5敗目+1勝

今回も写真はありません夕方以降のデジカメの調子が悪くてどーもいかんですわ買い換えんといかんかな…。

で、一昨日もニョロリング行ってまいりました。実釣は19時~21時。
河川中流域にて例外なく寺建立セイゴやメイタは結構食ってきました。セイゴやらメイタは結構遡上してるのに、ウナギはおらんのか?

 ニョロリングで用いたチョウセンゴカイが余ってたもんで、昨日は岩ゴカイを100円分追加して青島漁港にてチョイ投げしてきました18時より開始し、波止の先端~真ん中付近が良いだろうと思ってチョロチョロしながらポイントを探ってましたが、狙いのキスは2匹しか当たらず、7時頃に波止根元側の階段付近に移動すると入れ食いに近い状態

 トリプルヒットもありましたが、そん時に大きなキスが仕掛けをグチャグチャにしてくれたおかげでもつれを解くのに時間がかかり、余り追加できませんでした…。それでも日没までに計10匹釣れたから良しとしましょう♪

 「キスは足で稼げ」とは良く言ったもので、例えチョイ投げであっても、チョロチョロしながらポイントを探しまくったほうが良い釣果に結びつきますね♪いい運動になりますわ

 明日からの週末、台風のウネリは入るか入らんか微妙なとこですねぇ出港すれば、夜釣りのシブはかなり高確率でゲット出来るんじゃないかと思います。
スポンサーサイト

JTWC


Tropical Depression 11W (Eleven) Warning #06  Issued at 26/2100Z

•TC Warning Graphic
JTWC.gif
やがて台風9号になるであろう熱低の予想進路図。

 南海の台風製造工場、がんばっちょりますねぇ…。3週連続で県南の磯釣りはできんかもなぁ…。

 時化て磯釣りに行っていない間に、不調だった夜釣りのシブが各地で食い始めてます。いい感じで夏の水温になってきたと言う事でしょうね♪

 昼は暑さもさることながら、どんな魚達が待ってるんだろう。そろそろ凄い色のヤツが釣れそうですね次回の県南での磯釣りは、いろんな意味で恐怖ですわいつになるかはわかりませんが…。 

5連敗ならず!

 そういや報告が遅れましたが、HONEPOKKINSのHam君とニョロリングに行った日曜日、ようやく本命魚をゲットしました。

 4回連続出家という不本意な釣果に終わっておりましたが、5回目にしてようやくです

 最初はメイタラッシュで苦戦したものの…
2011072422270000.jpg
丁度、蒲焼で売ってあるくらいのサイズ。写真ではわかりにくいですが、黄色っぽいというか緑と言うか、綺麗なウナギです。よーわからんままに釣り上げてしまいました8時20分の出来事でした。

鉛筆よりちょい大きいサイズも食ってきましたが、リリース。
チョウセンゴカイとサバの切り身を用いましたが、ここの奴らはチョウセンゴカイが好みのようでした。

 ham君はこの日、魚のアタリはかなり取っていたものの、ハゼキラーになっておりました
ニョロリング3連敗らしいですが、4でストップ願いますよこの釣りはグレよりも寺建立率が高いですね限りなくジャンケンに近い釣りですから。

 物凄く運的要素の強い釣りですが、釣れる確率を高める為には「場所」とその釣場での「ベストな条件」、その地域での「特エサ」、「時合い」をシッカリと把握しとかにゃいかん気がします。これがまだ把握できておりませんねー
 
 まぁ、ニョロリングは色々考えて釣果を得るよりも、アタリを待ってる間の仲間との会話の方が楽しい感じなんですけどね!


 あ、それと…
 

 このウナギ様、ham君から、「脱走するからバッカンのファスナーしめちょきないよー!」ってアドバイスをもらっていたのにも関わらず、「バッカンの水を少なくしちょけば問題ないやろ」と勝手に判断し、ブクブクをセットした後は写真のように少な目の水で活かしておいたのですが…

翌朝、バッカンから脱出して死んでおりました我ながら詰めが甘い…。

やっぱ、雨の日は陸上移動する魚だけあって、ナメたらいけませんね。


週末は時化そうなのでニョロリングの確率が高くなってきました。ニョロリング釣行の際は次回よりバッカンのファスナーをしっかりと閉め、脱出せんように気をつけようと思います。





また時化るか?

