仕掛を差し込むと、小グレが釣れました。冗談で、「今日は先がけルール無かったですよね」と声を掛けると、「はい、今日はありません!」と真面目な答えが返って来ました。邪魔してごめんなさいです

 それからキーパー無さそうなグレが来ますが、念のため活かしバッカンへ…。それからは案の定アジが…。アジを交わすべく、沖にアジを出して潮が動かないキワや中間距離を攻め、コッパを拾っているとごく希にキーパーのグレが食います。調子に乗って中間距離に少し多めにマキエを入れると、アジだらけになりました磯際にはエサトリが出始め、中間距離にはアジがいます。磯際のエサトリの方がまだマシなので、ボイルで磯際のエサトリを強行突破出来るか試みると、からまんぼうが入った後ウキがゆっくりと海中へ…。合わせると予想外の締め込みにビビリましたが、何とか600ℊほどのグレが上がりました。その後はアジを沖に出しながら中間距離をメーンに攻め、キーパーあるかないかのグレを追加。

 しばらくアタリが止まったので、ハリスを一号にしてジワジワと深く入れます。それでもしばらくあたりませんでしたが、やがてかなりの良型がHIT!!しかし、根に当てて切られてしまいました交替まで後僅か…。何とか、30cm近いサイズをキープしましたが、交替時間が近付きます。アジが何故かいないので、交替後が恐怖です大事に魚を持ちつつ、急いで移動していると ベキッという音が…

折れたタモの柄
真っ二つ…

何かこの日は、予備のタモ持って行こうか悩んでたんだよね…。予知してたのかなぁ

著しくモチベーションが低下したまま、後半戦へ…。

☆後半 12:00~13:30
 
 前半対戦相手はこちらでキーパーを一枚、釣ってます。私は結構キープしていますが、23センチ以上が5枚いるかは微妙です折れたタモを持って、何とか気を取り直し、釣り開始!!右手では開始早々、H.Tさんが良型を掛けますが、バラします…。ほっとします
 私のいる左手は結構アジがいます。しかも、ウネリが結構上まで上がってきます先ずはキワを攻めると、コッパがたまに食う程度。0ウキは仕掛けが落ち着かないのでG2に変更しました。それで竿3本ほど沖にマキエを入れ、そこに流し込む感じで釣ると、すぐにヒット!27㎝位です。折れたタモで掬いました

 その後、アジ地獄にハマりますオモリを打って深く入れるとバリです

 うまい事アジを交わしたと思っても30cmオーバーのイズスミと、苦戦します。H.Tさんは2枚追加しています。

 その後は変化のないまま、タイムアウト!

結果は…5匹 1659g 対 3匹 991gで、隠岐阿見の勝利となりました。1枚は現場の検量では23センチを少し超えただけで、検量時は少し縮むんやないかと心配しましたが、何とかなりました予想通り強い対戦相手でしたが、今回も私にツキがありました。これで、勝ポイント3、占有率62.56が私に加算されました!


因みに1回戦で対戦したH田さんも勝ってました

さて、結果発表です。2勝はしているのですが、シマノJCでは占有率(その試合での自分の釣果のパーセンテージ)が優先されるので、非常に心配でしたが…


IMGP0857.jpg
予想に反し、3位で通過出来ました画像が分かりにくくてすみません

 

 試合後、徳島の森井名人がわざわざ結果を聞きにかけつけてくれ、喜んでくれました
 これまで4回、セミファイナルに出場させていただいておりますが、通算成績は 5勝1敗1分。ちなみに1敗は森井名人にやられましたよ


 また、Sブラザーズ兄さんをはじめ、今回はスタッフとして参加していたSWFC大分メンバーズからも祝福の言葉をかけて頂き、大変嬉しかったです。

 一昨年に引き続き2度目のファイナル…。一昨年のファイナルは2敗しました。2試合とも爆釣で、5匹選んで計るまで勝敗はわからない感じでした。港に戻り5匹のグレを計ったら微妙に負けてましたてげ悔しかったですね…。

 全国は、上位に食い込む確率が低いのはわかってます。それでも九州の強豪2名に勝利し、ファイナルへの切符を掴めたわけですから、宮崎県勢、そして九州勢の代表としてシード権を取るつもりで頑張ります!