地上48時間予想天気図(12Z) 予想日時 2011年 7月26日21時(JST) (気象庁発表)
地上48時間予想天気図(12Z) 予想日時 2011年 7月26日21時(JST) (気象庁発表)
南の海に熱低2つ出来るみたいで…。
今年の台風製造工場は頑張っちょりますねぇ。あんまし頑張らなくていいよ!!!って感じ。

台風になって北緯20度線を越えたら完全アウトですね。

予報が当たれば、今週末の磯釣りは厳しいでしょうねぇ。ようやくシブも好機突入との噂なんですけどね。

HONEPOKKINS


本日も県南某河川にて。

5連敗目か?(ハム君は3連敗目か?)…。

それとも…。

ウナギよ…。お前は鬼か。

さーて、昨日も行ってきましたよ!ウナギングへ…。同行者はミスターYさん。


昨日のエサはサバの切り身メイン。それとミミズも少々。殆どサバの切り身を用いました。

7時半頃、エサをガツ、ガツ、とこずくようなアタリが出ましたが、掛からず…。

余りにも食わんので、タオルを敷いて横になっていた8時半頃、ガシャーン!!!と音がしたので飛び起きると、ランドメイト(サオ)が川に向かってダイブ寸前

慌ててサオを持ってやり取りすると、浮いてきたのはキロは優にあるイエローフィンティヌでございました。コヤツはぶり上げに失敗し、川へお帰りに…まぁ、本命じゃないのでこれは問題なしです。

で、9時過ぎ粘ったのにもかかわらず、またもやウナギ様にはお会いできませんでしたニョロリング4連敗目です。この辺りにはもうウナギはおらんのやろうかちと、場所を変えてやっちみようと思います。

釣れん釣りもハマりますねぇ。次のニョロリングはHam君とかな??



Ham君と私の所属する(って2人しかおらんけど)HONEPOKKINNSのメイン活動は今んとこ、ニョロリングです。

HONEPOKKINNSに興味のある方は、私かHam君にお問い合わせください。現時点ではヒジョーに釣れん釣りクラブです

釣研 メールマガジン

釣研のメールマガジン♪

新製品情報・便利な釣りトピックスなど不定期に配信していただけます。

メールマガジン登録者限定でレアなプレゼント抽選も企画しており、第1回目は釣研インストラクターの池永祐二さん直筆サイン入りシステムクリアバッグとクリアポーチでございます。
1107present_ikenaga.jpg




興味のある方はこちらをクリック→メールマガジン登録

ムキエビ作成

 

 昨日、佐伯市のスーパーマーケットで3パック購入した「別府湾産赤エビ」のうち、1パックを解凍してムキムキしてみました♪
2011072019180001.jpg
 サイズは大粒のオキアミと同等か、やや大きめ。最も欲していたサイズです。宮崎市内でこのサイズがこれほどまとまってパック詰めされているのは見かけません。

 宮崎で購入してツケエにするシバエビはオキアミよりも遥かにデカイサイズが多く、茶褐色か緑褐色で殻が固く、むくときに刺々しくてザリガニっぽいですが、「別府湾産赤エビ」は殻が柔らかめで「殻付きでも釣れるんじゃねーか?」って思うほどです。かき揚げにしてもメッチャ旨そうなエビ♪

 小さいので剥きにくく、数粒、剥くのに失敗してしまいました
 
 思いのほか時間がかかってしまいましたが、グレのサシエとしては「宮崎産の小エビとはモノが違う!」という印象を受けました。流石は「ムキエビ釣法」発祥の地の小エビです。このエビなら違和感無く使えそうですが、これをサシエにする事を思いついた人ってホント、凄い!

 これで食わせる自信はありませんが、魚が勝手に食って来るという自信はありますホント、宮崎にも売ってれば良いんだけどねぇまた近々、佐伯まで買いに行きますよー!

 2011072019550000.jpg
 小さめの容器にケチって4つ(大粒1つ、小粒3つ)に分けてラップしました。ジッパー付きの袋に入れて冷凍です。

 土曜日は仕事なので、日曜日は釣り切らんかった鶴見の防波堤へ、ヘラ釣り用エサを持参して行く事も考えましたが、何せ、遠い
 よって、ムキエビを小崎沖でフィールドテストしようと思います!

 けど、週間天気予報を見たら気温33℃とか朝から釣るんは辛いものがあります遅めに行ってサオを出すとしますかね♪まぁ、個人的にはシーズンでも遅めが多いんだけど
 同行者のとら吉さんは早めに行きたいみたいなので、先に爆釣しておいて頂こうと思います。7時回収なので体調管理には充分お気をつけ下さい♪
 全体的にイサキは下火の雰囲気…。グレに特化して狙いたいところですが、小崎沖はそろそろ、ヒツオの活性がやたらと高まる時期ヒツオ祭りにならんよーに願います。

にょろりんぐ失敗…。

 昨日、知福川にて半夜ニョロリング。八時半過ぎまでやったんですが、またもやウナギ不発

もうここにはおらんのやろうか

かわりに食ってきたのは…
2011071919140000.jpg
イエローフィンティヌでございました。36~7cm位です。結構上流の方にあって、増水してなければ水の色はクリアな場所ですが、鯉やらシーバスが泳いでるのが見えます。

チョウセンゴカイとミミズで2本、サオを出してたんですが、食ってきたのは小型ミミズの房掛け。

どっか釣れる所無いかねぇ。

 

連休釣行報告!

さーて、連休の釣行報告です。フカセは土曜日のみまぁ、この台風じゃ仕方ありませんけど…。

7月16日(土)は、ミスターYさんと共に鶴見湾内へ行ってきました。現地到着はAM10時ごろ。

先ずは一番人気の梶寄港に行ってみると、釣り人は一人しかいません。
足下にエサトリがちびっといて、深めの所を40cmクラスのグレが数匹泳いでいます。

そんなもんを見てしまっちゃ、サオを出さずにはいられない!ってなワケで撒餌を撒いてみましたが、コッパグレはマキエに反応するものの、良型は消えてしまいました
それでもツケエは残るので気合いを入れていると、25センチほどのは一匹だけ食ったもののその後はツケエのこりっ放し。たまにコッパ…。

 そんな時、後からパン粉釣法の釣師が現れ、先端のポイントに入ったと思いきや、あっさりと40cmはあるだろうというサイズをゲット!2本針、シャクを使わず撒餌のパン粉を手で撒いて5匹以上は良型をゲットしていたと思います。
 うーん、オキアミでツケエは残るんやけどねぇパン粉を使ってみたくなりましたが、はっきり言ってパン粉釣法には自身がありません
 

 ちゅー訳で、正午過ぎに釣り切らん!と判断し、オキアミで我々でも釣れてくれる場所を探すべく、移動!その際、しっかりとデッキブラシで波止を磨き、粉すら残さん位に洗い流しておきました。


 

移動先は丹賀の地磯!。足場はあまり良くありませんでした。結果からいえばここも釣れんかったですわ。


まぁ、ここで「つった」と言えるのは、太ももくらいやね


 釣れんし暑いしで場所替えしようと思い、2メートル位の犬走りを這い上がろうとしたその時、太ももが攣って激痛が走り、しばらく動けん状態
うずくまってる間に、ミスターYさんが車に全部道具を積んでくれてましたすんませんでした。

IMGP1920.jpg
足が攣るくらい頑張ったのに???釣れてくれた魚は26㎝ほどのこんなグレと、20cm少々のアジ、グレと同じくらいのヨコスジフエダイのみ。



ここはこの日、最後にサオを出したフィールド 大崎港
IMGP1916.jpg
6時半までやって、アジゴとチダイで終了!

鶴見まで来て、こんなに釣れんかったのは久々ですわ

という訳でクーラーボックスを満たす為に、ご当地スーパーマーケットへ行ってきました

IMGP1922.jpg
一番上は別府湾産の赤エビ大分ではムキミのツケエとして最も多く用いられている物ではないでしょうか?赤エビが一番食いがいいらしいですもんね

オキアミよりほんの少しデカい位で、一番欲しかった大きさいいムキエビが出来そうですねぇ♪3パック購入しました!!


真ん中・私にとっては定番のパッチン(ウチワエビ)何だか顔にガバッてしがみついてきそうなグロいヤツです。

3パックしか残っておらず、ミスターYさんが2つ買うとの事なので1パック購入♪

身が少ないのが難点だけど、イセエビより旨いんじゃないかと思ってます。こんだけ入って250円なら安すぎですね!


 
 一番下はトッキーデンキウナギがこよなく愛すHガニ(ヒラツメガニ)写真はボイルしたものですが、結構大きめのが4匹入って298円と安かったです。
 宮崎市では余り見かけませんよね。個人的に、ガザミやトワタリガニ(ノコギリガザミ)程は旨いとは思いませんでしたが、クセが余り無くて充分に旨かったです。タイワンガザミよりは好きですねぇ。まぁ、エビやカニはどれも旨いっすね!




7月17日、7月18日の二日間はそれぞれ短時間ですが、近所の知福川にてニョロリング(うなぎんぐ)!

 Ham君、マサヒロ、私は実際にサオを出してアルデンテなヤツ??をハリに刺して遊んでましたが、二日間とも寺建立でございました。住職も3名…。ミスターY夫妻やらチビスタローン夫妻らが御供え物??を持ってきてくれたんですが、ウナギでお返しするどころか、一匹もその姿を拝むことはできなかったですねぇ


20110717144810.jpg
まぁ、この手の釣りはこんな感じで、菓子食ったりお喋りしたりしながらやるんがオモロいんで、釣果は2の次なんですが…




やっぱこのままじゃおさまらんですわ。ウナギが釣れるまでちっとばかしハマってみましょうかね!

ハム君初の魚ゲット!


ようハリに掛けたわ!
流石は全国クラスの名手です。

ニョロリング



本日はニョロリング中…。
ターゲットばかりでなく、エサもニョロニョロ

滅多にアタリませんが、アタる時は同時。ハリに掛からんのも同時…。

時化まくり連休 到来!