 

 
 

シマノジャパンカップセミファイナル西日本大会 受付~1回戦

 早朝よりサシエの仕分けでくたばりつつ、受付で並んでいると、先日TDグレで対戦した増田さん発見
 お互い当たらんよーにクジを引くと、無事、当たりませんでした
私はFパートに決定です。番号は31番。

 その後サシエと配合餌を計量です。 サシエ1キロ×2試合分、配合餌4キロ×2試合分計量。

 その後オキアミ6キロ(2角)×2試合分を頂き、1試合毎にタル舟で混ぜますが、オキアミ硬過ぎ!!大きめのスコップでも中々割れません…(泣)

 休憩しながら何とか、マキエが仕上がりました。結構気温は低い筈ですが、汗だくです
 試合前に少々、くたばってしまいました…。

 その後Fパートの船(有漁丸)の前に集まり、対戦者の方とお話します。気さくで話やすい方ですが、対戦者のH田さん(熊本)は昨年のファイナリストで、ダイコーのトーナメントでも本戦に進出している実力者…。この名前には聞き覚えがあります。増田さんともお友達だそうです。初戦から厳しい戦いになりそうな予感…。

 
 出船し、上った磯はラクダでした。釣座選択優先権は私にあったので、先ずは下げ潮の潮下に当たるサンカクとの水道付近に入る事にしました。必然的にH田さんは先端付近での開始となります。「どちらが勝ってもお互い上れるように2戦目は頑張りましょう」そんな会話をして競技開始です。

 これより個人的な見解での試合解説をしてみようと思います。因みに、規定サイズ(23センチ以上)5匹の総重量で競います

【1回戦 6:30~9:30】    釣場・ラクダ
隠岐阿見(宮崎) VS H田さん(熊本)

☆前半 6:30~8:00 
 先ずはキワを下げ潮にのせて流します。1投目からサンカクとの水道であたりますが、ハゴイタのようでチモト切れ…。やがて足下にエサトリが見えたのでやや遠投し、サンカクに出来たサラシにぶつかって出来るカベ付近で競R(0)が入り、規定ある無しのグレヒット。ウキ下はヒトヒロ前後といったところでしょうか…。それからH田さんにバリやイズスミの良型がヒットし、隠岐阿見をビビらせます(笑)。カベ付近には小グロがたまに見えはじめます。その頃、隠岐阿見の両手と足がつりはじめました朝方汗をかきすぎたんやと思います。どうせ釣るんなら魚が釣りたいと思いつつ、頑張りますがこのままだと負けると思ったので、応急処置で海水を手で掬って飲みます。すると、5分もしないうちに回復! ホッとしました
潮の速度がやや緩んだりしますが、その時は流れの中でもグレがヒットし、25cmクラスも混じります。但しハリス1.25号、ハリは元輝の2~3号ですが、それでも渋る感があります。深く入れると少し強めの引きが帰ってきますが、バリ…。平均してタナは浅めでしたね。H田さんもいくらかキープしているので油断は出来ません。

そんな感じで取りあえず5枚は揃えたと思いますが、場所交代の8時を迎えました。今度は潮上に移動しなきゃいけません…。どうなるか…。

☆後半 8:00~9:30 
 先ずは足下を釣りますが、すぐにH田さんのエリアに仕掛けが到達するので北東向きや、オキカン向きに仕掛を遠投し、境界線や手前に流し込む釣りをメインに行います。北東向きに仕掛を遠投し、境界線の手前までを反復して流すと規定サイズのグレがチラホラ見えますが、次の1投ではグレがおらん感じです(タナの変動が激しい)。そして小さなアタリが出て、明らかにグレが食った形跡が残りました。元輝グレ2号に替えると規定未満を交え、ポツポツヒットしますが、それでもパターンにはハマるまでは至りませんんでもってハリスを1号に落としましたが同様ですそれでハリを「浅ダナ食い渋り」専用・オーナーの○メ○○(現時点では内緒です。すみません)に替えます。それで明らかにヒット率上昇!

 ここでかなり、隠岐阿見に流れが傾いてきました!!!

30cmオーバーも混じります更に競Rを0から00に変更し、上下動の激しいグレに対応しやすい様にしました!(アタリはウキでとりました) 
  最後には1本ほどのウキ下で660gのグレもゲット!

 9時半の競技終了までには10枚以上のグレをゲットする事に成功しました!

H田さんも4枚キープしていたので占有率はどうかなと思っていたのですが、結果からいうと検量では全てハネられてしまいました

 よって隠岐阿見 5匹・1905g H田さん 0匹・0g という事で勝ち点3、占有率100が隠岐阿見の持ち点となりました。

 結果から言えば大差と思われるかもしれませんが、潮に好かれていた上に偶然にもパターンを掴めて、運良く自分の釣りにハマっただけです。  H田さんは流石に昨年、ファイナルに行っただけあってテクニカルな釣りをされており、いつ自分の型にはめてくるか、ずっとヒヤヒヤでしたよ

 「次勝って下さい!お互いファイナル行けると良いですね!」そう言ってオーナーの元輝グレの2号と○メ○○の2種類のハリを10本ほど差し上げると、かなり喜んで頂けました

 続く2回戦は、福岡のトーナメンターとの対決でした!