 グレ・イサキが好調だった宮崎県南ではありますが、最近は寺建立情報も入ってくるようになりました

 「こないだイサキ捌いたらメスしかおらんかったけん、イサキはそろそろ終わりじゃねーとや?」とトッキーデンキウナギが言ってたものの信じてなかったんですが、何だか本当にイサキは下火になってきましたね。以前とするとグンと釣果が落ちてきたように思えます。

 イサキの子持ちしか釣れんようになったらピーク終了の可能性あり…。この事も、これからは意識すべきなのだろうか?

さぁて、明日から週末。時化まくり3連休ですね!
昨年は時化たら必ず、鶴見湾内へと繰り出していたんですが、今季はどーもそこまでする気になれません。
けどそこまでしなけりゃ、3連休なのに釣りが出来ん可能性もあります。

1日くらい、行ってみるかねぇ…。



台風の進路を見てみます。


台風第6号 (マーゴン)

平成23年07月15日09時45分 発表 台風5日進路予報
1106-00_20110715110216.png


Joint Typhoon Warning Center (JTWC)
wp0811_20110715110451.gif

JTWCはかなりありがたくない予報を出してますね
これが当たれば時化まくり連休どころではありませんねぇ。

 個人的にはJTWCよりも気象庁の進路図のように、太平洋側へ反れるような気がしてるんですが、どうでしょうねぇ
 最強時には915hPaまで発達するそうですから、ちっとくらい反れてもかなり影響がある気もしますが…。

「台風殿、どちらかを選べと言うのなら、気象庁寄りの進路でお願いいたします。」

これ いい感じ!


中々好みの味…。

夏磯でも 使えるかな♪

沈めフォース

ptop_shizume-force250.jpg
釣研の新製品!!

といいますか、要はツインフォース(タナ・沈め・全遊動)の下ウキですね!下ウキのみ、単体で発売してくれるみたいです♪ 

高切れでツインフォース(タナ・沈め・全遊動)の下ウキを無くした時や、予備として購入しておくと良さそうです。宮崎県南は高切れ多発地帯である上、この手のウキの下ウキは高切れしたら浮いてきませんからね(笑)


 また、上ウキはそのままで、数サイズ用意しておいた沈めフォースをチェンジすることで「タナ・沈め・全遊動」のどれにでも変化することが可能になりますね♪


 宮崎県南で日中、イサキに特化して狙う場合、ツインフォース・タナでしっかりとタナを取って狙うのが効率的じであろうと考えており、買わなきゃなぁと思ってたのですが、当時は下ウキは単体で売ってなかったので、高切れを考えるとBiG水中などの水中ウキの方がマシだと考え、買っておりませんでした。
 
 下ウキ単体での販売が開始されたので、ツインフォース・タナ1個と沈めフォースを数個、購入しようと思います。

連休丸潰れ?

台風第6号 (マーゴン)予想進路図

気象庁
平成23年07月13日06時50分 発表1106-00.png


Joint Typhoon Warning Center (JTWC)
wp0811.gif

更に、天気図を見るとフィリピン東海上に熱低に発達しそうな低気圧あり。
やはり予想通り、「シケまくり連休」到来の予感…。海の日、海でのレジャーは無理か??。

現時点では直撃の心配もありそうな感じですね

時化てくる可能性大

地上48時間予想天気図(12Z) 予想日時 2011年 7月13日21時(JST) (気象庁発表)
fsas4_12_20110712103246.gif
熱低が台風に発達し、徐々に西へと進む予想。昼夜共に磯は厳しくなってくるでしょうね

サンバイザー

このところ、サンバイザーを被る釣友が急増しちょりますね!

1_20110712090429.jpg
このお方はかなり前から愛用♪

IMGP1893_20110712090518.jpg
薄暗くてわかり難いですが、このお方もサンバイザー。

IMGP1878_20110712090641.jpg
最近、私もチョー久々に被っております。10代の頃以来じゃないかなぁ…。これまでに釣りで用いた記憶はありません。



ここで、今思いついた「サンバイザーのメリット」を挙げてみると…

・帽子のように髪の毛を無理やり押し込む必要が無いので、髪がウザイ位伸びていても髪の毛が邪魔にならない
。これはチョー快適ですね♪  注…トッキーデンキウナギは坊主頭にしているのでこのメリットを享受する事は出来ません


・風通しが良くてとっても涼しい。


・キャップキーパーが無くても飛びにくい。


など…ですかね


快適なので二日連続でかぶっていたのですが、デメリットもありますねと言うか予測はしていたのですが…


夜、髪を洗っていたら、頭皮がヒリヒリ痛むとはいかないんだけど、張りがあると言うか…何だか違和感がありましたこの歳にもなると頭皮の異常には神経質になる?のでヤバイ前兆ではないかと一瞬心配したのですが、すぐに理由がわかりました

「頭皮の日焼け」ですね。サンバイザーは頭頂部を遮るものがありませんのでこの灼熱下では仕方ありません。髪色も、「僅かに茶髪」だったのが「一部はかなり茶髪のプリン状態」へと変わってしまいました


あと、これを書くと後で「お前、いらん事書くな!」って怒られそうですが、坊主頭でサンバイザーを使用していたトッキーデンキウナギの頭皮は大丈夫でしょうか


賢い皆様なら予想はしているでしょうが、サンバイザーは頭皮の日焼けに要注意ですね。けど快適さと言う点でのメリットは大きい。


色々調べてみると、「頭皮専用日焼け止めスプレー」なるものがあるみたいなので、取り寄せてみようかなと考えています。

頭皮のケアさえしておけば、夏磯でもサンバイザーで快適な釣りが出来そうです。






週末釣行報告!

9日土曜日は、

市木の沖磯に行っておりました。先にラインメーカーS社テスターのI上さんがイサキ釣り(カゴ)で行ってたので電話すると、朝はイサキが何ぼか食うたけどオヤビの猛攻になったとの事。

時合いを外したかと思いつつも、11時半に釣り開始!
開始して一時間以上たったころでしょうか?エサトリの猛攻を上手くかわせたのか知らんけど、連発ヒット!!

しかし、2回立て続けにやられました明らかにグレの引きだったので頭にきたこともあり、3回目のアタリは有無を言わさず一気に抜き上げて42センチ!一度も締めこみませんでした(というか引く余裕を与えませんでした)

が、その後沈黙し、やがて突っかけ上り潮の激流。灼熱地獄…意気消沈。


3時から岩陰に入りました。すると、時折吹くそよ風がとても心地よく、釣りをしようという意欲はあるのに身体が岩陰から出たがらなくて、一時間もサボってしまいましたわ

4時に釣りを再開!41㎝の地グロをゲットした後、潮も幾分下げて低い磯もやれそうになったので船長に電話すると…

「明日ウネリが出るから船を避難させるわ!申し訳ないけど、4時半回収!!」との事

ちぃーっとばかし不完全燃焼ではありましたが、実況どおりの釣果を得ることができました。
20110709180206.jpg

10日 日曜日は、夕方までプラプラやって、4時半から近場へ♪  柴釣具の情報によると、まだ近場でも時折釣れているという事だったので期待して行きました。5時過ぎにミスターYさんも登場!

その後、水島で50オーバーをゲットしたという少年釣師君とアユアソビさんが帰りに近くの磯でサオを出しにやってきました!水島はといいますと、型がいいのは出たけど、激流で全体的にパッとしなかった模様但し、オナガやイズスミが入り乱れて沸き、バラシが多発したとの事で名礁水島は堪能できたみたいでした!

で、結果はといいますと、ミニグロが沸きまくって苦戦したものの、五時過ぎ?に時合到来して連発!25cm前後はリリースして30cm無いかなぁ…と言うようなサイズからキープしました。

6時半以降に期待したんですが、ウネリが太り始め、近場にしては珍しく上り潮の突っかけの激流
結果、最も期待した6時半以降は1枚しか釣り切らんかったです
IMGP1908.jpg
最大36㎝、そん次が33㎝、あとは28~29㎝。まだ早い時間から30㎝後半も食ってきたんで帰る前に期待したんですが、終盤の潮とウネリを攻略することは出来ませんでした一枚はハリ(元輝グレ)を口にくわえてたんでミスターYさんに見せると、「オレがばらしたグレや」って言ってました


現地では魚を捌いた形跡があり、40㎝オーバーらしき鱗?が散乱してましたんで、近場も暫くは期待できるのではないかと思います。柴釣具店長の話だと、土曜日は近場のかなり広いエリアで釣果情報があったみたいなんで、お気に入りの地磯に行ってみると思わぬ釣果を得ることが出来るかも知れませんよ♪




昼飯


最近お気に入り。温玉ぶっかけ390円でした♪

さぁて、仕事行くかね!

市木


11時半に開始してグレらしきバラシ3連発 一枚は取れました。

その後、熱中症になりそうな気温だったので岩影で一時間休憩。

四時に再開して一枚は取れましたが、四時半に強制回収となってしまいました^^; 7時までやる予定だったんだけどねぇ…。

残念な思いもありましたが、磯は暑すぎたのでこれで良かったかな♪



グレのサイズは41~42センチでした。

イサキは午前中にカゴで三枚釣れたみたいです。

グレらしきバラシ二回の後キロオーバー一枚

岩影に隠れてみたら快適で外によー出らんなりました^^;日当は地獄です!

ストレス解消?!