シマノジャパンカップセミファイナル西日本大会 大会前

 セミファイナルの前日10/30㈮ですが、運よく年休も取れたところで前釣りも考えておりましたが、家で体力を温存する事にしました。

 昼頃にオヤジをラーメン屋に連れて行き、帰りにポイントに寄ると聞いた事のある声が…何とHam太郎君が店から出てきました!よってしばし雑談!
 セミ前にダイワ グレマスで2回も優勝した人と会うなんて、縁起が良いなと思いましたよ
 
 その後大分のハリーさんから電話が入り、いつも通り事細かな情報が入って来ました。こんなだから、本当にハリーさんには感謝してます。

 聞くところによるとグレの活性は高く、規定サイズなら浅いタナでバンバン食うエリアが多いとか…。グレは沢山入るようです。エサトリはアジの多いエリアもあるが、ハゴイタは台風の影響か、かなり減ったとの事です。ハゴイタがいると経済的ダメージを受ける為、私は一番苦手としているのでこれは朗報です
 ただ、グレの活性に関しては前日と全く異なる事が多い米水津…。食い渋る事も想定されます。(結果的にはこの読みが当たってました)

 情報を聞いたところで過去のデータを復習し、寝ます…。(眠れんから横になるだけです。)PM7時ごろから出発準備をしていると、なんと只まっさんから電話がきて、励ましのお言葉を頂きました!
 昼はダイワグレマス2連覇した人にバッタリ会ったと思いきや、夕方はシマノジャパンカップ優勝経験者から電話がかかる…。  それだけの事ですが、こりゃあひょっとして…。なんて思ってしまいましたよ!

その後はエンジェル大王からメールが…。まぁ、これはいつもの事ですが、 内容は「隠岐阿見君は自分の釣りをすれば負けるはずがない!まぁ、負けるときは自分に負けたときだね!気負いするなよ!」といった感じの事です。 宮崎を出発してからも念を押すように似た内容のメールが届きました。まぁ、負けるはずがないってのは大袈裟に言ってるだけですが、学生時代、柔道をやっていた頃に「ノミの心臓」と呼ばれていた私のキャラを良く理解した言葉です。しかも、いつも冗談しかいわない大王がこんな感じで励ましてくれるんでなんだか、力が沸いてきましたね!

 延岡を通過する際、トッキーデンキウナギからサシエ「トキデンスペシャル」を頂きました。更にマルキューの「食わせオキアミスペシャル」も差し入れてくれましたこれもしなものだけでなく、パワーを頂きました!

 その頃ハリーさんから再び米水津の追加情報が入ってきます。こりゃもう、がんばるしかありませんよね!

 集合会場の広場に着いたら、駐車場で地元の柴釣具や大分の釣具屋さんで購入した加工サシエと自分で加工したサシエ(オキアミS・L)、ボイル、それにトキデンスペシャルをジッパー着きの小袋に小分けし、持参したハカリで計量…。それを大きめの2つのタッパ(1回戦用、2回戦用)に移しました。更ツケエが傷まない様、クラッシュ氷を敷詰めたり色々していると、作業に1時間半を要してしまいましたよ
 それだけならまだ良いのですが、選手が通行するふりをして覗いていくのが見えます。
 周りから見たら変態に見えた模様です

 そんな中でも話しかけてくれる人は2名おりました。何だかさみしいというか、恥ずかしいというか丁度、そんな気分だったので嬉しくなって、1人の選手には余った餌を全部差し上げてしまいました

 で、しばらくするとどっかで見た人が…。それは昨年このセミファイナルで対戦した、徳島のイケメン、森井陽名人でした。思い切って「こんばんは。覚えてますかぁ??」と声をかけて見ると…

「おおおっ!宮崎の!!!

ってなノリで予想以上に喜んで頂けましたサシエの調整でかなりくたばってた隠岐阿見ですが、大変嬉しく、元気になれた瞬間でした

 その後受付時間が近付くにつれ、SWFCのSブラザーズ兄さんをはじめとした、同じクラブの友人が運営スタッフとして現れ、声を掛けてくれたので、どんどんリラックスしてきましたね

 それからいよいよ、AM四時の受付、抽選等、そして対戦を迎えることになります。

  バタバタしており写真が無くすみません因みに今後報告する予定の試合の写真も釣りに没頭し過ぎて有りません申し訳ないっす…。

つづく…。
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

隠岐阿見

Author:隠岐阿見
釣りが大好きな43歳♂
宮崎県南の磯や波止をメインフィールドとして、大分や鹿児島方面にもちょくちょく出かける週末アングラーです。年間を通してグレやチヌ狙いのフカセ釣りメインです。灼熱下でも行きます!!チョイ投げのキス釣りや近場の夜釣りも大好きです。

釣ファンに連載執筆中。南のつりにも登場したりします。

主な愛用タックルはシマノ、釣研、オーナーばりetc.

♪所属クラブ♪
☆S.W.F.C大分(シマノワンダフルフィッシングクラブ大分支部)
☆夢限釣行FC
☆チームシーガー


宜しくお願い致します!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。