 何だか、ソートーなストレス…。

 自分でもかなり来てるなーって思いますわまぁ、それでも土日がストレス解消になるわけなんですが…

 何となく天気予報を見ていると、やばし

 友太丸に電話すると、やはり明日は船止め

 っつーワケで明日はどうしましょ…。最悪な場合はストレスはそんまま蓄積されそうです。



 そういや秋の新製品トーナメントゼクト。新たな情報が入ってまいりました♪
 2011070721120001.jpg
トーナメントαーEと比較するとこんな感じみたいです。

・体積はやや小さめ??中心より上部は張り出しており、見える部分が多そう??

・艶消し塗装はあえて行っていないそうです。当然ながらダンパーコーティングは施してあり、浮力はかなりシビアな設定となっている様です。

・価格はトーナメントαーDよりもかなり安め!

他にも特徴がありますが、長くなるのでまた、次回の紹介のときに…



特徴がわかったところで思う事…。

早く商品が見たいし、フィールドテストしたい
発売は10月位との事なんで、それは中々厳しいかもですね

しかしながら、私は未熟ながらもフィールドテスターの一人であり、発売より早めに入手出来る可能性はゼロではない気がしますんで、もし、早めに入手することが出来たならば使用感なども報告してみたいと思います。

多分、手に入らんじゃろーけどね…。





釣りをしていなくても、ウキを眺めるだけで何となく、癒された気分になりませんか?

早くゼクトに癒されたいもんです♪

おはようございます♪

 おはようございますもう、木曜日。週末が気になりますね。

 今年は夏なのに昼間、異常に釣れているとかいう情報が釣り情報サイトを中心に出回ってるみたいですが、個人的な見解だと「例年より釣れている」位の様な気がします。小崎沖に関しては例年、夏グロ・夏イサキとも結構釣れますからねぇ。グレが20枚前後釣れてもそんなに驚きません。
 ただし、都井エリア全体で考えると「今時期あそこでもグレが食うのか?」と吃驚させられた事が何度かあったので、数としては多いのかもしれません。幸島をはじめとした市木エリアもかなり広範囲でイケる様な気がします。実際に6月中旬以降も結構釣れてますからね!
ただし、市木の方はオヤビをはじめとしたエサトリが多い釣場が多いので、なめてかかると厳しい結果になる気がします。

 何れにせよ、日ムラっつーものは避けられませんですから、もしこのブログを見て釣行された皆さん、もし釣れなくても私を恨まないで下さい(笑)
 本命潮が走れば食う確率は高まります。通常、腰かけ東…上り潮   腰かけ西…下り潮   中の瀬…下り潮   一の瀬(前)…上り潮   一の瀬(後)…下り潮 が本命潮ですが、潮流の角度が最悪でなければ本命ではない潮でも結構食います。但し、不運にも最悪の角度で逆潮が入るとかなり厳しいと思います。
 また、小崎沖は潮通しは良いものの、広域的に見ればワンドに位置しており、沖の潮が上っていても反転流的な流れで下る事もあります。従って、水島など沖の潮がバリバリ走る海域での上り、下りとは逆に流れている事も普通ですから、水島が上りだから小崎沖も上っているとは限りません。

 あと、釣果以上に重要なこと=熱中症対策ですね私は暑さには強いほうだと思いますが、(寒さには滅法弱いですが)水は5リッター程、念のために持っていきます。冷えピタとか、塩分とかも念のため用意しておいたほうが良いと思います。利尿作用が高いと言われるお茶はなるべく控えたほうが良いと考えているので余り持っていかず、スポーツドリンクを水で少し薄めたものをメインとしています。
 

雨…

 おはようございます 
 
 梅雨明けしてから久々に連日の雨。うっとおしい気もしますが、本日の最高気温は28℃。涼しく感じる一日になりそうですたまにゃあ、こんな日もなきゃね♪

 だけど昨日・今日と釣りの予定を入れていた方は残念なことと存じます波も出ている様ですし。自然には逆らえないので仕方ないのですが…。

 予定と言えば、私の仲間には小崎沖を予定されている方も多くいます。友人の予約を頼まれたので予約し、自分の土曜日の予約を入れるつもりで田中船長に電話するとこの時期にも関わらず、何と、昼の当番瀬は満杯となっておりましたある程度釣れてもこの時期は大抵空いているのでブログ効果か???携帯釣り情報サイトにはまだ出ていないので、それを見て予約しても既に手遅れかも…!

 まぁ、私は空いている場所に入ることが出来れば良いんですけどねもし、小崎沖トライアングルに乗れるなら、7月2日と3日に乗った二箇所以外に乗りたいです。

1_20110706105241.jpg

2_20110706105207.jpg
この2箇所もイケるでしょう。下の瀬はイサキよりも40cm後半のグレが食って来る気がします。

そういえば…上の瀬は久々にHマンが復活するんで、日曜日に予約していたんだった二日連ちゃん釣行になりそうな予感。熱中症対策は万全にしとかんといけませんね。

最近、ストレスが溜まり気味なので釣りのことばっかり考えたいんですが、そーいうわけにもいきませんから、ボーチボチ週末までやることにしますか!

 

 

 

 
 

夜釣りのベストシーズンはまだか?

 この時期の宮崎県南なら、通常はシブーい奴が大人気で、夜の磯は満員御礼となる事が多いです。
2011070309440000.jpg
大堂津の〇磯釣具店店主・〇磯魔神!
 
 ご覧の通り手持ちしているのは1.7キロのシヴダイ(標準和名・フエダイ)です。

 この時期の南九州では絶大な人気を誇るターゲットなのですが、7枚位釣った日はあったものの昨年と比較するとかなり調子が悪く、イサキや夜グレはクーラー満タンの日があるものの、シヴダイは釣れん日も多いとの事。

 不調な夜釣りに反比例し、日中のグレ・イサキは宮崎県南のほぼ全域で好調!フカセメインの私は早くも週末のことが気になって仕方ありませんが、果たしていつまで続くものか…まさか突然、寺建立続出って事にはならんじゃろねぇ時期的にいつ終わってもおかしくはないので心配です。

 沖磯ばっかり行くとマネーの方が気になってきます。なーんかマネーの面でウチの職場はありえんくらい厳しいとのウワサですが(噂は信じないようにしてますが…)釣り以外の色んなことは我慢して、釣行費用に当てにゃいかんなぁと頭を抱えている所です。

7月2日・7月3日  小崎沖トライアングル

 土・日の釣行報告、このブログで全てを報告したいところですが、雑誌執筆というものがございまして執筆の可能性が高いので、申し訳ございませんが場所・釣り方などは省略して報告いたします。友太丸を利用したい方でしたら問い合わせて頂ければ場所は教えてくれると思いますんで、都井岬の灼熱フカセに興味がある方は、是非

7月2日(土)
 昔、良く一緒に釣行していたH部さんと久々に釣行!
 H部さんは、かれこれ20年ほど前から00浮力のウキを使いこなしていた、知る人ぞ知る凄腕釣師です。
 
 10時半ごろ港に着くと、ゾ○○で前日夜釣りをしていたトッキーデンキウナギが車で寝ていたので、叩き起こして友太丸に乗りました!夜釣りして翌日の日中釣りをするとは、この人も変態ですね
 話を聞くと、一緒に夜釣りをしていたゴリラーマンデンキウナギとのイサキ釣り対決でコテンパンにされたとかで、ストレスを解消する為に昼もやるのだとか…(笑)まぁ、それは冗談ですが、トッキーデンキウナギもしっかりとイサキを数枚、釣ってましたよ♪
 因みにゴリラーマンデンキウナギは二桁は楽勝で釣っていたそうです。

 釣り開始は11時でした。潮が下げていると言う事もあり、上礁早々、H部さんは磯の貝をほじくっておりました。この頃、本命潮がガンガンいってたので速攻釣り開始!30分位して本命のイサキが釣れたところでH部さんダッシュで準備2~3匹釣れたところで釣りを開始しました

 すると暫くして本命とは逆の潮がガンガン潮の流れる角度は、何とか釣れる状態ではあったもののこれから釣れるのか心配していましたが…
 IMGP1877.jpg
しっかりと本命の良型イサキをゲット!やはり、凄腕は健在ですね♪かなり取り込みにくい所から引きずり出しました。

釣座を変わったりしながら、それからもいい感じでイサキを追加していきます。
そんな中、なーんかヤツの気配を感じるので狙ってみます。すると…

IMGP1878.jpg
狙い通りにヒット46㎝もありました1.4キロ

 それからもいい感じでグレがヒット♪45.5cmもヒットしてきました!サイズもいいです。時折、イサキが邪魔をする感じです。邪魔をされるのはそれはそれで嬉しい…。H部さんはイサキに特化して狙っているので、釣れるのはほぼ、イサキです。

 そして6時過ぎ、H部さんが良型イサキを何度も連発ヒットさせます。しかも、800g~キロクラスと型がいい!最後に本日最大のイサキをゲットしてました。計った所、1.3キロだったそうです!

 他にも色々とあって楽しい釣りが出来ました

 因みに、トッキーデンキウナギはと言いますと、前日あまり寝てないのにも関わらずずっとサオを振っておりました流石にかなりサオを曲げ、タモも出ておりました!良く見ると、柄杓をタモ入れしてました。


そして…


ウキトリパラソルも良く飛んでました(笑)


11時釣り開始とはいえ、夕方7時までサオを出したのでかなりひんだれました。



IMGP1886.jpg
前にも報告した通り、私の釣果は グレ…40後半二枚混じりで700g~ジャスト二桁。他にも40cmオーバーが結構おり、アベレージサイズはデカかったです。

イサキも17匹いますね因みにクーラーボックスの中にももう1匹へばりついてました。900gから上のキロクラスは結構いましたが、完全なキロオーバーはいなかったです。

IMGP1887.jpg
こちらはH部さんの釣果!確認したつもりでしたが、画像が悪かったのが個人的にも泣きそうなくらい残念最大1.3キロ。イサキ17枚。H部さんは完全なキロオーバーも何枚か釣ってる筈です。アベレージは私よりもはるかにデカイ!!!夕方ほとんど一人で釣りまくってた時間帯のヤツが型が良かったようです。

グレも2~3枚釣ってます。


そして…トッキーデンキウナギ♪
IMGP1893.jpg
よりによってこんな写真の方が写りが良いなんて…(笑)

ハゴイタが良く似合うトッキーデンキウナギ…?!

IMGP1894.jpgしかしながら、しっかりとクーラー満タンにしてるところは「流石はトッキーデンキウナギ」でございますわ♪



7月3日(日)
この日も友太丸利用ですが、前日とは別の磯へ渡礁。釣り開始は11時半!

他磯にはチビスタローンさんとナオピー、全く別のエリアではとら吉さん達がサオを出しておりました!

 最初はこの場所としては「最悪の潮流」で苦戦し、28cmほどの小ナガもやっと食わせたのでキープする有様でしたが、本命潮が走ると様相は一変!

本命潮は南西の爆風に突っ込む感じなので釣りづらかったものの、やはり、食ってきました!

土曜とはまた、違った感じの釣りだったので戸惑いはあったものの…
IMGP1899.jpg
イサキは14枚いました。(写ってないものもあります)
グレはキロオーバー交じりで30cmを超えたのは11枚。900g前後が最も多かったです。

終盤はくたばってヤル気の無い状態でしたが、7時まで粘ってしまいました。

小崎沖ではチビスタローンさん、ナオピーの乗った磯も良いサイズのグレ二桁、イサキと釣れてたみたいです。

因みに、とら吉さん達の乗った磯は2人で20枚以上良型が出ておりました。小崎沖トライアングル全箇所を含めて友太丸のお客様はボウズ無し!

それにしてもとら吉さま達は、この時期に「○ウ○」であれだけ釣ってくるとは予想外でした。ウデが良いのは間違いないですが、今年は予想外の場所でも結構釣れてます。冬季シーズンに期待出来るポイントは、何処も狙い目だと思います。
先日はヒラッチも大黒で結構釣ってましたからねぇ♪

後は、いい潮が入りさえすれば…。

しばらくは夏フカセ、楽しんでみようと思います。


※ゾ○ズの釣果報告につきましては、宜しければ下記ブログを覗いてみて下さい!

とら吉三平の釣り視線


 
 あと、特記事項ですが、ツケエに関して述べてみますと、私以外は皆さん、ボイルなどのオキアミ生以外のツケエで釣果を叩き出しているので、都井に行かれる方はボイル等も試してみると良いかも知れません。
 
 因みに私はといいますと
ムキエビ…グレ2匹
ボイル…グレ1匹
隠岐阿見スペシャルオキアミ…その他のグレ・イサキの全て

 といった感じでございました。

ビックリ


モンガラでした

都井釣果 軽く報告します


グレが40後半二枚混じりで700g~ジャスト二桁。グレはやはり…型が良かったので狙っちまいました(^_^;)クーラーは48QTです。
イサキはキロオーバー混じりで16枚と予想に反して食いまくりでした。

同礁したH部さんはグレは三枚 イサキは17枚だったかな?しかもイサキに関してはキロ500クラスも釣っており、アベレージもデカイ!!イサキに特化するか、中途半端にグレも狙っちまうか…。この辺の違いがイサキのサイズの差ですわ!流石はH部氏でございました!

その辺については後程簡潔に…。 詳しくは釣行記かな…!




小崎沖…


今日は楽に食います!
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

隠岐阿見

Author:隠岐阿見
釣りが大好きな43歳♂
宮崎県南の磯や波止をメインフィールドとして、大分や鹿児島方面にもちょくちょく出かける週末アングラーです。年間を通してグレやチヌ狙いのフカセ釣りメインです。灼熱下でも行きます!!チョイ投げのキス釣りや近場の夜釣りも大好きです。

釣ファンに連載執筆中。南のつりにも登場したりします。

主な愛用タックルはシマノ、釣研、オーナーばりetc.

♪所属クラブ♪
☆S.W.F.C大分(シマノワンダフルフィッシングクラブ大分支部)
☆夢限釣行FC
☆チームシーガー


宜しくお願い致します!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード